Junicode(ジュニコード、ユニコード)は、バージニア大学のPeter S.Bakerによって開発されたUnicodeのフォントである。Junius-Unicode(ユニウス-ユニコード)を略して名づけられた。

Junicode
Junicode.svg
様式 セリフ
デザイナー Peter S. Baker
ライセンス SIL Open Font License
サンプルテキスト
サンプル

最新版は0.7.8である[1]。現在のバージョンには約3300の字体が含まれる。フォントはSIL Open Font Licenseに基づいてソースが公開されており、通常のフォントに加えボールド・イタリックのバージョンが利用可能である。17世紀のClarendon Pressで用いられていた書体に類似する。

Junicodeは、ヨーロッパ中世のテキストで用いられていたフォントを含んでおり、当時のテキストを表示するのに適している。また、合字(リガチャ)も用意されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Junicode font - Browse /junicode at SourceForge.net” (2012年12月30日). 2013年8月23日閲覧。

外部リンク編集