JFN情報ネットワーク(ジェイエフエヌじょうほうネットワーク)とは、全国FM放送協議会(JFN)系列で使用されている、録音番組および付随する情報の交換用ネットワークである。ファイル配信(ファイルはいしん)と呼ばれる機能の他、キューシートの相互交換、全局編成情報の共有、VoIPを使用した同報連絡機能がある[1]

ファイル配信編集

ADSL光ファイバー等のIP回線とVPNを利用して、「BWF-Jフォーマットの音声ファイル」[2]を配信する[1]仕組みとなっている。JFN各局に専用の機器が導入されており、収録した番組を、編集・配信できるようになっている。配信された番組は専用の端末で編集操作ができるほか、自動番組制御装置からの制御で自動再生できる。

エフエム東京と番組制作を行なっているジャパンエフエムネットワーク(JFNC)のほか、JFN系列加入の任意の局から番組配信が可能である[3]

脚注編集

  1. ^ a b 『放送ハンドブック改訂版』日本民間放送連盟編、日経BP社、2007年4月9日、第1版、p604。ISBN 978-4-8222-9194-5
  2. ^ FM OSAKA 施設案内: JFN CS-IPシステムより。(2010年1月31日閲覧)
  3. ^ 興和 B.I.C 納入例 JFN系系列全局様 情報ネットP3による番組配信稼動中! (PDF)”. 興和. 2011年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。

参考文献・外部リンク編集

関連事項編集