JABA四国大会(JABAしこくたいかい)は、日本野球連盟の四国地区連盟が主催する社会人野球の大会である。社会人野球日本選手権大会選考対象大会の1つである。

概要編集

シーズン序盤に全国で行われる地区連盟主催大会の1つであり、西日本のチームを中心に16チームが優勝を争う。

2007年から社会人野球日本選手権大会の選考大会の1つとなり、優勝チームは同大会への出場が決まる。かつてはトーナメントで優勝を争っていたが、2010年から日本選手権対象大会の試合形式統一方針を受け、予選リーグと決勝トーナメント併用となった。

開催球場は、四国各県の持ち回りとなっている[1]

2015年の第44回大会では、独立リーグである四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズが初めて参加した[2]、結果は予選リーグ3敗で勝ち星は挙げられなかった[3]2016年の第45回大会は、徳島インディゴソックスが参加しリーグ所属球団として初めて試合で勝利した[4]。2017年の第46回大会は愛媛マンダリンパイレーツが参加した(予選リーグ3敗)[5]。2018年の第47回大会は高知ファイティングドッグスが出場し、リーグのチームとしては2年ぶりに試合で勝利を挙げる(1勝2敗)[6]。これにより、リーグ全球団の出場が一巡した。

今後もリーグ所属の各球団のうち、その年の開催県のチームが交代で参加する予定となっている。なお、四国アイランドリーグの球団が優勝した場合は、準優勝チームが所属する地区の最終予選枠が1つ増枠となる。

歴代優勝チーム編集

年度 開催地 優勝チーム 決勝戦 準優勝チーム 備考
1971年(第1回) 香川県 丸善石油 4-1 四国電力
1972年(第2回) 愛媛県 鷺宮製作所 3-1 電電東海
1973年(第3回) 高知県 電電四国 2-0 四国銀行
1974年(第4回) 愛媛県 丸善石油 9-2 新日本製鐵堺
1975年(第5回) 愛媛県 国鉄四国 2-1 新日本製鐵堺
1976年(第6回) 愛媛県 新日本製鐵名古屋 5-0 熊谷組
1977年(第7回) 徳島県 丸善石油 2-1 新日本製鐵名古屋
1978年(第8回) 高知県 日本生命 5-0 川崎製鉄神戸
1979年(第9回) 愛媛県 四国銀行 8-1 丸善石油
1980年(第10回) 徳島県 プリンスホテル 6-0 丸善石油
1981年(第11回) 高知県 日本通運 1-0 日本生命
1982年(第12回) 愛媛県 日本通運 7-0 神戸製鋼
1983年(第13回) 香川県 日本通運 1-0 電電四国
1984年(第14回) 徳島県 日本通運 11-7 電電四国
1985年(第15回) 高知県 新日本製鐵広畑 2-1 日本通運
1986年(第16回) 愛媛県 大阪ガス 6-5 日本通運
1987年(第17回) 徳島県 日本通運 7-6 大阪ガス
1988年(第18回) 香川県 日本通運 7-4 トヨタ自動車
1989年(第19回) 愛媛県 東芝 10-6 NTT東北
1990年(第20回) 高知県 大阪ガス 2-1 NTT四国
1991年(第21回) 徳島県 大阪ガス 9-4 NTT四国
1992年(第22回) 愛媛県 日産自動車九州 7-4 NTT関西
1993年(第23回) 高知県 日本生命 17-3 トヨタ自動車
1994年(第24回) 香川県 日本生命 8-3 大和銀行
1995年(第25回) 愛媛県 NTT九州 14-9 NTT四国
1996年(第26回) 高知県 四国銀行 11-1 NTT四国
1997年(第27回) 徳島県 松下電器 9-6 大阪ガス
1998年(第28回) 香川県 NTT東京 10-4 NTT関西
1999年(第29回) 高知県 NTT四国 7-6 日産自動車九州
2000年(第30回) 愛媛県 西濃運輸 9-6 大阪ガス
2001年(第31回) 愛媛県 松下電器 10-5 日本通運
2002年(第32回) 香川県 西濃運輸 4-1 東京ガス
2003年(第33回) 愛媛県 NTT西日本 8-4 ミキハウス
2004年(第34回) 香川県 日本通運 5-0 JR九州
2005年(第35回) 高知県 NTT西日本 1-0 JR九州
2006年(第36回) 徳島県 JR東日本東北 6-5 大阪ガス
2007年(第37回) 愛媛県 JR九州 7-4 東海理化 同年から優勝チームに日本選手権への出場権が与えられる。
2008年(第38回) 香川県 住友金属鹿島 1-0 新日本石油ENEOS
2009年(第39回) 高知県 パナソニック 2-1 NTT西日本
2010年(第40回 愛媛県 JR九州 6-1 三菱重工長崎
2011年 大会中止 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響のため中止となった[7]
2012年(第41回 徳島県 JX-ENEOS 2-1 NTT西日本
2013年(第42回 愛媛県 JR東日本 3-1 NTT西日本
2014年(第43回 高知県 東邦ガス 7-1 日本生命
2015年(第44回 香川県 新日鐵住金かずさマジック 7-0 セガサミー 8回コールド
2016年(第45回 徳島県 東京ガス 3-0 JX-ENEOS
2017年(第46回 愛媛県 日本新薬 2x-1 伯和ビクトリーズ 延長11回タイブレーク
2018年(第47回 高知県 Honda 7-2 トヨタ自動車
2019年(第48回 香川県 東芝 4-2 Honda鈴鹿
2020年(第49回) 大会中止 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止[8]
2021年(第49回 徳島県 東芝 6-1 NTT西日本

脚注編集

  1. ^ 予選リーグと決勝トーナメント併用での大会運営となった2010年以降、香川県ではナイター照明がある球場が1ヶ所しかなかったため大会が行われなかったが、2015年丸亀市民球場がオープンしたため再び大会が実施されるようになった。
  2. ^ 香川OG出場 第44回JABA四国大会組み合わせについて - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年3月25日)
  3. ^ アークバリアと香川OG3連敗/社会人野球四国大会 - 四国新聞(2015年4月8日)2015年4月13日閲覧
  4. ^ 第45回JABA四国大会 組合せ (PDF) - 日本野球連盟
  5. ^ 第46回JABA四国大会 組合せ (PDF) - 日本野球連盟
  6. ^ 第47回JABA四国大会組合せ (PDF) - 日本野球連盟
  7. ^ 8月に開催する予定だった同年の都市対抗野球が秋に延期となったため、日本選手権の開催も見送りとなった。
  8. ^ “新型コロナ JABA四国大会中止決定 クラブ選手権予選も /香川”. 毎日新聞. (2020年4月3日). https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20200403/ddl/k37/050/334000c 2020年6月7日閲覧。 

文献編集

関連項目編集