日本ケーブルテレビジョン

JCTVから転送)
テレビ朝日ホールディングス > テレビ朝日 > 日本ケーブルテレビジョン

株式会社日本ケーブルテレビジョン(にほんケーブルテレビジョン、: JAPAN CABLE TELEVISION, LTD.)は、テレビ朝日連結子会社で、テレビ番組の企画・制作、CS放送チャンネルの運営を行う企業。略称はJCTV(ジェー・シー・ティー・ブイ)[1]

株式会社日本ケーブルテレビジョン
JAPAN CABLE TELEVISION, LTD.
種類 株式会社
略称 JCTV
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木1-1-1
テレビ朝日アーク放送センター B1F
設立 1971年昭和46年)10月13日
業種 情報・通信業
法人番号 6010401022487 ウィキデータを編集
事業内容
  • 24時間ニュース専門局「CNNj」「CNN U.S.」の放送
  • テレビ局・配信プラットフォーム向け動画コンテンツの企画、制作
代表者 代表取締役社長 川島保男
資本金 1億円
従業員数 80名(2022年6月現在)
主要株主 テレビ朝日
外部リンク https://www.jctv.co.jp/
テンプレートを表示

概要

編集

1971年昭和46年)、NETテレビ(現在のテレビ朝日ホールディングス)・朝日新聞社東急エージェンシーらの出資により設立。当初は電電公社(現在のNTT)の電話回線を通じて各ホテルや大使館およびマンションの在日外国人を対象にした英語による番組配信で、都市型ケーブルテレビ局の先駆けとなった。社名の「ケーブルテレビジョン」はそれに因むもので、これが日本での提携先を求めて来日していたCNNの担当者の目に留まり、テレビ朝日と共同で日本におけるCNNの独占契約を締結するきっかけになった。

1980年代においては、CNNとのニュース交換協定により、全米向けに日本発のニュースを配信する一方、日本国内に向けて、テレビ朝日と共にCNNを広める役割が大きかった。同時に「おはよう!CNN」「CNNデイウォッチ」などCNN関連番組をはじめ、番組制作会社としても位置づけられた。

会社発足時は本社を六本木のNETテレビ(現在のテレビ朝日)内に、演奏所(放送センター)を有楽町の朝日新聞社本社内に構えた。1980年12月に、テレビ朝日至近(六本木通り沿い)に「テレビ朝日六本木別館」が建てられると、竣工と同時に本社を移転、オフィス内にはCNN関連番組を放送するための放送ブースも作られた。また、番組制作用のスタジオも同ビル内にあり、テレビ朝日の番組(「こんにちは2時」「日曜洋画劇場」の解説部分)や「ベストヒットUSA」などの深夜番組に加え、JCTVから全国のCATV局へ配信する独自番組などの収録にも使われた。

2000年よりテレビ朝日本社建替えを兼ねた六本木ヒルズ着工やBS朝日開局に伴い、本社を原宿コロンブスビルに移転するが、2013年12月にテレビ朝日アーク放送センターに再移転する。

 

現在もCNNの日本総代理店事業と番組制作事業の2つが社業となっている。

主な制作実績

編集

現在

編集
テレビ朝日
BS朝日
  • 日曜スクープ(毎週日曜 よる7:00 - 8:54)
  • Aの伝言(毎週月曜 よる11:54 - 深夜0:00)
  • そこに山があるから(毎週水曜 よる10:30 - 10:54)
  • ベストヒットUSA(毎週木曜 よる11:30 - 深夜0:00)
  • ネコいぬワイドショー(毎週金曜 よる10:00 - 10:30)
  • ジモト魂~アスリートたちの原点~(毎週土曜 よる10:54 - 11:00)
  • 今度ナニ観る!?~BS朝日イベント検索TV~(隔週土曜 よる11:30 - 深夜0:00)
  • 町山智浩のアメリカの今を知るTV in Association With CNN
ABEMA
その他

過去

編集

テレビ朝日

編集

CNN関連番組およびその後継の早朝番組を制作。

CNN番組およびニュース・情報番組
テレビ朝日(NET)系列

その他

編集

CS放送チャンネル

編集

現在

編集
上記2チャンネルはスカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者は、スカパー・ブロードキャスティングスカパー・エンターテイメントが行っている。

過去

編集

脚注

編集
  1. ^ 徳島県ケーブルテレビ局・日本中央テレビも同略称であるが、資本・人材ともに関係は特にない。
  2. ^ 2012年9月29日より、当チャンネルのハイビジョン化に合わせ、スカパー!では同日付で、16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を行っている。

外部リンク

編集