JNNイブニング・ニュース

イブニング・ファイブ > JNNイブニング・ニュース

JNNイブニング・ニュース』(ジェイエヌエヌ - 、英字表記:JNN EVENING NEWS)は、2005年3月28日から2009年3月27日週末2005年4月2日から2009年3月29日)まで、JNNTBS)系列で放送された夕方ニュース番組である。2008年度は、土曜日以外(後述)で放送した。

JNNイブニング・ニュース
JNN EVENING NEWS
ジャンル 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSJNN
出演者 三雲孝江
池田裕行
小倉弘子
藤森祥平
長峰由紀
駒田健吾
伊藤隆太
山本匠晃 ほか
出演者を参照)
音声 【平日】二ヶ国語放送
【週末】モノラル放送
字幕 リアルタイム字幕放送
オープニング #テーマ曲を参照。
エンディング 同上
外部リンク www.tbs.co.jp/eve5/
平日版
放送時間 平日17:50 - 18:16(26分)
放送期間 2005年3月28日 - 2009年3月27日
土曜版
放送時間 土曜日18:30 - 18:55(25分)
放送期間 2005年4月2日 - 2008年3月29日
日曜版(開始から2008年3月まで)
放送時間 日曜日17:00 - 17:25(25分)
放送期間 2005年4月3日 - 2008年3月30日
日曜版(2008年4月から終了まで)
放送時間 日曜日17:30 - 17:55(25分)
放送期間 2008年4月6日 - 2009年3月29日

特記事項:
平日は『イブニング・ファイブ』内の1コーナー(内包)として放送。
週末の全国枠については基本放送時間を参照。
テンプレートを表示

目次

概要編集

15年に渡って放送された『JNNニュースの森』に替わる新たな夕方の全国ニュースとして放送。デジタルハイビジョン番組地上デジタル放送のみ)であり、リアルタイム字幕放送を実施。 新聞の番組表には、「イブN」や「Eニュース」と表記されることもある。

なお同じTBSのニュース番組でも、TBSニュースバードで放送されている『JNNイブニング』(平日19:30)とは別番組である(『JNNイブニング』は、『JNNイブニング・ニュース』より3年ほど先に放送を開始している)。また前の番組「JNNニュースの森」もタイトルロゴ上のみのサブ題名で「JNN THE EVENING NEWS」と付いていた。

次番組『総力報道!THE NEWS』は、排他協定が適用されるJNNのネットニュースであるが、タイトルに「JNN」の冠がない。そのため、この番組の終了を以って、TBSが制作するレギュラーの全国ニュース番組から「JNN」冠の付いたニュース番組は消滅した。

平日の場合、重大なニュースの際などは16:54(または15:55)から『JNNイブニング・ニュース 緊急特集』または『JNNイブニング・ニューススペシャル』としてJNN排他協定が適用され全国ネット(内容によりTBSニュースバードでも同時放送される場合がある)で放送されるが、このようなタイトルになったときでもまれに放送されないネット局もある。また、一部の地域は18:16から1分間、コマーシャルを挿入する都合から、18:17までのところがある。

例えば2006年9月15日の放送は、オウム真理教元代表麻原彰晃死刑が確定したニュースを伝えるため、『JNNイブニング・ニュース スペシャル』として16:54からの放送であったが、テレビ山口毎日放送などでは17:50になったのと同時に、ヘッドラインとオープニングなしで、三雲の「イブニング・ニュースです」という挨拶から始まった。

他にも2007年11月29日の放送は、防衛省元事務次官夫妻が収賄で逮捕されたニュースと昼前に香川県坂出市で行方不明になっていた祖母と孫姉妹が遺体で発見されたニュースが重なったことからまず、15:55から1時間を元事務次官逮捕関連に終始し、16:54からは坂出の事件と元事務次官逮捕を並列して伝えた(両方とも一旦区切られ飛び降り・飛び乗りしやすいようにしている。いずれも『イブニング・ニュース スペシャル』と題していた)。

2005年から2006年にかけての年末年始の放送は、18:00 - 18:30(12月31日は17:30 - 18:00)までの放送で、ニュース・スポーツニュースを放送した後ローカル枠のニュースに入り、ローカル枠のニュースが終了後再びイブニング・ニュースに再接続され天気予報が放送された(地域によっては、天気もローカル枠で放送されることもある)。

JNNイブニング・ニュース』の名称は、TBSと業務提携の関係にある米CBSの『CBSイブニングニュース』から由来しているともいう。なおTBSや系列のHBCSBSはかつて同番組を放送していたこともあるが、現在はTBS系のTBSニュースバードBS-iで放送されている。系列局のローカルニュース枠もJNN枠に合わせ、ロゴも流用した『(放送局名・略称)イブニング・ニュース』とした局が多いが、山陽放送については1971年から夕方のローカルニュースを『山陽TVイブニングニュース(現在はRSKイブニングニュース)』という番組名で放送していた(『ニュースの森』時代は「N森・イブニングN」という両併記だった)関係から、ロゴやアイキャッチ・テロップ等についてはRSK独自の物を採用している。

番組がスタートした2005年3月28日から31日までは、前番組『JNNニュースの森』同様に全編ローカルスポンサーだったが、4月1日から番組の後半はナショナルスポンサーとなった。『JNNニュースの森』がナショナルスポンサー枠を廃止した2000年4月以降、5年ぶりの復活となった。

同じく夕方のローカルニュースで、イブニングの冠が付いていてもテレビ高知の『イブニングKOCHI』は、未だにロゴを流用せず、自社のロゴを使用している。

前番組の『ニュースの森』にも2代目以降、タイトルロゴに『THE EVENING NEWS』という表記が追加されていた。

JNNのニュース番組では以前はテロップの書体に写研の書体(ゴナナール石井ゴシックを使っていたが、この番組がスタートしてからは最近はテレビで使われなくなってきた石井丸ゴシックを使うようになった。2007年4月からはゴナ等に代わってゴナに似ているフォントワークス社のニューロダン等を使うようになり、ナールはスーラに、石井ゴシックはニューセザンヌに、石井丸ゴシックは平成丸ゴシックにそれぞれとって変わった。(他のTBSの生放送番組(TBSニュースバードも含む)も同じ)

2007年8月27日 - 31日は、短縮放送の関係か、ナレーション及び影読みは普段担当している外部のナレーターでなくTBSアナウンサー(鈴木順・伊藤隆太・向井政生・長岡杏子のいずれか)が担当した[要出典]

平日版編集

平日祝日を含む)は、“TBS平日ワイド大改編・夕の変”としてスタートした大型ニュース情報番組の『イブニング・ファイブ』内の1コーナーとして放送した。JNN枠の全国ニュースで、他とは区別した作りのため、17:50に『イブニング・ニュース』のタイトルを表示(但し、一部地域は除かれる)。また、副音声にて英語同時通訳による二ヶ国語放送を実施した(一部地域と年末年始は除く)。

二ヶ国語放送を実施していない一部地域は北海道放送の函館・室蘭・旭川・網走・帯広・釧路地区のアナログ放送エリア(これらの地域でも地上デジタル放送では二ヶ国語放送が受信可能(2007年8月末 - 9月上旬にかけての試験放送開始より。正式開始は2007年10月))と、青森テレビ北陸放送山陰放送テレビ山口のアナログ・デジタル放送全エリアとなっている

イブニング・ニュースでのオープニングの挨拶は行っていないが、イブニング・ニュースのみ放送する局に配慮して三雲の「“イブニング・ニュース”です」というコメントでお辞儀をし番組に入る。ただし行わない場合もある。後期はお辞儀はせずコメントのみに留まっている。

開始から半年ほどはコメンテーター【後藤謙次2006年5月9日に「イブニング・ファイブ」降板、月~水)・斎藤道雄(2006年9月1日に「イブニング・ファイブ」降板、木・金)】が出演していたが、3人のキャスターによるストレートニュースの形式に変更されたようで、出演は一切していなかったが、2006年9月4日から杉尾秀哉が出演したことによって、コメンテーターの出演が再開された。

地方のニュースは原則として、系列局から供給されるVTR映像を流している。ただし、速報時やフラッシュニュース(日曜版は系列局編集)、政治関係のニュースはTBSで編集している。

平日は前半がローカルセールスのスポンサー(地域・曜日によりスポンサーなしの場合もある)、後半はネットスポンサー(隔日交替)で提供する(ともにコメントは前クレのみ)。

2007年4月9日から、オープニングのヘッドラインが数秒短縮された(見出しテロップの引っ込み方が、画面手前に引っ込んでいたのが、泡状になって消えていくようになった)。週末版は、2008年2月3日まで、旧来のオープニングのヘッドラインが使われた。

2008年2月4日から、オープニングのヘッドラインが変更され、このバージョンは週末版でも使われていた。

2008年3月31日から、『イブニング・ファイブ』のリニューアルに伴い、オープニングのヘッドライン、タイトルロゴが再度変更された。

総力報道!THE NEWS』の開始に伴い、2009年3月27日をもって平日版の放送は終了。

週末版編集

全曜日を通して唯一土曜日には、通称土6枠の直後にジャンクションが放送され、「このあとは、イブニング・ニュース」と5秒間の予告があった。これは、前番組『ニュースの森』から続けられていた(同番組が1週遅れで17:30から放送されるSBSRCCを除く)。この時には、番組のロゴが表示されているが、長峰・駒田時代の赤円内の「e」の太さは細くなっていた。

日曜日は、前番組『ニュースの森』に引き続き、スポーツを伝えた後に「今週の予定」と題して、翌日の月曜日からの一週間に何が行われるか(選挙国会裁判スポーツの大会など)を大まかに紹介するコーナーがあった。しかし時間の都合で行われないことが多く、2006年1月以降はほとんど行われていない。2006年3月26日以降は、日曜日のスポーツニュースコーナーに「Weekly☆1(ウィークリーピカイチ)」というコーナーが新設された。内容は、放送日を含めた1週間のスポーツの中で印象的なシーンを集めたものになっている。この企画は、後継の『THE NEWS』でも行われている。

週末版の放送途中(通常は、スポーツニュースの前)に、『JNN報道特集』の予告が流されていた。2008年4月6日からは、日曜版の放送途中に『THE世界遺産』の予告が流された。ただ、どちらの場合にも報道系の特番が放送される際には、そちらが優先して流されていた。『THE世界遺産』の予告は、後継の『THE NEWS』でも流されている。

週末版の(全国枠)エンディングでは、提供クレジット(枠)の後、TBSの様にすぐCMに入る局、ATV(『ATVニュース』)やMBS(日曜日の『毎日新聞テレビ夕刊』に限る)の様に次番組の予告を行う局、RCCRBCの様に番組タイトルを表示する局がそれぞれある。またHBCでは日曜日に限り、提供クレジット(枠)の前に次番組(「イブニング・ニュース このあとは札幌から」)の番組タイトルを表示、その後番組宣伝の5秒CM(『みのもんたの朝ズバッ!』など)が入り、ローカルニュースに切り替わる。

キャスター紹介テロップは平日版と違い、CGを駆使したアニメーションが使われている。平日版でも再開した動きが異なっていた。

日曜日の放送は他の曜日とは違い、すべてスポンサーがローカルセールスとなっている(局によってはスポンサーなしの地域がある)。2008年3月まで放送されていた土曜日にはネットスポンサーがあった。

2008年4月改編で、土曜版は『JNN報道特集』の後継番組『報道特集NEXT[1]』で、当番組とはまた別に、土曜日夕方のJNNニュースを放送することになった。これにより、土曜日の通常放送は同年3月29日を以って終了した(ただし年末年始は除く、詳細は下記参照)。また、この『報道特集NEXT』開始に伴って、毎日放送(MBS)の制作で放送されていた通称土6枠のアニメが、日曜夕方5時枠に移動して放送(2008年4月から『コードギアス 反逆のルルーシュR2』が放送)されることになった関係上、日曜版は30分繰り下げられた。

前述のように2009年4月からは平日版のニュースは『総力報道!THE NEWS』に移行するが、日曜版も2009年3月29日に放送終了した。後番組は『総力報道!THE NEWS』の日曜版『THE NEWS』、最終回の放送日にはNスタジオはすでにTHE NEWSのセットに衣替えされ、後ろに映っている報道局のフロアにも「総力報道!THE NEWS」のロゴが付けられていたが、衣替えされたNスタジオで通常通り放送された。なお、2005年春の「ニュースの森」の最終回でも「イブニング・ファイブ」のセットに衣替えされたスタジオで最終回が放送された。また、2008年春に「イブニング・ファイブ」や「NEWS23」のセットが新しくなる際も、新セットでリニューアル前最後の「イブニング・ニュース」が放送されている。現在の放送センターに移動してから2000年までは「NEWS23」以外は、日曜日から翌週の日曜日までの1週間、報道局のフロアから放送することで対応していた。

年末年始版編集

全日、ローカルニュースも内包した30分間の放送になる。番組の流れは、ほぼ週末版の流れを踏襲している。TBSから全国のニュース・スポーツニュースを放送した後に、ローカル枠のニュースに入り、ローカル枠のニュースが終了後、再びTBSに戻って天気予報が放送される(地域によっては、天気もローカル枠で放送されることもある)。

キャスター紹介テロップも、週末版と同様のCGを駆使したアニメーションが使用された。

1月1日元日)が土曜・日曜に重ならない限り、この期間の土曜・日曜にも、通常の週末キャスターが担当する。これ以外は、日替わりで男性と女性のアナウンサーが1人ずつ担当する。

年末・正月三が日は、関東ローカル枠まで放送する系列局もある。

2005年・2006年年末年始のオープニングでは、タイトルロゴを表示せず、ダイレクトにニュースのヘッドラインでスタートしていた(ヘッドラインの項目の表示もCGを駆使せず、右上に表示される赤円の「eN」のロゴも表示されなかった)。2006年・2007年にかけての年末年始のオープニングからは、タイトルロゴが表示されている。

2008年4月5日から、土曜日夕方のニュースは、当番組に替わって『報道特集NEXT[1]』で伝えられるようになったが、特別編成により同番組が休止される際、夕方のニュースを補完する意味で、この時に限り土曜日にも『イブニング・ニュース』が放送された(2009年1月3日放送)。

出演者編集

平日編集

週末編集

「JNNイブニング・ニュース」週末キャスターの変遷
期間 メインキャスター お天気
2005.4.2 2006.9.24 長峰由紀1・2・3 駒田健吾 森朗3
2006.9.30 2008.9.28 伊藤隆太1・2・4
2008.10.4 2009.3.29 山本匠晃
  • 2008年4月から日曜日のみの放送、担当(天気予報は当初から日曜日のみ)。
  • 番組初期キャスターは全員『JNNニュースの森』から続投。
  • 1 週末昼の『JNNニュース』を兼務。[2]
  • 2 『報道特集NEXT』ニュースコーナーも続投、2008年4月 - 9月は同番組を兼務。
  • 3 日曜夕方の『THE NEWS』も続投。
  • 4 午後の『TBSニュース』を兼務。


放送時間編集

基本放送時間編集

(以下、すべてJST

期間 平日 土曜日 日曜日
2005.3.28 2008.3.30 17:50 - 18:16
(26分)
18:30 - 18:55
(25分)
17:00 - 17:25
(25分)
2008.3.31 2009.3.29 (放送なし) 17:30 - 17:55
(25分)

演出編集

テーマ曲編集

※『イブニング・ファイブ』と同じ曲がかけられた。

  • 2005年3月28日 - 2008年3月30日 『evening』作曲:城之内ミサ
2007年12月29日の放送で、オープニング・ヘッドライン時に、このテーマ曲が流れないというトラブルが起こった。
  • 2008年3月31日 - 2009年3月29日 『Something In The Wind』作曲:葉加瀬太郎
※平日版と日曜版では、アレンジ・テンポが異なり、葉加瀬のアルバムCDに収録されているものではなく、どちらのバージョンも番組オリジナルのものを使用した。
※年末年始版では、日曜版のアレンジのものが流された。

スタジオセット編集

  • 初代:2005年3月28日 - 2008年3月30日(2007年3月にマイナーチェンジ)
  • 2代目:2008年3月31日 - 2009年3月29日

タイトルの表記について編集

JNN eNEWS

英語の「イブニング」を大文字の「EVENING」で表記し、頭文字の「E」をあえて小文字の“e”として、円の中に表記することでアイコン化したものとなっている。

  • 2005年3月28日 - 2008年3月30日

JNNイブニング・ニュース』は、JNN eNEWS(「JNN」はNEWSの上に小さくロゴが表記されており、略称は、“eN”)と表記する。また、ニュースは赤色、スポーツニュースは青色の円の中にロゴが表示されるが、eとNは白抜きで、JNNはオレンジ色で表示されている。「EVENING」の「VENING」の部分は省略して表示している(一部系列局は、eNEWSではなく、きちんとeVENING NEWSと表記されている局もある)。

なお、『イブニング・ファイブ』はeVENING 5(略称は、“e5”)と表記。

CS放送・TBSニュースバードでの「イブニング・ニュース」の放送素材からそのまま放送の場合は見出し項目内のイブニング・ニュースのタイトル略称ロゴ(丸型デザイン)部分をニュースバードの略称である「NB」に差し替えられる(通常ニュースは赤、スポーツニュースは青色は通常のイブニング・ニュースと同じ 素材により差し替えない場合もある)。

2006年9月6日放送分からは、『イブニング・ファイブ』で、キャスター紹介テロップや項目のデザインが一部変更されたことに伴い、このイブニング・ニュースでもリニューアルされたものが用いられて、「e」だけになった。

  • 2008年3月31日 - 2009年3月29日

JNNイブニング・ニュース

『イブニング・ファイブ』同様、円の中の「e」がスピード感あふれる書体になり番組ロゴに。またタイトルロゴが「eNEWS」から「EVENING」に変更となり、「eNEWS」の下の「イブニング・ニュース」の表記が消え、さらにはJNNの冠が付いたニュース番組には、公式ロゴの「JNN」が必ず表記されているが、その「JNN」の表記も消えた[3]

イブニング・ファイブ

円の中の「e」がスピード感あふれる書体になり番組のロゴとして起用される。それに伴いタイトルロゴも「eVENING5」から「EVENING5」に変更となり、また「eVENING5」下の「イブニング・ファイブ」の表記が消えた。

日曜版のタイムテーブル編集

  • 2008年4月から番組終了まで
    • 17:30 オープニング
    • 17:31 ニュース
    • 17:43 Weeklyピカ☆1
    • 17:48:55 CM
      • ここでTBS以外のネット局が飛び降り
    • 17:50 首都圏ローカルニュース
    • 17:51 天気予報
    • 17:52 エンディング

疑惑を持たれた報道編集

2006年7月21日の放送での旧日本軍731部隊の特集において、電話取材中の記者を映しているVTRに安倍晋三官房長官(当時)の写真入り小道具らしきものが約3秒間映った(その隣には、耐震偽装問題に関与していた小嶋進の顔写真もあった)。また、記者が発した「ゲリラ活動?」という言葉のテロップがこれに重なって映された。これについて各専門家や他のメディアは、安倍長官が自民党総裁選に出馬することが決定的になった時期であっただけに、「安倍長官と日本軍が関係しているかのような構図」による「イメージダウンを狙った印象操作」であると批判した。

その一方で、一部メディアではその反応を批判的に報道した。TBSは、写真は偶然映ったものであるとして、不適切な編集で誤解を与えてしまったことを謝罪したが、放送自体は意図的でなものではないことを強調した。同年8月11日付で、放送局を所轄・管理する総務省はTBSに厳重注意の行政指導を下した[4][5]

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2010年4月3日より『報道特集』へと改題。
  2. ^ 長峰は2006年9月から2008年9月まで伊藤が担当したため、なし。2008年10月からは日曜日のみ担当。
  3. ^ 平日版だけではあるが、全国枠のみキャスターがニュースを読んでいる際にワイプ形式で映し出されるニュースVTRの枠の上下に「JNN」ロゴがスクロール表示されたり、CG形式で表示した際は効果音と一緒にVTR下部に半分透過した「JNN」ロゴが流れるなど、全国枠では随所で「JNN」ロゴが出されたためこれがオープニングでの「JNN」表示を代替したものとなった。
  4. ^ TBS今度は安倍を狙い撃ち ZAKZAK 2006年7月26日報道
  5. ^ TBSに厳重注意…安倍で総務省 ZAKZAK 2006年8月7日報道

関連項目編集

TBSおよびJNN系列 平日夕方のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
JNNニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
イブニング・ファイブ
(『JNNイブニング・ニュース』内包)
(2005.4 - 2009.3)
総力報道!THE NEWS
(2009.4 - 2010.3)
TBSおよびJNN系列 土曜夕方JNNニュース
JNNニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
JNNイブニング・ニュース
(2005.4 - 2008.3)
報道特集NEXT
(2008.4 - 2010.3)
TBSおよびJNN系列 日曜夕方のJNNニュース
JNNニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
JNNイブニング・ニュース
(2005.4 - 2009.3)
THE NEWS
(2009.4 - 2010.3)
TBS 土曜18時台後半枠
JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
(2005.4 - 2008.3)
報道特集NEXT
※17:30 - 18:50
TBS 土曜18:50 - 18:55枠
ニュースの森
※18:30 - 18:55
イブニング・ニュース
(2005.4 - 2008.3)
ウィークエンドウェザー
【5分繰り上げ】
TBS 日曜17:00 - 17:25枠
JNNニュースの森
JNNイブニング・ニュース
(2005.4 - 2008.3)
【本番組までTBS制作】
TBS 日曜17:30 - 17:55枠
JNN報道特集
※17:30 - 18:24
JNNイブニング・ニュース
(2008.4 - 2009.3)
THE NEWS