JABA広島大会(JABAひろしまたいかい)は、日本野球連盟の中国地区連盟が主催する社会人野球の大会である。広島県広島市で行われている。

概要編集

中国地区を中心に12チームが3チームごと4グループに分かれリーグ戦を行ない、各グループの1位が決勝戦をトーナメント形式で争い、優勝を決めている。

長らく5月中旬に開催されてきたが、2013年は各種大会の日程との兼ね合いから8月に開催された。

2009年までは旧広島市民球場で開催されていたが、同球場が閉鎖されたため2010年からは予選リーグを広島県総合グランド野球場(コカ・コーラウエスト野球場)、決勝トーナメントをMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で行うことになった(2011年は予選リーグのうち、広島東洋カープファームが登場する試合のみMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で行った)。

2002年に、プロ野球チームとして広島東洋カープ二軍チームが初めて日本野球連盟の公認大会に出場した(1回戦で三菱三原硬式野球クラブに2-3で敗れた)。その後、毎年カープファームの参加がこの大会の名物となっている。

歴代優勝チーム等編集

参加チーム数 優勝チーム 準優勝チーム
1 1962 8 東洋高圧彦島 丸善石油
2 1963 8 電電中国 東洋工業
3 1964 8 日本鋼管 日本コロムビア
4 1965 8 日本コロムビア 電電中国
5 1966 8 日本コロムビア 電電東京
6 1967 8 日本コロムビア 日本鋼管
7 1968 8 いすゞ自動車 三菱重工三原
8 1969 8 いすゞ自動車 電電東京
9 1970 10 大会打ち切り[1]
10 1971 13 日本鉱業日立 東洋紡
11 1972 13 電電中国 日産自動車
12 1973 13 三菱重工広島 東芝
13 1974 18 電電東京 新日本製鐵八幡
14 1975 18 三菱重工広島 三菱重工三原
15 1976 18 新日本製鐵八幡 三菱重工広島
16 1977 18 日本鋼管福山 三菱重工広島
17 1978 18 三菱重工広島 三菱重工三原
18 1979 18 日本鋼管福山 河合楽器
19 1980 18 住友金属 いすゞ自動車
20 1981 18 日本鋼管福山 日本楽器
21 1982 18 日本鋼管福山 新日本製鐵名古屋
22 1983 18 日本鋼管福山 電電中国
23 1984 18 三菱重工広島 日本鋼管福山
24 1985 18 三菱重工広島 三菱重工三原
25 1986 18 三菱重工広島 四国銀行
26 1987 17 日本鋼管福山 電電中国
27 1988 16 三菱重工広島 第一紙行
28 1989 17 新日本製鐵名古屋 JR西日本
29 1990 17 三菱重工三原 三菱自動車水島
30 1991 18 JR九州 ジリオン
31 1992 16 NKK 三菱重工広島
32 1993 16 NTT中国 新日鉄名古屋
33 1994 18 三菱重工三原 プリンスホテル
34 1995 16 三菱重工広島 JR東海
35 1996 16 三菱重工広島 JR東海
36 1997 16 JR東海 JR西日本
37 1998 16 デュプロ NTT中国
38 1999 16 三菱重工三原 デュプロ
39 2000 16 ヤマハ NKK
40 2001 17 日本IBM野洲 三菱重工広島
41 2002 12 日本生命 三菱重工三原
42 2003 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱重工広島
43 2004 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱自動車水島
44 2005 12 デュプロ JFE西日本
45 2006 12 伯和ビクトリーズ デュプロ
46 2007 12 伯和ビクトリーズ 三菱重工広島
47 2008 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱重工広島
48 2009 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱重工広島
49 2010 12 広島東洋カープ(ファーム) ワイテック
50 2011 12 伯和ビクトリーズ ワイテック
51 2012 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱重工広島
52 2013 12 広島東洋カープ(ファーム) 三菱重工広島
53 2014 12 広島東洋カープ(ファーム) JFE西日本
54 2015 12 伯和ビクトリーズ JR西日本
55 2016 12 広島東洋カープ(ファーム) 伯和ビクトリーズ
56 2017 12 広島東洋カープ(ファーム) JFE西日本
57 2018 12 JR西日本 広島東洋カープ(ファーム)
58 2019 12 大会打ち切り[1]
56 2020 10 JR西日本 JFE西日本

NPBチームの戦績編集

広島東洋カープ (ファーム)
  • 2002年 - 1回戦敗退
  • 2003年 - 優勝
  • 2004年 - 優勝
  • 2005年 - 4強
  • 2006年 - 予選リーグ敗退
  • 2007年 - 予選リーグ敗退
  • 2008年 - 優勝(鞘師智也が最高殊勲選手賞を受賞)
  • 2009年 - 優勝(鞘師智也が最高殊勲選手賞を受賞)
  • 2010年 - 優勝(丸佳浩が最優秀選手賞を受賞)
  • 2011年 - 予選リーグ1位[2]
  • 2012年 - 優勝(中村真崇が最高殊勲選手賞を受賞)
  • 2013年 - 優勝(ガルシアが最優秀選手賞を受賞)
  • 2014年 - 優勝
  • 2015年 - 予選リーグ敗退
  • 2016年 - 優勝(メヒアが最高殊勲選手賞を受賞)
  • 2017年 - 優勝(高橋大樹が最高殊勲選手賞を受賞)
  • 2018年 - 準優勝(メヒアが敢闘賞を受賞)
  • 2019年 - 予選リーグ敗退
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染防止のため不参加

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 悪天候のため準決勝以降打ち切りとなった。
  2. ^ 決勝トーナメントが雨天順延になり、決勝トーナメントとウェスタンリーグ公式戦の日程が重複したため、決勝トーナメント出場を辞退した。

関連項目編集