J.J.レートJ.J. Lehto1966年1月31日 - )は、フィンランドの元F1ドライバー。1988年イギリスF3チャンピオン。ル・マン24時間レースを2度制している。

J.J.レート
JJ Lehto (Petit Le Mans, 2004).jpg
基本情報
フルネーム ユルキ・ユハニ・ヤルヴィレヘト
国籍  フィンランド
出身地 同・エスポー
生年月日 (1966-01-31) 1966年1月31日(54歳)
F1での経歴
活動時期 1989 - 1994
所属チーム '89-'90オニクス
'91-'92スクーデリア・イタリア
'93,'94ザウバー
'94ベネトン
出走回数 62
タイトル -
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 10
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1989年ポルトガルGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1994年オーストラリアGP
テンプレートを表示

本名はユルキ・ユハニ・ヤルヴィレヘトJyrki Juhani Järvilehto )で、ヨーロッパ圏では発音が難しいものだったため、同郷のケケ・ロズベルグが「覚えやすいように」との理由で「JJ」を名乗るよう指示した[1]というエピソードがあるが、これは愛称でもある。

プロフィール編集

F1前編集

1972年、母国フィンランドで6歳のときにカートを始める。ミカ・ハッキネンミカ・サロらとはジュニアカート時代からのライバルだった。

1981年に2輪のモトクロスレースに出場し好成績だったことから、以後3年はモトクロスを中心に活動する。しかし、競技中の事故によりを負傷し、モトクロスの着地における衝撃吸収が困難となったため活動継続を断念する[2]。4輪転向を考え始めた当初はラリードライバーになることを考えていたが、ラリーデビュー直前でスポンサーが降りてしまい話が流れてしまった。

1985年に4輪レースに転向。フィンランドフォーミュラ・フォード(FF)1600にデビューしチャンピオン争いを展開するが、最終戦でクラッシュし王座は逃した。

1986年、EFDAヨーロッパFF1600、スカンジナビアFF1600、フィンランドFF1600の各選手権でチャンピオンを獲得。学業では大学数学課程を修了する。

1987年、イギリスFF2000にステップアップしパシフィック・レーシングに所属。11勝を挙げる圧倒的な速さでチャンピオンを獲得。ヨーロッパFF2000でも6勝を挙げチャンピオンに輝く。この年には大きな転機が訪れており、イギリスに渡って3レース目・レートが圧勝したシルバーストーン・サーキットでのFF2000レースを同胞の1982年F1ワールドチャンピオン、ケケ・ロズベルグが現地で見ていた[3]。ケケは「J.Jのことは前年から話に聞いていたが、初めて実際に見てとにかく凄い速さだった。光り輝く原石を見た衝撃だよ。話をしたら性格も良いし、若いフィンランド人ドライバーを育てるのは現役引退後の計画でもあったから面倒を見たいと思った」[3]と、レース活動のプロモーション一切を任せてほしいとマネージャーに名乗り出る。こうしてレートはケケが設立者であるスポーツプロモーション企業「ユーロ・プロモーション」のクライアントとなった。以後明確にプロのレーシングドライバーを目指すことになり、同年からマールボロのサポートを受ける契約ドライバーにもなった。

1988年イギリス・フォーミュラ3選手権にステップアップ。パシフィック・レーシングのレイナード・883-トヨタを駆り8勝、ポールポジション6回、ファステストラップ11回でシリーズを制圧しシリーズチャンピオンを獲得した。なお、ランキング3位にはデイモン・ヒル、以下4位マーティン・ドネリー、5位エディ・アーバインのほかローランド・ラッツェンバーガージル・ド・フェランなどのちのトップカテゴリードライバーとなる若手が多く参戦していた中でのチャンピオン獲得であった。

1989年にはパシフィック・レーシングから国際F3000選手権へとステップアップ、レイナード・89D-無限の25号車をドライブした。これまでのフォーミュラカーキャリアでは順調に結果を出しつづけていたが、このF3000参戦時は時折速さを見せるにとどまり最高位はポー市街地コースでの4位であった。しかし、師匠であるケケと、チームをスポンサードしていたマールボロのプッシュもあり、フェラーリのテストドライバーに抜擢される[4]フィオラノのテストコースでフェラーリ・640の熟成・開発と、新搭載されていたセミオートマチックトランスミッションの開発に携わった[2]

同年のポール・リカール・サーキットで行われたF1合同テストではマールボロが支援していたF1新興チーム、オニクスORE-1をテストする機会が訪れ、F3000でのチームメイトであるエディ・アーバインと共にテストに参加。先にフェラーリテストドライバーとしてF1マシンを経験していたレートは、初のF1ドライブだったアーバインより2秒近く速いラップタイムを記録した[5]。9月になるとオニクスのオーナーとの関係が悪化していたレギュラーのベルトラン・ガショーが解雇され、代わってレートのオニクス入りが急遽決定しF1デビューすることとなった。

F1編集

オニクス時代編集

1989年第13戦ポルトガルGPで、オニクスからF1に初めてエントリーしたが、このグランプリでは予備予選落ちを喫した。F1デビュー(初の決勝進出)は続くスペインGPで、このときはギアボックストラブルによりレース前半にリタイヤした。その後第15戦日本GPでは予備予選落ち、豪雨となった最終戦オーストラリアGPでは一時5位と上位を走行[6]したが、電気系トラブルが発生しリタイヤとなり、デビューイヤーの完走はならなかった。

開幕から参戦した翌1990年は、第2戦ブラジルGP終了後にオニクスがスイスの投資家グループに売却され、主要スタッフとベテランのステファン・ヨハンソンらがチームを追われ、新たにスイスドライバーのグレガー・フォイテク(父のカール・フォイテクが新出資者であった[7])が加入。レートは第3戦サンマリノGPで初完走(12位)したが、新オーナーのペーター・モンテベルディと出資者となったカール・フォイテクの意向からグレガー・フォイテクに肩入れする体制となり、トランスミッションをまともに組めるメカニックが存在しないというレーシングチームの体を成していないチーム状態だった[8]。後は5度の予選落ちと4度のリタイアという状況の中、第10戦ハンガリーGP後の8月15日に行われたモンツア合同テストでは、エンジニアとメカの人数不足からまともに走行する事が出来ず、危険を感じるようになったレートとロズベルグは、このテスト後モンテベルディ・オニクスに見切りをつけチームから離脱した[9]。フォイテク家も同様の理由でチームから抜け出しており、資金と両ドライバーを失ったチームは最終戦までグランプリを戦うことなく消滅した。なお、レートは同年のル・マン24時間耐久レースにリチャード・ロイドチームのポルシェ962を駆り初出場している[10]

スクーデリア・イタリア時代編集

1991年はスクーデリア・イタリアに移籍、初のフル参戦を果たした。この年チームに課された前半8戦の予備予選を全て通過、そのうち4回をトップで通過するなど安定した速さを見せた。第3戦サンマリノGPでは、マクラーレン以外の上位チームが総崩れとなる展開の中、予選16位から3位に入りキャリア唯一の表彰台に立った。同様に上位チームが多数リタイヤした第5戦カナダGPでも、一時4位を走行するが、このレースではリタイヤに終わっている。サバイバルレースで見せ場がなかったわけではなかったが、シーズンを通じてマシンの信頼性の低さに苦しみ、16戦中11回のリタイヤを喫している。

翌1992年も残留。信頼性が増し完走は増えたものの、反面速さ不足のマシンに苦しみ、平均予選順位は前年より下がっている。チームメイトのピエルルイジ・マルティニは2ポイントを獲得したが、レートは最高位7位とノーポイントに終わった。

ザウバー時代編集

1993年、スポーツカー世界選手権で活躍してきたザウバーのF1初参戦ドライバーに抜擢される(ベネトンとの契約が残っていたため移籍を断念したミハエル・シューマッハの実質上の代役)。開幕前のテストでは、四強の一角だったフェラーリベネトンを上回るタイムを叩き出すなど、好調さをアピールしていた。迎えた開幕戦南アフリカGPでも予選6位を得ると、決勝レースでも5位入賞。この結果によりF1では新参チームであったザウバーは参戦1戦目にしてポイント獲得という快挙を成し遂げる。また第4戦サンマリノGPでも、4位に入賞している。 しかし、この年のマシン「C12」は高い競争力を持っていたが信頼性に欠けており、チームメイトのカール・ヴェンドリンガー共々、予選で上位に付けるものの、決勝ではリタイヤとなる戦いが続いた。最終的にはヴェンドリンガーと同数の、シーズン半数を超える9度のリタイヤを喫している(入賞回数および獲得ポイントはヴェンドリンガーに敗れたものの予選順位は互角であった)。また、モナコGPで同士討ちをして以降、元々ゲルマン系のスタッフが大半だったチームはオーストリア人のヴェンドリンガーを優遇するようになり、居心地の悪さを感じたレートは移籍を決意した。

ベネトン時代編集

1994年は、ミケーレ・アルボレートとのシート争いに勝ちベネトンのセカンド・ドライバーに抜擢されたが、2月にシルバーストーンテストにおいて大クラッシュを喫し頚骨を骨折した。腰部の骨の一部を頚部に移植するという大掛かりな手術を受け、開幕直前にテストに復帰する驚異の回復振りを見せたものの、結果としては縦方向の振動に対して首が痛むことが分かり、開幕2戦を欠場した。復帰初戦となった第3戦サンマリノGPでは、いきなり予選5位のタイムを出したものの、スタート時にエンストし、ペドロ・ラミーに追突され0周でリタイヤ。この際に壊れたマシンの破片が観客席まで飛び、観客が負傷するという事態も発生した。次戦モナコGPの予選ではチームメイトのミハエル・シューマッハに4秒差をつけられるなど精彩を欠いた。第5戦スペインではフリー走行でトップ、予選も4位につけるなど復調の兆しを見せたが決勝は3位走行中にエンジンブロー。第6戦カナダGPでは予選20位から前走者クリスチャン・フィッティパルディの失格により6位に入賞するも、結局このレースをもって、レートの代役として開幕2戦に出場したヨス・フェルスタッペンに正規シートを奪われる結果となった。その後、シューマッハが出場停止となった第12戦イタリアGP・第13戦ポルトガルGPに再びベネトンから代走するも、それぞれ9位・リタイヤと目立った成績は残せなかった。また終盤日本・オーストラリアの2戦はアンドレア・デ・チェザリスの後任として前年所属していたザウバーから出走したが(ベネトンから許可を得てザウバーがレンタル契約をした)[11]、それぞれリタイヤと10位に終わり、この年をもってF1でのキャリアを終えた。この結果には「怪我をしっかりと治さぬまま、無理にレース復帰した影響があったのでは」との指摘もある。

F1後編集

F1を離れた1995年 - 1996年は、ロズベルグがチームを組織して参戦していたDTMITCオペル・カリブラを駆って参戦。特に1996年は地元ヘルシンキをはじめ多くのレースで表彰台を獲得し、優勝こそ無かったものの着実に入賞を重ね総合ランキングで5位につける。翌1997年にはFIA-GT選手権に活動の場を移しシュニッツァーマクラーレンから参戦、スティーブ・ソパーとのペアで4勝を挙げシリーズ2位となる。1998年には再びフォーミュラカーでのレースを望み、CARTワールドシリーズにホーガン・レーシングからフル参戦したが、入賞は5回に留まる(最高位は5位)。この年がフォーミュラカーでの最後の年となり、その後はスポーツカーレースに活動の場を移す。 1995年2005年にはル・マン24時間耐久レースで優勝している。またALMSなどでは、F1参戦時代から親交のあったステファン・ヨハンソンジョニー・ハーバートとコンビを組んで参戦した。

2010年6月18日、フィンランド南部のタンミサーリにおいてボートを操縦中橋脚に衝突、自身は頭部を負傷し同乗していた友人が死亡する事故に逢う。当初は事故原因不明とされていたが、ボートは運河の制限速度である5ノット(9.3km/h)を大幅に超える約40ノット(約74km/h)で橋脚に衝突しており、病院で行われた血中アルコールテストにレートが引っ掛かったこと、さらに周囲の証言から事故にあったボートがレートの所有物であったこと、そしてレート自身が「事故の記憶がない」と話していたことから飲酒状態でボートを操縦していたのではないかという疑惑がかけられることとなり警察も捜査を開始した。本人は飲酒の事実を否定していたが、フィンランドの裁判所は数々の証拠から彼の飲酒運転を認め、2011年12月14日に懲役2年4ヶ月の判決を下した。この判決に対しレート側は控訴、11月30日にフィンランドのトゥルクで控訴裁判が行われ、ボートが橋脚に衝突した際の操縦者がレートであった確証はないとの判決が下され実刑を解かれた。

レース戦績編集

フォーミュラ編集

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1988年 パシフィック・レーシング トヨタ A THR
1
SIL
1
THR
Ret
BRH
24
DON
2
SIL
1
BRH
1
THR
Ret
SIL
1
DON
1
SIL
3
SNE
3
OUL
2
SIL
1
BRH
Ret
SPA
1
THR
2
SIL
3
1位 164

国際F3000選手権編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1989年 パシフィック・レーシング レイナード 無限 SIL
DSQ
VAL
Ret
PAU
4
JER
6
PER
Ret
BRH
Ret
BIR
Ret
SPA
5
BUG
Ret
DIJ 14位 6

(key)

フォーミュラ1編集

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1989年 オニクス ORE1 BRA SMR MON MEX USA CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR
DNPQ
ESP
Ret
JPN
DNPQ
AUS
Ret
NC 0
1990年 USA
DNQ
BRA
DNQ
NC 0
ORE2 SMR
12
MON
Ret
CAN
Ret
MEX
Ret
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
NC
HUN
DNQ
BEL ITA POR ESP JPN AUS
1991年 スクーデリア・イタリア ダラーラ BMS-191 USA
Ret
BRA
Ret
SMR
3
MON
11
CAN
Ret
MEX
Ret
FRA
Ret
GBR
13
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
8
JPN
Ret
AUS
12
12位 4
1992年 ダラーラ BMS-192 RSA
Ret
MEX
8
BRA
8
ESP
Ret
SMR
11
MON
9
CAN
9
FRA
9
GBR
13
GER
10
HUN
DNQ
BEL
7
ITA
11
POR
Ret
JPN
9
AUS
Ret
NC 0
1993年 ザウバー C12 RSA
5
BRA
Ret
EUR
Ret
SMR
4
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
7
FRA
Ret
GBR
8
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
9
ITA
Ret
POR
7
JPN
8
AUS
Ret
13位 5
1994年 ベネトン B194 BRA PAC SMR
Ret
MON
7
ESP
Ret
CAN
6
FRA GBR GER HUN BEL ITA
9
POR
Ret
EUR 24位 1
ザウバー C13 JPN
Ret
AUS
10

(key)

CART編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
1998年 ホーガン・レーシング レイナード・98i メルセデス MIA
14
MOT
Ret
LBH
Ret
NZR
16
RIO
10
STL
9
MIL
Ret
DET
Ret
POR
Ret
CLE
Ret
TOR
Ret
MIS
Ret
MDO
15
ROA
Ret
VAN
8
LS
Ret
HOU
10
SRF
5
FON
Ret
20位 25

(key)

スポーツカー編集

アメリカン・ル・マン・シリーズ編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1999年 BMWモータースポーツ BMW・V12 LMR LMP SEB
1
ATL MOS SNM
1
POR
2
PET
3
LGA
1
LSV
1
4位 123
2000年 LMP SEB
3
CHA
1
SIL
1
NÜR
2
SNM
3
MOS
2
TEX
4
ROS
3
PET
5
LGA
3
LSV
9
ADE 6位 220
2001年 BMW・M3 GT TEX
5
2位 186
BMW・M3 GTR SEB
3
DON
Ret
JAR
2
SNM
1
POR
3
MOS
1
MDO
1
LGA
1
PET
4
2002年 チーム・キャデラック キャデラック・ノーススター・LMP02 LMP900 SEB
9
SNM MDO ROA WAS TRO MOS
3
LGA
3
MIA
2
PET
3
13位 101
2003年 ADT チャンピオン・レーシング アウディ・R8 LMP900 SEB
2
ATL
1
SNM
2
TRO
2
MOS
4
ROA
1
LGA
3
MIA
1
PET
1
3位 163
2004年 LMP1 SEB
2
MDO
1
LIM
1
SNM
1
POR
2
MOS
1
ROA
1
PET
1
LGA
2
1位 164
2005年 LMP1 SEB
1
ATL
1
MDO
5
LIM
1
SNM
3
POR
5
ROA
3
MOS
2
PET
3
LGA
4
3位 148

ル・マン24時間レース編集

セブリング12時間レース編集

グランドツーリングカー編集

BPR GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1995年 トヨタ チーム トムス トヨタ・スープラ LM-GT GT1 JER PRI MNZ JAR NÜR DON PAR AND SUZ SIL NOG ZHU
Ret
NC 0
1996年 ガルフ・レーシング GTC マクラーレン・F1-GTR GT1 PRI MNZ JAR SIL NÜR AND SUZ
1
BRA SPA NOG ZHU
3
32位 14

FIA GT選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1997年 BMWモータースポーツ マクラーレン・F1-GTR GT1 HOC
1
SIL
3
HEL
1
NÜR
3
SPA
1
A1R
3
SUZ
4
DON
3
MUG
1
SEB
16
LAG
Ret
2位 59

ツーリングカー編集

ドイツツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1995年 オペル・チーム・ヨースト オペル・カリブラ V6 4x4 HOC1
8
HOC2
4
AVU1
10
AVU2
20
NOR1
7
NOR2
Ret
DIE1
15
DIE2
8
NÜR1
Ret
NÜR2
Ret
SIN1
Ret
SIN2
8
HOC1
6
HOC2
6
13位 36

(key)

国際ツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1995年 オペル・チーム・ヨースト オペル・カリブラ V6 4x4 MUG
1

11
MUG
2

8
HEL
1

3
HEL
2

Ret
DON
1

11
DON
2

11
EST
1

11
EST
2

11
MAG
1

8
MAG
2

5
11位 26
1996年 HOC
1

15
HOC
2

Ret
NÜR
1

5
NÜR
2

2
EST
1

6
EST
2

DNS
HEL
1

5
HEL
2

3
NOR
1

4
NOR
2

3
DIE
1

7
DIE
2

Ret
SIL
1

5
SIL
2

2
NÜR
1

7
NÜR
2

5
MAG
1

5
MAG
2

3
MUG
1

9
MUG
2

15
HOC
1

5
HOC
2

8
SAO
1

6
SAO
2

9
SUZ
1

Ret
SUZ
2

8
5位 148

(key)

脚注編集

  1. ^ 発音の難しい本名をJ.Jと短くさせプロへの道へと進ませてくれたのもケケだった。 F1グランプリ特集 vol.042 1992年12月号 95頁、ファインダー越しの情景(21)可能性を秘めた雪解けを待つ北欧の少年 ソニーマガジンズ
  2. ^ a b 新世代ドライバーインタビュー J.J.レート 自分にできる事は天命を待つだけ F1速報 第5巻第3号 1994テスト情報号 52-53頁 ニューズ出版
  3. ^ a b 暗躍する成功請負人・パーソナルマネージャーの「嘘」と「実」/ケケ・ロズベルグインタビュー F1グランプリ特集 1993年7月号 63頁 ソニーマガジンズ
  4. ^ JJレートがフェラーリをテスト F1GPX 1989年第6戦カナダGP号 29頁 山海堂
  5. ^ F1GPX シーズンオフ号 31頁 1990年2月24日発行 山海堂
  6. ^ F1GPX 1989年第16戦オーストラリアGP号 6-7頁 山海堂
  7. ^ オニックスはスイスグループが買収へ F1GPX 1989年第2戦ブラジルGP号 30頁 山海堂
  8. ^ オート・テクニック 1990年6月号 山海堂
  9. ^ モンテベルディ F1から撤退 F1GPX 1989年第11戦ベルギーGP号 30頁 山海堂
  10. ^ JJレート ルマン24時間に出場 F1GPX 1989年第5戦カナダGP号 30頁 山海堂
  11. ^ 鈴鹿へ急遽飛んだレート、ザウバーに復帰 AS+F '94年第15戦日本GP号 67頁 三栄書房 1994年11月24日発行

関連項目編集

タイトル
先代:
ヤニック・ダルマス
ハーレイ・ヘイウッド
マウロ・バルディ
ル・マン24時間優勝者
1995 with:
ヤニック・ダルマス
関谷正徳
次代:
マヌエル・ロイター
デイビー・ジョーンズ
アレクサンダー・ヴルツ
先代:
トム・クリステンセン
荒聖治
リナルド・カペッロ
ル・マン24時間優勝者
2005 with:
トム・クリステンセン
マルコ・ヴェルナー
次代:
フランク・ビエラ
エマニュエル・ピロ
マルコ・ヴェルナー