メインメニューを開く

JX童話の花束

清水ミチコのJX-ENEOS童話の花束』(しみずミチコのジェイエックス・エネオスどうわのはなたば)はNRN系列局(ただし沖縄県JRN単独ネットの琉球放送(RBC)にネット)で放送されていたラジオ番組である。2002年頃スタート。ニッポン放送など一部ネット局では『清水ミチコのミッチャン・インポッシブル』内で放送されている(下記参照)。JOMOENEOS単独提供番組である。旧タイトルは『清水ミチコのJOMO童話の花束』(しみずミチコのジョモ - )→『清水ミチコのJX童話の花束』(しみずミチコのジェイエックス - )。本項では、本番組と関係があるJX-ENEOS童話賞(現・JXTG童話賞)についても説明する。

清水ミチコのJOMO童話の花束

清水ミチコのJX-ENEOS童話の花束
ジャンル 童話紹介番組
放送方式 録音放送
放送期間 2006年10月 - 2014年3月
放送時間 ネット局・放送時間参照
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
出演 清水ミチコ
飯田浩司
提供 JOMO→ENEOS
公式サイト 公式サイト
特記事項:
一部地域では『清水ミチコのミッチャン・インポッシブル』内で放送
テンプレートを表示

目次

番組内容編集

  • スタート当初は毎年旧JOMOが主催する「JOMO童話賞」の過去の受賞作品をネット局のパーソナリティが朗読する形式を取っていた。タレント清水ミチコが登場人物全ての役を、ニッポン放送アナウンサー飯田浩司がナレーションの形で紹介していた。[1]なお、清水は過去にNHK教育テレビジョンてれび絵本」でも「クレヨンのくろくん」の朗読をしたことがあった。
  • ニッポン放送ではJOMO提供の『涙の電話リクエスト』→『福澤朗ラジオ☆スター』→『清水ミチコのミッチャン・インポッシブル』の1コーナーとして放送されている。『福澤朗ラジオ☆スター』までは生放送であったが、『清水ミチコのミッチャン・インポッシブル』では事前収録となっている(番組自体が録音体制のため)。
  • 2010年7月1日にジャパンエナジーが新日本石油と合併し、同賞がJXホールディングス(現・JXTGホールディングス)の管轄となり「JX童話賞」に改められ、ジングルもコーラス部分のみ変更された(メロディは「JOMO童話の花束」時代から継続)。その後2013年5月の第44回分より「JX-ENEOS童話賞」と改題されたことに伴いタイトル・ジングル(メロディ・コーラス)共々差し替えられた。
  • なお、単独番組版では番組タイトルを「ENEOSステーション大作戦 清水ミチコのミッチャン・インポッシブル JX-ENEOS童話の花束」(エネオスステーションだいさくせん しみずミチコのミッチャン・インポッシブル ジェイエックス・エネオスどうわのはなたば)と紹介しており、これに該当するネット局の一部では番組改編期に発行されるタイムテーブルでもこのタイトルで表記している。
  • 毎年11月に行われるJX童話賞の授賞式直後の放送では、一般、中学生、小学生以下の各部の最優秀賞受賞者へのインタビューを放送する。また、その翌週以降に各部の最優秀賞受賞作品を朗読する。
  • オープニングの流れ
    • 「ミッチャン・インポッシブル内包局」・・・タイトルジングルの後、清水が簡単なモノマネコントを行い、モノマネのままタイトルをコールする。その後、清水が地声に戻って「○○さん(モノマネで出てきた人物)、ありがとうございました」とお礼を述べて番組・コーナー開始となる。
    • 「単独編成局」・・・タイトルジングルの後、(清水)「清水ミチコと」(飯田)「ニッポン放送飯田浩司が心を込めてお届けします。」ではじまる提供クレジット、それに続き清水の「それでは今日はこの方のタイトルコールです。」のコメントを入れ、以降は内包局と同じ。
  • 「単独編成局」のエンディング・・・「皆さん、いかがでしたか。来週はどんな作品が紹介することができるのか、どうぞお楽しみに。この時間のお相手は清水ミチコと」「ニッポン放送飯田浩司でした。」「では、また来週です。」、提供クレジットへと続く。
  • なお、この朗読コーナーは「ミッチャン・インポッシブル」終了と同時に幕を下ろした。

ネット局・放送時間編集

清水ミチコのミッチャン・インポッシブル』の1コーナー[2]として放送されている局
放送地域 放送局 放送日 放送時間[3] 備考
関東広域圏 ニッポン放送 土曜日 16:00 - 17:00
北海道 STVラジオ 日曜日 11:00 - 11:30 2008年4月より北海道放送からネット移行、
同時に『ミッチャン・インポッシブル』としての新規ネットを開始。
2012年4月8日より放送時間変更。
長野県 信越放送 土曜日 15:05 - 15:35 2010年4月3日放送分より『ミッチャン・インポッシブル』のネットを新たに開始。
中京広域圏 東海ラジオ放送 日曜日 11:30 - 12:00
近畿広域圏 朝日放送 12:30 - 13:00 2008年4月、毎日放送からネット移行。
同時に『ミッチャン・インポッシブル』の新規ネットを開始
(なお、後継番組の『ENEOSプレゼンツ あさナビ』はMBSラジオで放送)
岡山県 山陽放送 15:30 - 16:00
広島県 中国放送 11:00 - 11:30 2013年4月7日から放送時間変更。
山口県 山口放送 土曜日 15:00 - 15:30 2010年4月3日放送分より『ミッチャン・インポッシブル』のネットを新たに開始。
福岡県 九州朝日放送 日曜日 11:00 - 11:30 2008年4月、RKB毎日放送からネット移行。
同時に『ミッチャン・インポッシブル』の新規ネットを開始。
大分県 大分放送 17:00 - 17:30 2010年4月4日放送分より『ミッチャン・インポッシブル』のネットを新たに開始。
単独番組として放送されている局
放送地域 放送局 放送日 放送時間 備考
青森県 青森放送 土曜日 17:00 - 17:10
秋田県 秋田放送 07:00 - 07:10
岩手県 IBC岩手放送 16:50 - 17:00
山形県 山形放送 17:35 - 17:45
宮城県 東北放送 08:00 - 08:10 2011年4月より「ラジオマガジンEARLY BIRD」に内包。
2008年3月までは『ニューシミチコパラダイス』もネットしていた
福島県 ラジオ福島 日曜日 18:00 - 18:10 『心ひとつに3.11 ふくしまの絆ステーション』に内包。
新潟県 新潟放送 土曜日 17:30 - 17:40 2012年4月、放送時間変更。
山梨県 山梨放送
富山県 北日本放送 日曜日 08:50 - 09:00
石川県 北陸放送 土曜日 17:50 - 18:00
福井県 福井放送 17:00 - 17:10
静岡県 静岡放送 09:18 - 09:28 山田辰美の土曜はごきげん』に内包、2013年10月5日から放送時間変更。
和歌山県 和歌山放送 07:00 - 07:10 後継番組の『ENEOSプレゼンツ あさナビ』は、2015年3月30日にネットを開始した。
鳥取県島根県 山陰放送 日曜日 08:00 - 08:10
徳島県 四国放送 土曜日 06:30 - 06:40
香川県 西日本放送 17:35 - 17:45
愛媛県 南海放送 08:35 - 08:45 2013年10月5日から放送時間変更。
高知県 高知放送 09:50 - 10:00
長崎県佐賀県 長崎放送 11:40 - 11:50 佐賀県はNBCラジオ佐賀
熊本県 熊本放送 07:10 - 07:20
宮崎県 宮崎放送 15:50 - 16:00
鹿児島県 南日本放送 17:50 - 18:00 2012年4月、放送時間変更
沖縄県 琉球放送 日曜日 11:50 - 12:00

JXTG童話賞編集

JXTG童話賞はJXTGホールディングスが「心のふれあい」をテーマにした創作童話を募集するメセナ活動である。

JXTG童話賞はJXTGホールディングス(前・JXホールディングス)の前身・共同石油が1970年に創設した「共石創作童話賞」が前身。合併に伴い、1994年に「JOMO童話賞」、2010年7月に「JX童話賞」、2013年3月に「JX-ENEOS童話賞」と名称が変更され、2017年から現名称に改称された。

応募作品の中から審査により優秀作を表彰および童話集『童話の花束』に編纂、発行している。『童話の花束』は応募者全員および児童施設・機関などに無償配布される他、ENEOSサービスステーション(店舗)利用客への配布、および有償で一般にプレゼントされている。なお、『童話の花束』は書店では販売されていない。

作品募集から『童話の花束』発行までのスケジュールは概ね以下の通り。

  • 3月 - 5月
郵送およびインターネットで作品を募集。
  • 6月 - 10月
選考委員による作品の審査。
  • 11月
受賞作品を発表、授賞式を実施。
  • 12月
『童話の花束』発行。応募者などへの無償配布および翌年2月まで有償プレゼント。それ以降は過去3年分までバックナンバー扱いで配布。

なお過去の受賞作品は、PDFファイルにまとめられ、同賞の公式ウェブサイトに公開している。ただし一般公募をしていない第1・2・3・5・6集については非公開となっている。

審査方法編集

  • テーマは「こころのふれあい」で、未発表のオリジナル作品。
  • 応募はアマチュアのみ。合作・連名などの共作不可。
  • 縦書きで表紙を除き400字詰め原稿用紙5枚以内(ワープロ、乃至はパソコンのワープロソフトの場合は1行20字×20行で5枚相当分以内)にまとめる

審査部門編集

大きく、高校生以上を対象とする「一般の部」と、「中学生の部」、「小学生の部」の3部門があり、それぞれに最優秀賞1編、優秀賞2編、佳作と奨励賞が各5編選ばれる。

一般の部は賞金として最優秀賞100万円、優秀賞30万円、佳作10万円、中学生・小学生は図書カードを最優秀賞10万円分、優秀賞5万円分、佳作3万円分をそれぞれ記念品とともに贈呈し、また奨励賞を含む各賞受賞者に対しては、賞状を贈る。(2014年・第45回実績)

また奨励賞を除く各賞受賞者には特典として、表彰式に出席できるほか、作品集「童話の花束」の最新号に掲載する。また応募者全員に参加賞として「童話の花束」の最新号が贈呈される。

関連項目編集

但し『JOMO童話の花束』と『ニューシミチコパラダイス』は全くの別番組である。

脚注編集

  1. ^ ただし、2012年12月22日(ニッポン放送)放送分の作品『キーーーーーーーーーーーーーーリンだ!!』(第43回一般の部最優秀賞)では、飯田も一部の登場人物を演じた。
  2. ^ ただし、『童話の花束』公式サイトでは『ミッチャン・インポッシブル』内包であることが伏せられていた
  3. ^ 放送時間はミッチャン・インポッシブルの時間

外部リンク編集