JNNおはようニュース&スポーツ

JNNおはようニュース&スポーツ』(ジェイエヌエヌ おはようニュースアンドスポーツ)は1983年4月4日から1991年3月31日まで放送されたJNNTBS)系列の、ワイド形式の朝の報道番組である。

JNNおはようニュース&スポーツ
ジャンル 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSJNN
出演者 出演者を参照
音声 モノラル放送
平日
放送時間 6:30 - 7:00(30分)
放送期間 1983年4月4日 - 1991年3月29日
土曜日
放送時間 7:30 - 8:00→6:30 - 7:00(30分)
放送期間 1984年4月7日 - 1991年3月30日
日曜日
放送時間 同上
放送期間 1984年10月7日 - 1991年3月31日
テンプレートを表示

目次

概要編集

それまで『おはよう700』→『テレビ列島7時』→『朝のホットライン』に内包される形で7時台に放送されていた『JNN朝のニュース』が6時台、8時台の2回に分割され、6時台の枠が前日深夜放送の『JNNスポーツデスク』再放送と統合され、最新のニュースと前日のスポーツの結果を伝える番組として放送された。

6:39:15から6:43にローカル枠が設定されていた。この直前は全国ネットの気象情報となっており、関東では全国とローカルとの気象情報が連続することになった。なお、局によっては天気予報パートのみ自局送出にし、関東のローカルニュースをそのままネットする局もあった[1]

1987年3月27日までは、この番組のキャスターがMCを務める「JNN8時のニュース」が姉妹編として放送されていたが、3月30日から「朝のホットライン」に統合されている。

1991年4月の改編に伴い、6時台前半に放送されていた『地球!朝一番』と統合され『JNNニュースコール』(第2期)に移行した。

放送時間編集

すべて日本時間、放送分は30分。

「JNNおはようニュース&スポーツ」放送時間の変遷
期間 平日 土曜日 日曜日
1983.4.4 1984.3.30 6:30 - 7:00 放送なし
1984.4.2 1984.9.29 7:30 - 8:00 放送なし
1984.10.1 1985.9.29 7:30 - 8:00
1985.9.30 1991.3.31 6:30 - 7:00

出演者編集

メインキャスター(アンカーマン)編集

など

サブキャスター(アシスタント)編集

など

スポーツキャスター編集

など 

タイトルロゴの変遷編集

  • 初代:1983.4 - 1987.3
  • 2代目:1987.4 - 1990.9(初代のアレンジ版)
  • 3代目:1990.10 - 1991.3

なお、テーマ曲は一貫して開始当初のものが使用された。

ネットしていた局編集

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
山形県 テレビユー山形 1989年10月開局から
福島県 テレビユー福島 1983年12月5日から
(実際には1983年11月22日試験放送開始から)
山梨県 テレビ山梨
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
富山県 テレビユー富山 現:チューリップテレビ
1990年10月1日開局から(厳密には9月24日のサービス放送開始から)
最後の半年間のみ放送
石川県 北陸放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送
島根県鳥取県 山陰放送
岡山県・香川県 山陽放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1987年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

備考編集

  • 一部の系列局ではエンディング部分(提供クレジットから番組終了まで)がブルーバックに差し替えられていた。新潟放送では、オープニングの提供クレジット部分ではノーBGMだった。
  • また、新潟放送や毎日放送では、画面右下に略称ロゴを出していた。
  • 一時期、当時北海道放送アナウンサーだった横田久や当時岩手放送アナウンサーだった田中康男がスポーツコーナーを担当していた時期があった。
  • 北陸放送は、土曜日に限り名鉄グループ一社提供番組となっており、放送開始前にオープニングキャッチが流れていた。
  • 番組スタッフのうちタイムキーパー(TK)、フロアディレクター(FD)はTBS映画社(現TBSビジョン)のスタッフが担当していた。※『ネットワークJNN』、『JNNニュースコープ』も同様。また、番組専任の編集長(P班と報道局では呼ぶ)を置かず、各部当番制で担当していた。

脚注編集

  1. ^ 現在でも、土日朝の『JNN NEWS』のローカル枠で、この体制を採っている系列局がある。
TBSおよびJNN系列 平日朝のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
朝のホットライン(7時台)
※6時台と8時台に分割。
JNNおはようニュース&スポーツ
TBSおよびJNN系列 週末朝のJNNニュース
JNNニュース
JNNおはようニュース&スポーツ
JNNニュースコール
(第2期)