JBL2 2009-10は、2009年10月17日から2010年3月21日まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグである。

参加チーム編集

試合方式編集

レギュラーシーズン編集

プレーオフ編集

  • レギュラーシーズン1位と4位、2位と3位の組み合わせでそれぞれ一発勝負のセミファイナル、ファイナルを戦う。3位決定戦も行う。プレーオフは下呂市下呂市交流会館アクティブ(温アリーナ)で開催。

結果編集

レギュラーシーズン順位編集

順位 チーム名 成績 勝率 タイブレーク
1 豊田通商ファイティングイーグルス 21勝0敗 1.000
2 石川ブルースパークス 15勝6敗 .714
3 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 14勝7敗 .666
4 日立電線ブルドッグス 11勝10敗 .524 3-0
5 黒田電気ブリット・スピリッツ 11勝10敗 .524 0-3
6 レノヴァ鹿児島 6勝15敗 .286
7 豊田合成スコーピオンズ 5勝16敗 .238
8 ビッグブルー東京 1勝20敗 .048

プレーオフ編集

セミファイナル

  • 石川ブルースパークス 88 - 74 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
  • 豊田通商ファイティングイーグルス 81 - 69 日立電線ブルドッグス

3位決定戦

  • アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 71 - 59 日立電線ブルドッグス

ファイナル

  • 豊田通商ファイティングイーグルス 91 - 67 石川ブルースパークス

最終順位編集

順位 チーム名
1 豊田通商ファイティングイーグルス
2 石川ブルースパークス
3 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
4 日立電線ブルドッグス
5 黒田電気ブリット・スピリッツ
6 レノヴァ鹿児島
7 豊田合成スコーピオンズ
8 ビッグブルー東京

JBL2アウォード編集

部門 受賞者 チーム
MVP 宮崎恭行 豊田通商
ルーキー・オブ・ザ・イヤー 富田敏幸 黒田電気
コーチ・オブ・ザ・イヤー 木下官 石川

ベスト5編集

P 受賞者 チーム
G 宮崎恭行 豊田通商
G/F 高村和臣 石川
F 山田真輝 石川
F/C 鈴木鉄夫 アイシンAW
C マイケル・ハウスマン 豊田通商

リーダーズ編集

部門 受賞者 チーム 記録
得点 大原健 豊田合成 22.08点
アシスト 富田敏幸 黒田電気 3.48本
リバウンド マイケル・ハウスマン 豊田通商 11.19本
野投成功率 マイケル・ハウスマン 豊田通商 58.90%
フリースロー成功率 富田敏幸 黒田電気 89.86%
3P成功率 宮崎恭行 豊田通商 42.42%
スティール 伊計郁也 レノヴァ 2.24本
ブロックショット クリス・ブラウン レノヴァ 3.55本

関連項目編集