メインメニューを開く

JR東日本パス(JRひがしにほんぱす)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が発売する、期間指定でJR東日本全線と、東北地方・上越地方の一部第三セクター線が乗り放題となる特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。

目次

概要編集

2003年1月、JR東日本は同社の完全民営化を記念しての謝恩きっぷとなる本きっぷを発表。同年2月より発売、3月に実施した[1]。それに際して、東北新幹線を中心として新幹線の臨時増発も行っている。

2011年5月、JR東日本は東日本大震災復興推進キャンペーンの一環として、ボランティアや現地被災地への移動に役立つようにと本きっぷを復活させた。

従来のウィークエンドパスやスリーデーパスと異なり、特急料金が内梱されており、本きっぷのみで新幹線や特急・急行の自由席にそのまま乗車できる。以前販売されていた「正月パス」や「三連休パス」・「土・日きっぷ」に仕様が近い乗車券である。

一日乗車券の形態を採っており、1枚で日帰りに使ったり、行きと帰りで異なる日付に設定して旅先への長期滞在に使ったりするなど自由度の高い利用が可能である。

フリーエリア編集

利用できる列車・設備編集

新幹線(はやぶさ号を含む)・特急急行普通列車快速を含む)の普通車自由席が乗り降り自由となる。あらかじめ指定を受けることにより、普通車の指定席を2回まで利用できる。ただし、指定席を3回以上利用する場合または事前に指定を受けずに指定席を利用した場合は、運賃のみ有効となり、別に特急料金等が必要となる。

グランクラス・グリーン車・ホームライナー・寝台車・個室を利用する場合は運賃のみ有効で、別に特別料金券が必要となる。立席特急券の発行を受けて寝台車を利用することは可能だが、この場合は指定を受けるのと同様の扱いとなり1回に数えられる。

また、特急券などの料金券は特別に割引されたもの(ジパング倶楽部割引など)と本きっぷを組み合わせての利用はできない。正規料金で購入した料金券のみ組み合わせが可能である。

JR東日本パスは自動改札機に通すことができ、本券と新幹線指定券を重ねて改札機に投入することで、車内改札が省略される。

駅レンタカーのSクラスが1暦日3,500円で利用できる。

はやぶさ号とはやて号、こまち号の特例編集

回数として数えられない例

  • 雫石駅 - (こまち118号立席)- 盛岡駅 - (はやて115号立席) - 七戸十和田駅
  • 新花巻駅 - (はやて195号自由席) - 新青森駅
  • 新花巻駅 - (はやて195号自由席) - 盛岡駅 - (こまち195号立席) - 田沢湖駅
  • 仙台駅 - (やまびこ253号自由席) - 盛岡駅 - (はやて119号立席) - 二戸駅

回数として数えられる例

  • 仙台駅 - (はやて119号立席) - 二戸駅
  • 仙台駅 - (はやぶさ501号立席) - 盛岡駅 - (こまち121号立席) - 田沢湖駅
    • ※仙台駅 - 盛岡駅間の「はやぶさ501号」のみ回数としてカウントされる。

発売期間と有効期限編集

  • 発売期間:指定された利用開始日の1か月前から前日まで。当日発売はしない。
  • 使用期間:2011年6月11日 - 6月20日、7月9日 - 7月18日の指定した1日間。

価格編集

  • おとな 10,000円
  • こども 5,000円

条件など編集

  • 指定席の変更:指定列車の出発時刻まで、回数無制限で変更できる。
  • 利用開始日の変更:使用開始日の前日までに1回に限って変更ができる。
  • 利用開始日前か有効期間内までに未使用に限り、払い戻しができる。手数料として630円がきっぷの金額から徴収される。ただし、指定席券を発行した場合は、該当列車の出発時刻を過ぎた場合は未使用でも払い戻しできない。
  • 列車の遅延や運行不能での払い戻しはできない。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「JR東日本パス」発売について (PDF, 東日本旅客鉄道プレスリリース:2003年1月22日発表『「完全民営化記念 お客さま感謝月間」を実施します!!』3ページ目より)

外部リンク編集