JACK大宮

日本の埼玉県さいたま市の複合施設

JACK大宮(ジャックおおみや)は、埼玉県さいたま市大宮区錦町にある複合ビル。正式名称は大宮情報文化センター

JACK大宮
大宮情報文化センター
JACK Ohmiya.JPG
JACK大宮
JACK大宮の位置(埼玉県内)
JACK大宮
JACK大宮
施設情報
所在地 埼玉県さいたま市大宮区錦町682‐2
座標 北緯35度54分29.2秒 東経139度37分17.9秒 / 北緯35.908111度 東経139.621639度 / 35.908111; 139.621639座標: 北緯35度54分29.2秒 東経139度37分17.9秒 / 北緯35.908111度 東経139.621639度 / 35.908111; 139.621639
状態 完成
竣工 1987年昭和62年)7月
用途 事務所店舗プラネタリウム駐車場
地上高
高さ 77.6m
各種諸元
階数 地上18階・地下2階
延床面積 33,697.92
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 6基(東芝製)
駐車台数 110台
関連企業
設計 石本建築事務所
施工 清水建設フジタ鉄建建設他JV
デベロッパー 大宮市
管理運営 さいたま市都市整備公社
テンプレートを表示

概要編集

大宮駅西口に位置し、地上18階、地下2階建てでプラネタリウム、オフィス、店舗、貸会議室などで構成されている。大宮市によって建設され、1987年に竣工、現在は財団法人さいたま市都市整備公社が運営する。建物の外周を埼玉新都市交通ニューシャトルにオメガ字形で囲まれている。

毎年6月第1日曜日の深夜時間帯 - 5:00頃は、ビル内法定点検のため停電となり、エレベーターも使用不可となる。

さいたま市宇宙劇場編集

開館当初より設けられている公共施設。さいたま市教育委員会の生涯学習部の所轄で、2018年3月まで財団法人さいたま市文化振興事業団が運営。2018年4月からは株式会社五藤光学研究所が指定管理運営を行っている。2001年5月のさいたま市発足までは「大宮市宇宙劇場」の名称であった。

同市内にはプラネタリウム施設のさいたま市青少年宇宙科学館があり、当施設と連携している。

宇宙飛行士若田光一が大宮市(現・北区)出身であることから、小規模な常設展示なども行っている。

主な設備は3階のプラネタリウムであり、直径23mの巨大ドーム型スクリーンに約1億個の星が映し出だすことができる最新型光学式プラネタリウム『ケイロンIII』(五藤光学研究所製)で、オリジナル番組や様々解説員による生解説の星空投映、イベント等が行われている。

他、貸会議室・貸集会室の運営等も5階にて行う。

内容編集

  • 座席:280席(入口は3階)
  • 利用料金
    • 超大型映画 - 大人620円、小人310円
    • プラネタリウム - 同上

主なテナント編集

関連項目編集

外部リンク編集