Jr. TAG BATTLE OF GLORY

Jr. TAG BATTLE OF GLORY(ジュニア・タッグ・バトル・オブ・グローリー)は、全日本プロレスが開催するジュニアヘビー級選手によるタッグリーグ戦である。

2014年の新体制になってからはじめてのジュニアタッグリーグであり、シングルリーグであるJr. BATTLE OF GLORY同様、それまでのJUNIOR HYPER TAG LEAGUEとは時期を大幅にずらしている(以前が3月から4月であったのに対して第1回大会は10月)。

大会結果編集

2014年大会編集

参加5チーム
内容

優勝チームには、世界最強タッグ決定リーグ戦の出場権が与えられる。リーグ戦全試合終了後に、2位チームが同点で並び、急遽決勝進出決定戦が行われた。10月22日後楽園ホール大会にて石井慧介&高尾蒼馬組を下して決勝戦に進出した青木篤志&佐藤光留組が決勝で金丸義信&ウルティモ・ドラゴン組にも勝利して初回大会優勝を果たすと同時に、世界最強タッグ出場の切符を手にした。

2015年大会編集

参加5チーム

2016年大会編集

参加5チーム

2017年大会編集

参加5チーム

2018年大会編集

参加7チーム
内容

例年10月に開催されていたリーグ戦を8月に繰り上げて行われる今大会は大会最多の7チームが参加。近藤はDRAGON GATE退団以来、望月と14年ぶりに対戦。ブラック・タイガーⅦのパートナーとして発表されていた中島が出場をボイコットし、代わりに「ブラックめんそーれ」なるマスクマンが出場した。リーグ戦は4チームが6点で並び最終日を迎えたが、最後の公式戦で岩本組が青木組を下し優勝した。

2019年大会編集

参加6チーム
内容

当初は青木篤志&佐藤光留と岡田佑介&フランシスコ・アキラがエントリーされていたが、同年6月3日に青木が急逝。後日、岡田がエボリューションによるタッグでの参加を訴え、急きょ組合せが変更された[1]

2020年大会編集

参加8チーム
ルール
ワンデートーナメントで開催。1回戦・準決勝は10分1本勝負、2カウントルール。場外カウントは廃止し、場外へ出た時点で反則カウントを行う。時間切れ引き分けの場合、チームの合計体重の軽い方が勝ち。合計体重が同じだった場合、合計キャリアの短いチームが勝ち。決勝戦は時間無制限1本勝負、3カウントルール[2]
内容
コロナ禍による影響を受け開催が見送られた2020年大会を、佐藤光留が主催・全日本プロレス共催の形式で開催[3]。なお、当初は岡田佑介が植木と組み出場予定だったが、岡田が年内での全日本プロレス退団を表明したため、主催者判断で出場を見送り、かわりにアキラが起用された[4]
ブラックめんそーれ&SUSHIのベテランチーム、「陣 JIN」岩本&阿部を破った青柳&HAYATOと、飯塚&井土、「Enfants Terribles」大森&児玉を破った佐藤&田村が決勝戦に進出。30分を超える熱戦の末、田村がHAYATOを降し優勝した[5]

脚注編集

[脚注の使い方]