メインメニューを開く

株式会社JPS(じぇい・ぴー・えす)は東京都の企業。2019年現在でもパチスロ機の製造を行っている。

株式会社ジェイピーエス
JPS CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 105-0003
東京都港区西新橋一丁目2番9号
日比谷セントラルビル14階
設立 1987年3月
業種 機械
法人番号 3120001167501
事業内容 遊技機器及び関連機器の製造・販売、自動販売機の企画・設計・製作・販売、遊戯施設の企画・設計、コンサルタント業
代表者 代表取締役 露峰孝
資本金 2,200万円
外部リンク http://www.jps777.com/
テンプレートを表示

概要編集

同社が初めて導入した機能、特徴の主なものに

  • 頻繁に取りこぼす特定役(1枚役)による擬似的にチャンス目の再現及び取りこぼすことによって発生するプチRTによる連続演出の採用(ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて)
  • リプレイタイムを利用した天井機能の導入(ホークIII)
  • メダルが一定の純増枚数になるまで継続するART(リプレイタイムとアシストタイムが複合した形)の導入(アストロ球団)
  • ボーナスフラグ成立後に突入するARTにより実質的な出玉増、継続率メインのゲーム性を実現(2027)
  • パチスロホール各社に向けたプライベートブランド機種の開発・販売(パチスロミクちゃん、Sオリスロ2AAシリーズ等)
  • 2段階設定を採用し、共に100%を超えた機械割を搭載の上で設定差による機械割は同一だがボーナスの振り分けによる波の演出(モナスロ等)

などがあり他社より先駆けての新技術の採用、新戦略を積極的に取り入れている。


2015年10月5日に加盟していた遊技場メダル自動補給装置工業会を脱退[1]。同年12月7日に日本電動式遊技機工業協同組合を脱退した[2]。この時点で「パチスロ事業を廃止した」と報道されたが、株式会社シーオーエム主導のもと、2017年には『オリスロ』と銘打って[3]パチンコ企業に向けたプライベートブランド専用台の開発・販売を継続しており2019年に入り6号機の開発・販売も継続している[4][5]。これらプライベートブランド専用台は基本となるスペックは全て同一ではあるが、演出やサウンドが各社で異なっておりそれぞれ別の機種として扱われている。

沿革編集

発売機種編集

機種名 発売年月 備考
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて 2006年2月 初参入機種
ウイニングレッド(-30) 2006年4月
新造人間キャシャーン 2006年6月 型式名「パープル2」
ホークIII(-30) 2006年10月 5号機初の天井機能を搭載
ぐるぐる爆侍 2007年1月
ダイナマイトマン 2007年4月
アストロ球団 2007年5月
2027 2007年7月
トリプルホーク-30 2008年2月
2027X 2008年3月
ミュージックボックス五木ひろし 2008年5月
紅三四郎 2008年7月
シュート! 2008年8月
新造人間キャシャーン 2008年12月 型式名「シンゾウニンゲン」
タイムリミット 2009年5月
2027II 2009年8月
どんまい!!ちゅ〜吉 2009年11月
バイオレントゾーン 2010年2月
2027IINEO 2010年4月
ロケットパニック 2010年9月
走れメロス 2010年12月
ドルマッチ 2011年4月
パチスロ クイーンズブレイド 流浪の戦士 2012年4月
パチスロ クイーンズブレイド2 玉座を継ぐ者 2013年8月
パチスロ クイーンズブレイド2 玉座を継ぐ者 バトルバージョン 2013年12月
ドリームジャンボ 〜幸福のチケットを君に〜 2014年9月 型式名「ドリーム幸福のチケットを君にジャンボBB」
テラシグマ 2015年1月
サマージャンボ〜あの夏のチケットの行方〜 2015年7月 型式名「サマーあの夏のチケットの行方ジャンボAA」
ドリームジャンボ〜あの興奮をもう一度〜 2017年6月 5.5号機
YASUDA7 2017年9月 5.5号機、やすだ専用機種
TOWSER/モナスロ/あっぱれ!プレゴ[6] 2018年6月 5.9号機
パチスロミクちゃん 2019年1月 5.9号機、タツミコーポレーション専用機種
どき!すろ 2019年8月 6号機、同一スペックの特定パチンコ店専用機種あり[7][8]

備考編集

  1. ^ JPSが日電協を脱退遊技通信web 2015年12月10日
  2. ^ a b JPSが事業廃止”. 遊技日本 (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  3. ^ 一挙5機種同時発表! JPS『Sオリスロ2AA』がこの夏登場!!
  4. ^ JPS、6社共同のPBパチスロ機を発表
  5. ^ 株式会社シーオーエムについては2016年3月に設立されており事業内容に「遊技機メーカーの運営・コンサルティング」と記載があるがJPSとの関連性は表立っては公表されていない。しかしながらドリームジャンボシリーズ以降の発表については全てシーオーエム社とJPS社の共同という扱いにてプレスリリースが出されており、製造・販売はJPSが行っている状況である。
  6. ^ 左から、一般発売/モナコパレス専用機/プレゴ専用機 の名称で、スペックは全て同一。
  7. ^ シティコミュニケーションズ専用機「BELLE CITY」、タイラグループ専用機「スロットワンダーエージェント」、コンチェルト専用機「タマどき!」。
  8. ^ ジェイピーエス、『Sオリスロ2AA』のプレス発表会を開催”. パチンコビレッジ (2019年6月21日). 2019年8月20日閲覧。

外部リンク編集