メインメニューを開く

韓国におけるサッカーの最上位リーグであるKリーグ2012年シーズンFCソウルが優勝した。現代オイルバンク英語版の協賛により現代オイルバンクKリーグ2012: 현대오일뱅크 K리그 2012, : Hyundai Oilbank K-League 2012)が正式なリーグ名だった。

現代オイルバンクKリーグ2012
シーズン 2012
優勝 FCソウル
降格 光州FC
尚州尚武フェニックス
ACL FCソウル
浦項スティーラース
全北現代モータース
水原三星ブルーウィングス
試合数 338
ゴール数 886 (1試合平均2.62)
得点王 モンテネグロ デヤン・ダミヤノヴィッチ
ソウル), 27ゴール
最大差勝利ホーム試合
光州 6 – 0 全南
(6月23日)
済州 6 – 0 全南
(7月21日)
ソウル 6 – 0 釜山
(7月21日)
最大差勝利アウェー試合
大邱 1 – 5 全北
(6月17日)
最多得点試合
8ゴール
全北 5 – 3 慶南
(6月24日)
最多連勝記録
8試合
全北(5月11日-7月1日)
最多連続負け無し記録
15試合
全北(4月27日-7月28日)
最多連続勝ち無し記録
12試合
仁川(4月1日-6月17日)
光州(4月1日-6月17日)
最多連敗記録
6試合
大田(3月4日-4月7日)
最多観客動員
50,787人
ソウル v 水原
(8月18日)
最少観客動員
82人
仁川 v 浦項
(6月14日)
平均観客動員 7,045人
2011英語版
2013英語版

前年までのチャンピオンシップ(リーグ上位によるプレーオフ)が廃止され、この年だけの制度として「スプリットシステム」が導入された[1][2]。16チームがホーム・アンド・アウェーの30試合を終えた後、成績に応じて上位と下位で8チームずつ2つのリーグに分けられ、各々のリーグ内でさらにホーム・アンド・アウェーの14試合を行う[1][2]。グループA(上位リーグ)の1位が優勝チームとなり、1位から3位までがAFCチャンピオンズリーグ2013出場権を獲得する。グループB(下位リーグ)の下位2クラブは2部リーグに降格する。チームの勝ち点や個人記録はリーグ分割前後の合計になる[1][2]

リーグ優勝賞金は前年までの3億ウォンから5億ウォンに引き上げられた[2]

9月11日、韓国プロサッカー連盟はリーグ成績にかかわらず尚州尚武フェニックスの2部リーグ降格を決定した[3]。兵役期間中の選手がプレーする尚州尚武では選手がクラブとプロ契約を交わしていないためアジアサッカー連盟(AFC)が求める要件を満たしておらず、KリーグのクラブがAFCチャンピオンズリーグ参加資格を失うおそれもあることから、連盟は同クラブの降格を決めた[3]。尚州尚武は残り試合をボイコットし、対戦相手の不戦勝となった。

参加チーム編集

2012年のKリーグ参加クラブ所在地
クラブ 都市 スタジアム 2011年順位
(プレーオフ順位)
釜山アイパーク 釜山 釜山アジアド主競技場 5位(6位)
全南ドラゴンズ 光陽 光陽サッカー専用球場 7位
大邱FC 大邱 大邱スタジアム 12位
大田シチズン 大田 大田ワールドカップ競技場 15位
江原FC 江陵
春川
江陵総合運動場
春川総合運動場英語版
16位
光州FC 光州 光州ワールドカップ競技場 11位
慶南FC 昌原 昌原サッカーセンター 8位
仁川ユナイテッドFC 仁川 仁川サッカー競技場 13位
済州ユナイテッドFC 西帰浦 済州ワールドカップ競技場 9位
全北現代モータース 全州 全州ワールドカップ競技場 1位(優勝)
浦項スティーラース 浦項 浦項スティールヤード 2位(3位)
尚州尚武フェニックス 尚州 尚州市民運動場英語版 14位
城南一和天馬 城南 炭川総合運動場 10位
FCソウル ソウル ソウルワールドカップ競技場 3位(5位)
水原三星ブルーウィングス 水原 水原ワールドカップ競技場 4位(4位)
蔚山現代 蔚山 蔚山文殊サッカー競技場 6位(準優勝)
監督交代
チーム名 前監督 退任形式 退任日 順位 新監督 就任日 順位
大邱   李咏眞[4] 解任 2011年10月31日 開幕前   モアシル・ペレイラ英語版[5] 2011年11月2日 開幕前
全北   崔康熙 辞任 2011年12月21日 開幕前   李興實 (暫定) 2011年12月21日 開幕前
尚州   金泰完 (暫定) 解任 2011年12月29日 開幕前   朴恒緒 2011年12月29日 開幕前
仁川   許丁茂[6] 辞任 2012年4月11日 15位   金奉吉(暫定) 2012年4月13日 15位
江原   金相鎬[7] 辞任 2012年7月1日 14位   金鶴範[8] 2012年7月6日 14位
全南   鄭海成[9] 辞任 2012年8月10日 15位   河錫舟[10] 2012年8月14日 16位

監督およびユニフォーム編集

クラブ 監督1 キットスポンサー1 メインスポンサー1
釜山アイパーク   安益秀 プーマ 釜山銀行英語版
全南ドラゴンズ   河錫舟 Kelme英語版 POSCO
大邱FC   モアシル・ペレイラ英語版 ヒュンメル 大邱銀行
大田シチズン   柳想鐵 ロット It's Daejeon
江原FC   金鶴範 ミズノ High 1 Resort
光州FC   崔萬喜 ホマ(Joma) 光州銀行
慶南FC   崔震澣 ヒュンメル STX
仁川ユナイテッドFC   金奉吉 ルコックスポルティフ 新韓銀行
済州ユナイテッドFC   朴景勲 Astore SKエナジー
全北現代モータース   李興實 (暫定) ヒュンメル ヒュンダイ・i40ヒュンダイ・サンタフェ
浦項スティーラース   黄善洪 Kappa POSCO
尚州尚武フェニックス   朴恒緒 Jako英語版 尚州市
城南一和天馬   申台龍 ウールスポーツ McCOL
FCソウル   崔龍洙 ルコックスポルティフ Xii
水原三星ブルーウィングス   尹星孝 アディダス サムスンSMART TV
蔚山現代   金鎬坤 ディアドラ Hyundai Oilbank英語版

外国籍選手編集

各チームが保有できる外国籍選手はアジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手1人(アジア枠)を含めて4人までだった。試合ではアジア枠1人を含めて最大4人が同時に出場できた。

クラブ 1人目 2人目 3人目 アジア枠
釜山アイパーク   エデル・バイアーノ英語版   ファグネル英語版   ジョゼ・モタ   マット・マッカイ
全南ドラゴンズ   マット・サイモン英語版   エナン・シウヴェイラ   ルシオ・フラヴィオ英語版   ロバート・コーンスウェイト
大邱FC   ジネウソン英語版   レアンドリーニョ英語版   マテウス
大田シチズン   ケヴィン・オリス   アレッサンドロ英語版   アレックス・テラ英語版   馬場憂太
江原FC   ムハメド・ジャクミッチ英語版   ウェズレー   イアニス・ジク英語版   島田裕介
光州FC   ジョアン・パウロ英語版   ボグダン・ミリッチ英語版
慶南FC   カイケ英語版   ロニ   ウィルマル・ホルダン英語版   ルーク・デヴェレ英語版
仁川ユナイテッド   ソコル・チカレシ   イヴォ   パウロ英語版   ネイサン・バーンズ
済州ユナイテッドFC   サントス   ジャイール   ヘナン・マルケス英語版   エイドリアン・マダスキ英語版
全北現代モータース   エニーニョ   レオナルド   ウーゴ・ドロゲット   アレックス・ウィルキンソン
浦項スティーラース   デレク・アサモア   ゾラン・レンドゥリッチ英語版
尚州尚武フェニックス N/A N/A N/A N/A
城南一和天馬   エヴェルトン・サントス   ジャエウ   ハビエル・レイナ英語版   ブレンダン・ハミル英語版
FCソウル   アジウソン・ドス・サントス   マウリシオ・モリーナ   デヤン・ダミヤノヴィッチ   エスクデロ・セルヒオ
水原三星ブルーウィングス   エヴェルトン   ステボ   ジェナン・ラドンチッチ   エディ・ボスナー
蔚山現代   マラニョン   ラフィーニャ   フアン・エステバン・ベレス  家長昭博

リーグ成績編集

レギュラーシーズン編集

順位
チーム 試合数



得点
失点
得失差
勝点
出場権・降格
1 FCソウル (C) (Q) 44 29 9 6 76 42 +34 96 AFCチャンピオンズリーグ2013グループステージ1の出場権を獲得 
2 全北現代モータース (Q) 44 22 13 9 82 49 +33 79
3 浦項スティーラース (Q) 44 23 8 13 72 47 +25 77
4 水原三星ブルーウィングス (Q) 44 20 13 11 61 51 +10 73
5 蔚山現代 44 18 14 12 60 52 +8 68
6 済州ユナイテッド 44 16 15 13 71 56 +15 63
7 釜山アイパーク 44 13 14 17 40 51 −11 53
8 慶南FC 44 14 8 22 50 60 −10 50
9 仁川ユナイテッド 44 17 16 11 46 40 +6 67
10 大邱FC 44 16 13 15 55 56 −1 61
11 全南ドラゴンズ 44 13 14 17 47 60 −13 53
12 城南一和天馬 44 14 10 20 47 56 −9 52
13 大田シチズン 44 13 11 20 46 67 −21 50
14 江原FC 44 14 7 23 57 68 −11 49
15 光州FC (R) 44 10 15 19 57 67 −10 45 Kリーグ(2部)に降格
16 尚州尚武フェニックス (R) 44 7 6 31 29 74 −45 27 棄権2

最終更新は2012年12月2日の試合終了時
出典: K-League
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1浦項スティーラーズ韓国FAカップ 2012の優勝によりAFCチャンピオンズリーグ2013出場権を獲得。
2尚州尚武フェニックスは第30節終了後にリーグから脱退した。[11]

節別順位動向編集

      首位&AFCチャンピオンズリーグ2013 グループステージ出場

      AFCチャンピオンズリーグ2013 グループステージ出場

      2013年のKリーグ(2部)へと降格

第1節-第30節編集

チーム \ 節
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
FCソウル 7 5 3 1 5 3 3 3 4 4 4 3 2 1 1 1 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 1 2 1 1
全北現代モータース 3 2 4 6 8 7 5 5 5 5 6 6 4 4 3 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 2
水原三星ブルーウィングス 4 1 1 3 1 2 1 1 1 1 2 1 1 2 2 3 2 2 2 3 3 4 4 3 4 4 4 3 3 3
蔚山現代 4 3 2 4 4 3 3 3 3 3 1 4 5 5 5 5 5 5 4 4 4 3 3 4 3 3 3 4 4 4
浦項スティーラース 12 10 11 8 7 5 7 7 6 8 8 9 7 9 9 7 7 8 8 8 7 6 7 7 7 7 7 6 5 5
釜山アイパーク 12 10 11 15 10 9 9 9 7 6 5 5 6 6 6 6 6 6 6 6 6 7 6 6 6 6 5 5 6 6
済州ユナイテッド 2 4 6 5 3 1 2 2 2 2 3 2 3 3 4 4 4 4 5 5 5 5 5 5 5 5 6 7 7 7
慶南FC 1 8 10 13 13 13 11 14 13 14 14 14 13 11 11 11 11 9 9 9 9 9 9 9 8 9 9 10 10 8
仁川ユナイテッド 15 15 15 14 15 14 15 15 15 15 15 15 15 16 16 16 16 14 15 14 12 12 11 11 11 10 10 8 8 9
大邱FC 7 13 8 7 6 8 8 10 10 7 7 8 8 7 7 8 8 7 7 7 8 8 8 8 9 8 8 9 9 10
城南一和天馬 11 9 14 12 14 15 12 11 9 10 10 7 10 10 8 10 9 10 10 10 10 10 10 10 10 11 11 11 11 11
全南ドラゴンズ 9 14 13 9 11 11 13 13 12 11 11 10 9 8 10 9 10 11 11 11 11 11 13 14 15 15 16 15 15 12
大田シチズン 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 15 14 15 13 13 13 15 16 16 16 16 14 16 15 13 12 13
光州FC 4 7 4 2 2 6 6 6 8 9 9 11 11 13 12 12 12 12 12 13 14 14 14 15 16 14 12 12 13 14
尚州尚武フェニックス 12 10 7 10 9 12 14 12 13 13 12 12 12 14 15 13 14 15 16 16 15 15 15 13 12 12 13 14 14 15
江原FC 9 6 8 11 12 10 10 8 11 12 13 13 14 12 13 14 15 16 14 12 13 13 12 12 13 13 14 16 16 16

最終更新: 2012年8月26日
出典: kleague.com

第31節-第44節編集

チーム \ 節
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
FCソウル 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
全北現代モータース 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
浦項スティーラース 5 5 5 5 4 4 4 4 4 3 3 4 3 3
水原三星ブルーウィングス 4 4 4 3 3 3 3 3 3 4 4 3 4 4
蔚山現代 3 3 3 4 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5
済州ユナイテッド 7 7 7 7 6 7 6 6 6 6 6 6 6 6
釜山アイパーク 6 6 6 6 7 6 7 7 7 7 7 7 7 7
慶南FC 8 8 8 8 8 8 8 8 8 8 8 8 8 8
仁川ユナイテッド 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9
大邱FC 10 10 10 10 10 11 10 10 10 10 10 10 10 10
全南ドラゴンズ 13 12 13 13 13 13 13 13 13 12 12 11 11 11
城南一和天馬 11 11 11 11 11 10 11 11 11 11 11 12 12 12
大田シチズン 12 13 12 12 12 12 12 12 12 13 13 13 13 13
江原FC 16 16 15 15 15 15 14 14 14 15 15 14 14 14
光州FC 14 14 14 14 14 14 15 15 15 14 14 15 15 15
尚州尚武フェニックス 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16

最終更新: 2012年12月2日
出典: kleague.com

対戦成績表編集

第1節-第30節編集

ホーム / アウェー[1] BIP CND DGU DJC GWN GWJ GNM ICU JJU JHM PHS GWJ SIC SEO SSB ULS
釜山アイパーク

0–0

2–0

3–1

1–0

1–2

1–0

1–2

1–1

0–0

0–0

0–0

1–0

0–0

0–0

1–0

全南ドラゴンズ

2–3

0–3

3–1

0–0

2–2

3–1

0–0

1–0

2–3

3–4

0–0

0–1

0–3

1–1

0–1

大邱FC

2–1

1–0

1–1

2–0

1–1

2–3

1–0

2–0

1–5

1–0

2–1

1–2

1–1

0–0

1–0

大田シチズン

0–1

0–1

2–2

0–3

2–1

1–1

0–2

0–3

0–1

0–1

2–2

0–1

0–2

2–1

0–0

江原FC

1–2

3–4

2–0

0–2

0–0

0–3

2–1

1–1

0–1

1–2

0–3

1–2

1–2

1–4

1–2

光州FC

0–2

6–0

2–2

1–2

1–1

0–1

0–0

3–2

0–3

1–1

1–0

1–2

1–2

2–2

0–1

慶南FC

2–0

0–1

4–1

3–0

0–2

2–1

0–0

3–1

0–2

0–1

2–3

2–0

0–1

0–0

3–2

仁川ユナイテッド

0–0

1–0

1–0

2–1

2–0

1–1

0–0

0–0

3–3

1–1

1–0

0–0

3–2

0–2

0–1

済州ユナイテッド

5–2

6–0

2–0

4–1

4–2

0–2

3–1

3–1

1–3

0–1

2–1

1–2

3–3

2–1

0–0

全北現代モータース

0–0

1–1

2–3

0–1

2–1

5–2

5–3

1–2

3–3

2–0

2–0

3–2

0–0

3–0

2–1

浦項スティーラース

2–2

1–0

4–2

0–0

1–2

1–0

0–1

2–1

2–3

1–0

0–1

3–1

1–0

5–0

0–1

尚州尚武フェニックス

1–2

1–2

1–1

1–2

2–1

0–1

1–0

1–0

2–1

0–3

1–2

0–3

0–1

0–3

3–4

城南一和天馬

0–1

1–1

0–0

0–3

1–2

4–2

2–0

1–0

1–1

0–0

0–2

1–1

2–3

1–1

0–1

FCソウル

6–0

2–0

2–0

2–0

3–2

3–2

2–1

3–1

1–1

2–1

2–1

2–0

1–0

0–2

1–1

水原三星ブルーウィングス

1–0

3–2

1–0

2–2

3–0

4–1

0–3

3–1

1–1

0–3

2–0

3–1

2–1

2–0

2–1

蔚山現代

2–1

1–0

1–1

2–0

1–2

2–1

2–1

0–1

2–2

1–1

3–1

2–2

3–0

2–2

3–2

最終更新は2012年8月26日の試合終了時
出典: K-League
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

第31節-第44節編集

グループA

ホーム / アウェー[1] BIP GNM JJU JHM PHS SEO SSB ULS
釜山アイパーク

0–0

1–2

2–2

1–1

0–2

0–1

0–1

慶南FC

1–0

0–0

2–1

0–4

0–3

0–0

1–2

済州ユナイテッド

2–1

2–0

0–1

2–1

1–2

2–1

2–2

全北現代モータース

3–0

2–1

0–0

0–3

1–1

3–1

3–3

浦項スティーラース

0–2

3–3

1–1

3–2

5–0

3–0

3–1

FCソウル

2–1

1–0

1–0

1–0

3–2

1–1

3–1

水原三星ブルーウィングス

2–1

2–1

2–1

1–1

1–2

1–0

0–0

蔚山現代

2–2

3–1

0–0

1–3

0–1

1–2

0–0

最終更新は2012年12月2日の試合終了時
出典: K-League
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

グループB

ホーム / アウェー[1] CND DGU DJC GWN GWJ ICU GWJ SIC
全南ドラゴンズ

2–2

3–1

0–0

1–1

0–0

2–02

2–0

大邱FC

0–1

4–1

2–2

2–0

2–2

2–02

1–0

大田シチズン

1–0

1–0

5–3

1–1

1–1

2–02

1–1

江原FC

2–3

3–0

5–1

1–0

2–1

2–02

0–1

光州FC

1–0

1–1

1–1

1–1

1–1

2–02

2–3

仁川ユナイテッド

0–0

2–1

1–0

2–1

3–2

2–02

0–0

尚州尚武フェニックス

0–22

0–22

0–22

0–22

0–22

0–22

0–22

城南一和天馬

2–2

0–2

1–2

0–1

3–4

1–2

2–02

最終更新は2012年12月1日の試合終了時
出典: K-League
1左縦列のチームがホーム側。
2尚州は棄権したため、KFAは2-0で対戦相手チームの不戦勝とした。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

記録編集

観客動員数編集

順位 チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 FCソウル 451,045 50,787 7,278 20,502 -0.73819897022288−26.1%
2 水原三星ブルーウィングス 445,820 45,192 9,227 20,265 -0.83736209247552−16.2%
3 全北現代モータース 225,261 20,765 4,051 10,239 -0.67888874154621−32.1%
4 浦項スティーラース 193,682 16,866 4,076 8,804 -0.64352021051093−35.6%
5 蔚山現代 164,929 25,395 1,107 7,497 -0.49150986691143−50.8%
6 大邱FC 150,269 21,750 536 7,156 0.10483248417477+10.4%
7 済州ユナイテッド 143,838 16,910 978 6,538 0.41852896506834+41.8%
8 大田シチズン 91,349 10,160 1,842 4,350 -0.30539174389217−69.4%
9 釜山アイパーク 88,236 9,537 929 4,011 -0.55385252692626−44.6%
10 仁川ユナイテッド 81,779 17,662 82 3,894 -0.51494313673631−48.5%
11 江原FC 64,799 6,932 1,241 3,086 -0.52797262617622−47.2%
12 全南ドラゴンズ 63,718 7,040 1,490 3,034 -0.52337415904778−47.6%
13 城南一和天馬 61,278 6,725 588 2,918 -0.42573679603151−57.4%
14 尚州尚武フェニックス 43,630 5,710 1,397 2,909 -0.3446682464455−65.5%
15 光州FC 60,383 10,711 713 2,875 -0.32707622298066−67.2%
16 慶南FC 51,284 5,245 884 2,331 -0.25705778561976−74.2%
リーグ合計 2,168,606 50,787 82 7,326 −35.1%

最終更新:2012年12月2日
出典: K-League
註記:
.

動員数トップ10編集

動員数 開催月日 ホーム スコア アウェー 開催地 曜日 時間
50,787 28 8月18日 FCソウル 0 – 2 水原三星ブルーウィングス ソウル 土曜
45,982 11 5月5日 FCソウル 2 – 1 浦項スティーラース ソウル 土曜
45,192 5 4月1日 水原三星ブルーウィングス 2 – 0 FCソウル 水原ワールドカップ競技場 日曜
43,352 34 10月3日 水原三星ブルーウィングス 1 – 0 FCソウル 水原ワールドカップ競技場 水曜
40,510 38 11月4日 FCソウル 1 – 1 水原三星ブルーウィングス ソウルワールドカップ競技場 日曜
37,519 13 5月20日 水原三星ブルーウィングス 2 – 1 蔚山現代 水原ワールドカップ競技場 日曜
31,156 14 5月28日 FCソウル 3 – 1 仁川ユナイテッド ソウル 月曜
29,019 12 5月13日 水原三星ブルーウィングス 4 – 1 光州FC 水原ワールドカップ競技場 日曜
25,811 4 3月25日 FCソウル 2 – 1 全北現代モータース ソウルワールドカップ競技場 日曜
25,653 17 6月24日 FCソウル 1 – 1 蔚山現代 ソウルワールドカップ競技場 日曜

表彰編集

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b c http://news.sportsseoul.com/read/soccer/1012345.htm
  2. ^ a b c d http://www.kleague.com/news/notice.aspx?search=&page=1&no=1891
  3. ^ a b http://www.goal.com/jp/news/3476/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2/2012/09/12/3371020/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%80%A3%E7%9B%9F%E5%B0%9A%E5%B7%9E%E5%B0%9A%E6%AD%A6%E3%81%AE%E9%99%8D%E6%A0%BC%E3%82%92%E6%B1%BA%E5%AE%9A
  4. ^ “대구, 이영진 감독 전격 경질” (Korean). Osen (Naver). (2011年10月31日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=107&oid=109&aid=0002270238 2011年11月3日閲覧。 
  5. ^ “대구FC, 새 감독에 브라질 올림픽팀 수석코치 모아시르 선임” (Korean). Sports Seoul (Naver). (2011年11月2日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=107&oid=073&aid=0002092737 2011年11月3日閲覧。 
  6. ^ “Former South Korea coach Huh Jung-Moo resigns as Incheon United boss”. Ben Somerford (goal.com英語版). (2012年4月11日). http://www.goal.com/en-ie/news/3908/main/2012/04/11/3028378/former-south-korea-coach-huh-jung-moo-resigns-as-incheon 2012年4月12日閲覧。 
  7. ^ “강원 코칭스태프 경질, 속사정은?” (Korean). Park Sang-Kyung (Sports Chosun). (2012年7月1日). http://sports.media.daum.net/soccer/news/k_league/breaking/view.html?newsid=20120701165122862 2012年7月1日閲覧。 
  8. ^ “강원FC 새 사령탑, 김학범 감독으로...” (Korean). official website (江原FC). (2012年7月6日). http://www.gangwon-fc.com/web/news_board/news_board.php?menuname=4&mode=view&pageNum=&subNum=&board_code=BDAACC01&article_seq=10513&pagenum=1 2012年7月6日閲覧。 
  9. ^ “전남, 정해성 감독 사임” (Korean). official website (全南ドラゴンズ). (2012年8月10日). http://www.dragons.co.kr/news/news_content.asp?mode=view&category=C&boardcode=tb_board_news&idx=9874 2012年8月10日閲覧。 
  10. ^ “전남 드래곤즈, 하석주 감독 선임” (Korean). official website (全南ドラゴンズ). (2012年8月13日). http://www.dragons.co.kr/news/news_content.asp?mode=view&category=C&boardcode=tb_board_news&idx=9879 2012年8月13日閲覧。 
  11. ^ “K-리그 31~44라운드, 상주 없이 그대로 진행”. http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=107&oid=076&aid=0002260771