J.P.アレンシビア

ジョナサン・ポール・アレンシビアJonathan Paul Arencibia, 1986年1月5日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身の元プロ野球選手捕手一塁手)。右投右打。

J.P.アレンシビア
J.P. Arencibia
J.P. Arencibia.jpg
ブルージェイズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1986-01-05) 1986年1月5日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2007年 MLBドラフト1巡目(全体21位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2010年8月7日
最終出場 2015年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

目次

経歴編集

プロ入り前編集

フロリダ州マイアミキューバ移民3世として生まれる[1]。かつてアレックス・ロドリゲスを輩出したウェストミンスター・クリスチャン高等学校英語版では、ロドリゲスに並ぶ同校史上最多の通算17本塁打を記録したほか、バスケットボールアメリカンフットボールでも活躍。2004年MLBドラフト14巡目(全体513位)でシアトル・マリナーズから指名を受けたが、入団せずにテネシー大学へ進学した[2]

プロ入りとブルージェイズ時代編集

2007年MLBドラフト1巡目(全体21位)でトロント・ブルージェイズから指名され、132万7000ドルの契約金で入団。1年目は傘下のA-級オーバーン・ダブルデイズで63試合に出場した[3]

2008年はA+級ダニーデン・ブルージェイズからスタートし、シーズン途中にAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツへ昇格。2つのクラスで計126試合に出場し、マット・ウィータースと並んでマイナーの捕手最多の27本塁打を放った[4]。シーズン後に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングでは、アレンシビアはブルージェイズ傘下でトラビス・スナイダーに次ぐ評価を受け、MLB全体でも43位の評価を受けた[5]

2009年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎えたが、ここでアレンシビアは野球人生初の挫折を経験。重度の乱視に悩まされ、21本塁打・75打点とパワーの面では一定の数字を残しつつも、打率出塁率はそれぞれ.236、.284と大きく低迷した。シーズン終了後に乱視矯正のためのレーシック手術を受けた[6]

2010年。5月末までは8本塁打だったが、6月、7月と2ヶ月連続で二桁本塁打を放つなど95試合で打率.303・31本塁打・79打点と活躍。8月5日ジョン・バックの故障者リスト入りに伴い、メジャーに昇格した[7]8月7日タンパベイ・レイズ戦でメジャー初出場。ジェームズ・シールズからメジャー初打席初本塁打を放つなど、5打数4安打2本塁打の鮮烈デビューを飾った。デビュー戦での2本塁打は史上5人目。また、デビュー戦で2本塁打と4安打以上を同時にマークした1900年以降で初の選手となった[8][9]

2011年には正捕手として定着。23本塁打を放ち捕手としてのチーム本塁打記録を更新しメジャーの舞台でもそのパワーを見せ付けた。反面、打率は.219、出塁率も.282と低水準に終わった。守備面でも、両リーグワーストのパスボール数を記録するなど課題が残るシーズンとなった。

2012年は死球による骨折があって102試合の出場に終わったが、18本塁打を放って長打力を発揮した。一方、低打率、低出塁率は相変わらずで、OPSは前年をやや下回った。盗塁阻止率は前年の24%から29%にアップし、DRSも前年の-5から+3に転じるなど、守備では成長を見せた。オフにはR・A・ディッキーとの交換要員として名前が浮上したが、最終的に若手捕手のトラビス・ダーノーがメッツに移籍することになり、アレンシビアは当面の間ブルージェイズの正捕手を務めることが確実になった[10]

2013年2月27日第3回WBCアメリカ合衆国代表に選出された[11]
レギュラーシーズンでは、自己記録を更新する138試合に出場。2年ぶりに20本塁打をクリアしたが、100試合以上に出場したシーズンとしては初の打率.100台と低迷した。また、前年より36試合も出場試合数が増えたにもかかわらず、四球は前年と同じ18に留まり、打率の低さも相まって出塁率は.227という低さだった。守備面では、防御点こそ正数だったが、リーグ最多の13パスボールを喫した。12月2日にノンテンダーFAとなった。

レンジャーズ時代編集

2013年12月5日テキサス・レンジャーズと1年180万から200万ドルで契約に合意したことを報道され[12]12月10日に球団が正式発表した。金額は明らかにされていない[13]

2014年は正捕手の座をロビンソン・チリノスに奪われ、開幕後は2番手捕手として20試合に出場したが、打率.133と落ち込み、5月20日に傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ降格した[14]5月21日40人枠から外れた。7月17日カルロス・ペーニャDFAとなったのに伴い、再びレンジャーズとメジャー契約を結んだ[15]。昇格後は、一塁手を務めていた。また、7月29日ニューヨーク・ヤンキース戦では投手として登板して1回を無失点に抑えた[16]。オフの10月6日にAAA級ラウンドロックへ降格した[17]。9日にFAとなった[18]

レイズ時代編集

2015年1月8日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結ぶが、4月9日に自由契約となった[19]。17日にレイズとマイナー契約を結び[20]、傘下のAAA級ダーラム・ブルズでプレー。8月26日にメジャー契約を結び、25人枠入りした[21]。その後は捕手としてプレーし、24試合に出場した。バッティング面では、基本的にメジャーで打率が.240を超えていなかったが、2015年は.310という高率を記録。パワー面でも、僅か22安打で6本のホームランを放ち、改めて圧倒的なパワーをアピールした。打率は高かった一方、フリースインガーぶりは変わらず、24試合で選んだ四球は1つだけだった。捕手としての守備は、23試合で守りに就き守備率.994・DRS - 3という成績を残した。また、盗塁阻止率33%は、メジャーデビュー年以来の高い値だった。11月20日にDFAとなり[22]、23日に自由契約となった[23]

フィリーズ傘下時代編集

2015年12月14日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[24]

2016年は開幕から傘下のAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーし、12試合に出場して打率.167・1本塁打・2打点の成績を残した。5月16日に自由契約となった[23]

レイズ傘下時代編集

2016年5月20日にレイズとマイナー契約を結び、AAA級ダーラムへ配属された[25]。AAA級ダーラムでは78試合に出場して打率.252・15本塁打・47打点・1盗塁の成績を残した。また、この年所属したマイナー2球団合計では90試合に出場して打率.241・16本塁打・49打点・1盗塁の成績を残した。

オフの11月7日FAとなった[23]が、2017年1月18日に引退を表明した[26][27]

プレースタイル編集

長打力が武器の攻撃型捕手だが、積極的に打っていく典型的なフリースインガーであるため、出塁率は高くない[28]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2010 TOR 11 37 35 3 5 1 0 2 12 4 0 0 0 0 2 0 0 11 0 .143 .189 .343 .532
2011 129 486 443 47 97 20 4 23 194 78 1 1 0 3 36 3 4 133 6 .219 .282 .438 .720
2012 102 372 347 45 81 16 0 18 151 56 1 0 1 3 18 1 3 108 4 .233 .275 .435 .710
2013 138 497 474 45 92 18 0 21 173 55 0 2 0 2 18 0 3 148 8 .194 .227 .365 .592
2014 TEX 63 222 203 20 36 9 0 10 75 35 0 0 0 2 10 0 7 62 6 .177 .239 .369 .608
2015 TB 24 73 71 9 22 3 0 6 43 17 0 0 0 1 1 0 0 22 1 .310 .315 .606 .921
通算:6年 467 1687 1573 169 333 67 4 80 648 245 2 3 1 11 85 4 17 484 25 .212 .258 .412 .670

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 TEX 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00

背番号編集

  • 9(2010年 - 2013年)
  • 7(2014年)
  • 40(2015年)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Tim Brown (2011年3月8日). “Arencibia’s climb was mom-approved” (英語). Yahoo! Sports. 2015年12月15日閲覧。
  2. ^ J.P. Arencibia Bio” (英語). University of Tennessee Official Athletic Site. CBS Interactive. 2015年12月15日閲覧。
  3. ^ J.P. Arencibia Batting Statistics” (英語). The Baseball Cube. 2015年12月15日閲覧。
  4. ^ 城ノ井道人「本誌激選 2009注目のマイナーリーガー100人」、『月刊スラッガー』2009年8月号、日本スポーツ企画出版社2009年、 41頁、 雑誌15509-8。
  5. ^ Prospects: Rankings: Top 100 Prospects: No. 41-60” (英語). BaseballAmerica.com (2009年2月24日). 2015年11月24日閲覧。
  6. ^ John Lott (2010年7月15日). “Jays prospect Arencibia seeing clearly now” (英語). Montreal Gazette. 2010年8月7日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Jordan Bastian (2010年8月6日). “Arencibia thrilled to make Blue Jays debut” (英語). MLB.com. 2015年11月24日閲覧。
  8. ^ Jordan Bastian (2010年8月7日). “Arencibia homers twice in historic debut” (英語). MLB.com. 2015年12月15日閲覧。
  9. ^ Rapid Reaction: Blue Jays bomb Rays” (英語). ESPN (2010年8月7日). 2015年11月24日閲覧。
  10. ^ Shi Davidi. “Davidi on Jays: Arencibia proven and capable”. sportsnet. Rogers Communications date=2012-12-19. 2013年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月24日閲覧。
  11. ^ Team USA final roster for WBC announced”. USABaseball.com (2013年2月22日). 2015年3月27日閲覧。
  12. ^ Rangers To Sign J.P. Arencibia” (英語). MLB Trade Rumors (2013年12月10日). 2015年11月24日閲覧。
  13. ^ “Rangers sign free agent C J.P. Arencibia to one-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2013年12月10日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/64550902 2015年11月24日閲覧。 
  14. ^ “Rangers Purchase Contract of C Chris Gimenez; Option C J.P. Arencibia” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年5月20日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/76124788 2015年11月24日閲覧。 
  15. ^ “Texas Rangers make roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年7月17日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/85021980 2015年11月24日閲覧。 
  16. ^ Rangers show fight until last out in loss to Yanks”. MLB.com (2014年7月29日). 2017年4月21日閲覧。
  17. ^ Igor Mello (2014年10月6日). “Rangers send J.P. Arencibia, Guilder Rodriguez outright to Triple-A” (英語). CBS Sports FANTASY. CBS INTERACTIVE. 2015年11月24日閲覧。
  18. ^ David Cash (2014年10月8日). “Kevin Kouzmanoff and J.P. Arencibia opt for free-agency” (英語). FANSIDED. 2015年11月24日閲覧。
  19. ^ Michael Hurcomb (2015年4月10日). “Orioles release catcher J.P. Arencibia from minor-league deal” (英語). CBS Sports FANTASY. CBS INTERACTIVE. 2015年8月28日閲覧。
  20. ^ Igor Mello (2015年4月16日). “Report: J.P. Arencibia signs minor-league deal with Rays” (英語). CBS Sports FANTASY. CBS INTERACTIVE. 2015年8月28日閲覧。
  21. ^ Jason Lempert (2015年8月26日). “Rays C Curt Casali placed on 15-day DL; J.P. Arencibia recalled” (英語). CBS Sports FANTASY. CBS INTERACTIVE. 2015年8月28日閲覧。
  22. ^ Ian Malinowski (2015年11月20日). “Rays DFA Daniel Nava, J.P. Arencibia, Brandon Gomes, and Kirby Yates” (英語). DRaysBay/SB Nation. Vox Media, Inc. 2015年11月24日閲覧。
  23. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年4月21日閲覧。
  24. ^ Todd Zolecki (2015年12月14日). “Phils sign Frieri, 4 others to Minor League deals” (英語). MLB.com. 2015年12月15日閲覧。
  25. ^ Topkin, Marc (2016年5月20日). “UPDATE: Rays sign catcher J.P. Arencibia to minor-league deal”. tampabay.com. 2017年4月21日閲覧。
  26. ^ JP Arencibia on Twitter”. Twitter. 2017年4月21日閲覧。
  27. ^ Todd, Jeff (2017年1月18日). “J.P. Arencibia Announces Retirement”. mlbtraderumors.com. 2017年4月21日閲覧。
  28. ^ Brad Johnson (2010年7月15日). “See you soon: J.P. Arencibia” (英語). The Hardball Times. 2010年8月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集