メインメニューを開く

株式会社JPホールディングス(ジェイピーホールディングス、: JP-Holdings, Inc.)は、愛知県名古屋市東区に本社を置く日本の持株会社である。英称が同じ日本郵政グループの持株会社とは別企業。

株式会社JPホールディングス
JP-Holdings, Inc.
Sumitomo-Life-Insurance-Chikusa-Bldgs.jpg
本社の入居する千種ニュータワービル(右奥)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2749
2012年3月14日上場
略称 JPHD
本社所在地 461-0004
愛知県名古屋市東区3-15-31
千種ニュータワービル17F
設立 1993年3月31日
(有限会社ジェイ・プランニング)
業種 サービス業
法人番号 2180001043359
事業内容 子育て支援事業
代表者 代表取締役社長 荻田 和宏
資本金 10億円
発行済株式総数 8,345万5,294株
売上高 連結 178億87百万円
(2015年3月期)
経常利益 連結 16億36百万円
(2015年3月期)
純利益 連結 10億3百万円
(2015年3月期)
純資産 連結 57億74百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結 191億15百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 単体 15名
連結 2,145名
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 山口洋 26.8%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 グループ会社を参照
外部リンク https://www.jp-holdings.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

アスクの名称で、日本の関東地方を中心に保育所172施設(2017年3月現在)を運営している[1]

保育所のほか、学童クラブ63施設、児童館10施設を運営。

365日開園・年中無休を基本とし、延長保育・休日保育・一時保育・程度の問題であるが病気の場合の対応など保護者が保護者の都合で求めるサービスを提供。

また、給食メニューに、契約農家の特栽米・100%秋田産「あきたこまち」を使用するほか、各園で食物を育てメニューに取り入れるなど、園児の食育事業を積極的に展開。

元々は大和証券出身の創業者、山口洋が、アミューズメント施設でのコーヒーのワゴンサービスで事業を拡大[2]

従業員の福利厚生として託児所を開設したのを契機に保育事業に参入、2010年3月には飲食関連事業の子会社を売却し、子育て支援事業に特化。日本郵政グループと提携し、集配施設の集約化で各集配郵便局だった大規模郵便局の空きスペースに、保育所を運営する事業で協力することになり、2015年4月よりさいたま市南区さいたま中央郵便局敷地内に認可保育園を開園。

この間、2012年2月に山口が辞任。当時は「体調不良による入院のため」としていたが[3]、筆頭株主でもあった山口は2017年9月、会社側に対し臨時株主総会の開催を請求[4]。取締役全員の事実上の即時解任を求めた[5]。山口の請求に対し、会社側は11月22日に本社のある名古屋市で臨時株主総会の開催を決定[6]。同時に、社内調査の内容として、山口の辞任理由に社内でのセクハラ行為があったことを公表した[7]。179の保育園のうち173の園長と学童クラブ・児童館の全69施設長を含めた3,029人の従業員が山口の経営復帰を拒否する署名嘆願書を会社側に提出したり[8]、セクハラの事実を巡って山口が名誉毀損訴訟を起こしたり[9]するなどお家騒動の様相を呈した。

山口の請求で開催された臨時株主総会は11月22日に名古屋市内で開かれ、山口の提案は否決された[10]

沿革編集

  • 1993年03月31日 - 大和証券出身の山口洋が「有限会社ジェイ・プランニング」を設立。
  • 1996年06月 - 株式会社へ組織変更「株式会社ジェイ・プランニング」を設立。
  • 1996年06月 - 株式会社ゲオとの事業提携により商号を「株式会社ゲオ・ジェイピー」に変更。
  • 1999年04月 - 株式会社ゲオとの事業提携を解消。商号を株式会社ジェイ・プランニングへ戻す。
  • 2000年03月 - 株式会社マルチ・ボックス、有限会社ジェイ・ピー・サービス、有限会社ジェイ・ピー・スタッフの3社を吸収合併。
  • 2000年04月 - 企業内に託児所を開設。
  • 2001年12月 - 埼玉県新座市に保育所「スマイルキッズ新座園」を開設。
  • 2002年08月 - 認証園「ひばり」を開設。
  • 2002年10月09日 - ジャスダックに株式を上場。
  • 2004年10月 - 「株式会社JPホールディングス」に商号を変更。同時に運営事業を分社化し、株式会社日本保育サービス、株式会社ジェイ・プランニング、株式会社ジェイキッチン、株式会社ジェイ・プランニング販売を設立し、本体は持株会社となる。
  • 2008年04月 - 株式会社前進会(その後 株式会社横浜保育サービスに商号変更)を譲り受け、100%子会社化。
  • 2009年10月01日 - ジャスダック証券取引所の所属業種を卸売業からサービス業へ変更。
  • 2010年03月31日 - 子会社である株式会社ジェイ・プランニングの全株式を株式会社翔亜カンパニーに譲渡。事業を子育て支援事業に特化。
  • 2010年04月01日 - 子会社である株式会社日本保育サービスを存続会社とし、同じく子会社の株式会社横浜保育サービスを吸収合併。
  • 2011年03月10日 - 東京証券取引所第二部に株式上場。
  • 2011年03月 - 一般募集並びに第三者割当により新株式を発行。
  • 2011年06月 - 6月1日付で1株を2株に株式分割
  • 2012年03月14日 -東京証券取引所1部に指定替え。
  • 2015年02月 - 創業者の山口が辞任。同じ大和証券出身で、管理部長だった荻田和宏が常務から社長に昇格[11]

創業者の不祥事編集

前述の山口による臨時株主総会開催請求の過程で、社長在任中のセクハラ疑惑が表面化。会社側が、社内調査の結果、セクハラ行為があったとし[12]、さらに外部の弁護士でつくる第三者委員会の調査結果でも、山口によるセクハラパワハラがあったことが認定された[13]。また、週刊誌で山口が女性社員と露天風呂で混浴する写真が掲載された[14][15]。なお、第三者委員会の調査結果では、2017年時点の代表取締役社長である荻田和宏によるパワハラ、セクハラに該当しうる行為が認められるとも認定されている[13]

一方、山口は事実無根を主張し、週刊誌の取材に対しては、混浴した事実は認めたものの「強要した事実はない」とセクハラを否定。さらにJPホールディングスが開示したレポートで「名誉、信用は著しく毀損された」として、2017年11月17日付で同社を相手取り、名誉毀損訴訟を起こした[16]

事業所編集

  • 本社 - 愛知県名古屋市東区3-15-31 千種ニュータワービル17F
  • 東京支社 - 東京都新宿区高田馬場3-3-3 三優ビル3F

グループ会社編集

  • 株式会社日本保育サービス
  • 株式会社四国保育サービス
  • 株式会社ジェイ・プランニング販売
  • 株式会社ジェイキッチン
  • 株式会社ジェイキャスト
  • 株式会社日本保育総合研究所

脚注編集

  1. ^ 2016年有価証券報告書
  2. ^ ドリームゲート MY BEST LIFE 挑戦する生き方「第90回 株式会社JPホールディングス 山口 洋」
  3. ^ 2017年8月22日東洋経済オンライン「保育園大手JPHDでも経営陣と創業者が対立か」
  4. ^ JPホールディングス プレスリリース「株主による臨時株主総会の招集請求に関するお知らせ」
  5. ^ 2017年10月17日時事通信「前社長のセクハラ調査へ=保育園運営大手でお家騒動」
  6. ^ JPホールディングス プレスリリース「臨時株主総会招集通知」
  7. ^ JPホールディングス プレスリリース「臨時株主総会の開催及び株主提案に対する当社取締役会の意見に関するお知らせ」
  8. ^ JPホールディングス プレスリリース「当社グループ従業員からの請願書の受領に関するお知らせ」
  9. ^ JP ホールディングス株主の会 JP 社に対する訴訟提起のお知らせ
  10. ^ JPホールディングス プレスリリース「臨時株主総会開催結果に関するお知らせ」
  11. ^ 2017年08月22日 東洋経済オンライン「保育園大手JPHDでも経営陣と創業者が対立か」
  12. ^ JPホールディングス プレスリリース「臨時株主総会の開催及び株主提案に対する当社取締役会の意見に関するお知らせ」
  13. ^ a b JPホールディングス第三者委員会超報告書
  14. ^ [週刊ポスト2017年11月24日号 126ページ 『前代未聞!東証一部上場企業「創業者のセクハラ告発」株主総会』]
  15. ^ NEWSポストセブン「仰天! 東証一部上場企業株主総会で創業者のセクハラを告発」
  16. ^ JP ホールディングス株主の会 JP 社に対する訴訟提起のお知らせ

外部リンク編集