メインメニューを開く
東日本旅客鉄道 > JR東日本リテールネット > JR東日本ウォータービジネス

株式会社JR東日本ウォータービジネス(ジェイアールひがしにほんウォータービジネス)は、清涼飲料、飲料自動販売機事業などを行う、東日本旅客鉄道(JR東日本)の連結子会社で、JR東日本リテールネット完全子会社

株式会社 JR東日本ウォータービジネス
JR East Water Business Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区恵比寿南1-5-5
JR恵比寿ビル9階
設立 2006年平成18年)8月1日
業種 小売業
法人番号 4011001048577
事業内容 清涼飲料卸
飲料自動販売機事業
代表者 代表取締役 竹内 健治
資本金 4億9,000万円
売上高 396億円(2010年度)
純利益 31億8000万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 352億6600万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 59名(2012年2月末現在)
決算期 3月末
主要株主 (株)JR東日本リテールネット 100%
関係する人物 新井良亮(元社長)[2]
外部リンク https://www.acure-fun.net/
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年8月1日に、グループ各社に分散していた飲料事業を一元化するために設立された。具体的には、グループ会社の飲料仕入の一元化、グループ会社の自動販売機による飲料販売・管理の一元化、ミネラルウォーターの製造・販売等の谷川岳湧水を活用した事業の展開のために、JR東日本グループの飲料事業の再編を行い、同年10月1日から、同社に一元化して事業を開始している。

商品

これまでに発表・発売された商品は、朝(出勤中)に飲んで、一日を始めるということに重点を置いている。

自社のオリジナル商品「From AQUA」のミネラルウォーター、および、一般の飲料水メーカーとの共同企画商品で構成される。 これら商品には、オリジナルブランド「acure made」のマークが表記されている(一部商品を除く。ブランド誕生前は、会社のロゴデザインが表記されていた)。

自動販売機

JR東日本管内の駅構内にある飲料自動販売機は、原則として同社の管理となっている。実質的な補充等の管理は元各飲料メーカーによって行われる(業務委託方式)。これまで単一メーカーの商品しか取り扱いのなかった駅構内の自動販売機を、売れ筋等に合わせてメーカーを限定しない品揃えに変更した。

自社管轄の自動販売機は、「acure」のブランドロゴを順次表記している。また、Suica電子マネーの読み取り機を積極的に自動販売機に組み込んでいる。

2010年8月には、JR品川駅に全面タッチパネル式の次世代自動販売機の1号機を設置し[3][4]、順次、同機の設置場所を拡大している。

沿革編集

商品ラインナップ編集

オリジナルブランド「From AQUA」編集

採水地:群馬県利根郡みなかみ町

共同企画編集

一般の飲料水メーカーと共同企画した商品で、そのため、ウォータービジネス社の独占販売となっている。販売者名義は各メーカーとなっているが、パッケージにはウォータービジネス社の企業マークが描かれている。これらは、通常の一般向け商品とともに、JR東日本グループの店舗や自動販売機で販売されている。

JR東日本施設外向け商品編集

三国コカ・コーラボトリング管内の一部自販機(JR施設外)では、かつて同社の自販機で扱われていた「大清水」の各ソフトドリンク商品に替えて、2007年秋から、JR東日本ウォータービジネスが販売者となっている商品が販売されている。この商品群は、谷川連峰の天然水使用を表記するなど、「大清水」商品に準じた内容になっている。前述の通り、JR東日本の駅構内では販売されていない。

これとはまた別に、関西地区の鉄道駅(JR西日本の駅構内の自販機、阪急電鉄の「アズナス」など)でも「acure made」ブランド品が取り扱われている場所が存在する。

編集

2009年から、それまでの「大清水」ブランドから「谷川連峰のうるおい天然水」ブランドに変更した『谷川連峰うるおい天然水氷』を首都圏のNEWDAYSで販売している。製造は「大清水」から引き続き蒲田製氷冷蔵で、原水も同じものを使用している。

脚注編集

外部リンク編集