メインメニューを開く

KIKAIDER00』(キカイダーダブルオー)は、石森プロ早瀬マサトによって雑誌『ホビージャパン』誌上で1999年1月号より2002年1月号まで連載された小説作品。

バンダイより発売されているアクションフィギュア『S.I.C.シリーズ』を用いたディオラマ(情景模型)の特撮写真と共に掲載するという体裁で、基本的にS.I.C.のフィギュアの写真を使用しているため、変身可能な人物は変身後しか登場しない完全な仮面劇の構成となっている。

基本はTV版『人造人間キカイダー』と『キカイダー01』の続編とされているが、随所に原作漫画版を踏襲した場面・設定や他の石森作品(スピンオフ作品を含む)とのクロスオーバーが登場している。

ストーリー編集

かつて世界に魔の手を伸ばしていた悪の組織「ダーク」、「シャドウ」が、光明寺博士によって開発された人造人間・ジローやイチロー達によって滅ぼされてから、何年もの時が経った頃、ジローは謎の失踪を遂げ、兄・イチローや、同志・ビジンダーはジローを捜索し続けていた。

そんなある日、大雨が吹き荒れる天気の中、光明寺博士が牧師を務める教会に落雷とは異なる衝撃が走った。 外に出た彼が教会の屋根の十字架の傍らに見たものは、馴染みのある赤と青、そしてクリアパーツを持つ人造人間だった。それは光明寺博士が約30年振りに見たキカイダーの姿にして、新たなキカイダー『00』。

そしてそれを追うようにグリーンマンティスが現れる。ジローはどこに消えたのか、新たな組織「XASH」とは…? 三体目のキカイダー・00の物語の始まりである。

登場人物編集

キカイダー00/零
本編の主人公。光明寺博士の娘婿・海野博士が開発した人造人間。
当初は別プロジェクトの人造人間として開発が進められていたが、資金不足により開発が頓挫しかけていたところを、謎の人物(=ハカイダー)がスポンサーとなり、「プロジェクト零」の人造人間として開発が続行された。
しかし、完成直前、組み込まれるはずだった「良心回路=ヒューマンサーキット」を、謎の人物により破壊され、その事に危険を感じた海野博士によって義父である光明寺博士のもとに転送された。
良心回路こそ無いものの、高い学習能力とキカイダー、01を超える躯体性能、更に空間転送の際、限定的ではあるが時空間を操る能力を得た事で、ハイスペックな人造人間として完成した。
武装は左右の腕に装着しているクロスチャージャーと光名寺博士等が後に追加した電磁ブレード&ファング。必殺技は十字撃ち(クロスライン)・アークエンド・時空裂断。後にブローアップ(内蔵火器全開放)機構が開放される。
当初、善悪を知らない無垢な子供のようなパーソナリティで、牧師を務める光明寺博士の前に現れ、訳も分からずに秘密結社「XASH」からの刺客・バイオロイド達と戦うことになる。
子供が昆虫を玩ぶ感覚で戦っていたが、自らの恐怖心による逃避で迷い込んだ平行世界での出会い等、様々な経験を経て、成長をしていく。後半では01を兄さんと呼びキカイダーを兄弟と言うなど二人を兄弟と感じていた様子を垣間見せた。
しかし最終決戦の舞台となったXASHの移動要塞「アーマゲドン・ゴッド」において、自身が開発された経緯を知ってしまい、人間に絶望。光明寺博士と共にアーマゲドン・ゴッドを脱出したものの、光明寺博士を残して姿を消した。
身体右側が赤、身体左側が青、身体中心部や二の腕が(匠魂では大腿部内側も)クリアパーツとなっている。空間転送の副作用として、ボディが赤と青のツートンカラーに変色し、キカイダーに酷似した姿になっている。
開発経緯
事の発端は海野博士の嫉妬心であった。
義父であり師匠である光明寺博士の最高傑作であり、結婚した今でも妻ミツコの心に存在し続ける人造人間・ジローを超える人造人間を創る、という目的のために「プロジェクト零」を始動。
そこに謎の人物=ハカイダー=坂本千草が介入、三者三様の思惑が絡み合い誕生した「ハカイダーを破壊する為に、ハカイダーによって創られた人造人間」、それこそがキカイダー00の存在理由だった。
本作はTV版『人造人間キカイダー』と『キカイダー01』の続編であり、TV版に00は登場しない。
原作版に登場する00(零)は、兄との仲違いにより寂しさを感じていたジローが、話し相手を得る為に、光明寺博士が残した設計図を基に製作したことになっている。
キカイダー01/イチロー
光明寺博士に作られた人造人間で、キカイダーの兄に当たる。
今作では故障したと思い自身を機能停止させたジローのために、光明寺博士をビジンダーと共に探し回っていた。00の修理後に現れた、カーマインスパイダーに襲われている光明寺博士達を助け出したことで00と出会う。
『ホビージャパン』2007年7月号で早瀬マサトによって書き起こされた設定にて、完全な良心回路を持っているというTV版の設定は無くなっていることが改めて明記された。
身体右側が赤、左側が青、顔以外の頭部全体、胸部、前腕部がクリアパーツとなっている。
キカイダー/ジロー
光明寺博士が悪の組織ダークに対抗するために製作した人造人間で、左胸に心臓の形をした不完全な良心回路が入っている。
今作では平和になった世の中において有り得ないはずのギルの笛の音を聞き自身が故障したと思い、機能停止状態にあった。しかしハカイダーに洗脳されたビジンダーに再起動させられ、良心回路を引き抜かれた後にXASHに捕らわれ、服従回路を取り付けられてハカイダーの手先となってしまう。
身体右側が青、左側が赤で、赤サイドの所々がクリアパーツとなっている。服従回路装着時の体色は赤の比重が多くなり、これはSICのオリジナルカラーバージョンを元としている。このキカイダーの色の変わる設定は後続の作品とも言える『キカイダー02』にも影響を与えている。[要出典]
ビジンダー/マリ
かつて01とキカイダーと共に犯罪組織シャドウと戦った人造人間。元はシャドウの人造人間だが、イチローに不完全な良心回路を取り付けられジローと同じ茨の道を歩くことになる。
今作では自らを機能停止させたジローのために光明寺博士を捜索していたが、行方不明だったため捜索を打ち切り、自らも電源を切った状態にあった所をハカイダーに捕獲され、服従回路を取り付けられ悪の尖兵と化す。
キカイダーを捕獲し後に01と戦うが、夜間だったために相手を気遣う余裕の無かった01に頭を打ち抜かれて機能停止。ハカイダーによって回収され、スレンダーとカレンダーという二体の女性型人造人間へと分離再生されてしまった。
光明寺伝
元ロボット工学者。TV版では光明寺信彦と言う名前だが、今作では原作漫画版光明寺伝となっている。
ジオラマでは漫画版を思わせる外見で描写されていた。
海野ミツコ
旧姓・光明寺ミツコ。
光明寺伝の娘であり、父の造った人造人間・ジローに対して恋愛感情とも言える想いを持っていた。
その想いを残したまま、父の弟子である海野博士と結婚、ジローへの想いを日記に綴っていたが、それを偶然、夫が知ってしまった事がすべての始まりとなった。
終幕で海野博士の子供を妊娠したことが判明した。
プロフェッサーギル
犯罪組織ダークの首領。
本名はアレクサンドル・ポマレンコといったが、幼き頃に落盤事故に遭い、父や他人の人肉を食らって生き延びた為に悪鬼の如き顔となり、人々に追われて国を捨てている。その後ギル・ヘルバートと名乗り光明寺博士に接触、自然警備員の名目で人造人間を作成させている。しかしキカイダーによってダークは滅ぼされ、自身はその脳をハカイダーに移植して生き長らえる。
シャドウと共に滅んだと思われていたが、アーマゲドンゴッドの内部に自身の脳を設置、巨大なサイボーグとも言える状態となった。
ハカイダー
秘密結社XASH(ザッシュ)の総統にしてキカイダー00開発に関与した「謎の人物」の正体。
本作では光明寺博士の妻であり、ミツコの母であり、そしてプロフェッサー・ギルの愛人でもあった坂本千草の頭脳が移植されている。
XASHを創設し、世界を支配する力と宿敵キカイダーをも手中にしたが、その後急速に虚無感に襲われる。
また、頭部に据え付けられた千草の脳は、脳だけが存在する自身の歪んだ生に精神を病んでいく。
二つの相反する人格を持った彼は、自らの破壊衝動を満たす「宿敵」を、坂本千草は脳だけの存在となった自身に「人間としての死」を与える存在を求めた。
00の最後の部品である「良心回路」を取り付ける直前に破壊したのは、仮に組み込まれれば、広い意味で「人間」であるハカイダーを破壊はおろか攻撃すら出来なくなる為である。
当初は『キカイダー01』でのハカイダー同様、脳の持ち主の意識とハカイダーのパーソナリティーは関係が強いと思われていたが、前述の通りキカイダー00の開発には彼女の思惑も多分に含まれている事が終盤明らかにされている。最後は激怒したキカイダー00によって頭部を切断されるも、怨念のようなものだけで動いていた。
本作では6時間ごとに血液交換が必要という設定で、悪魔回路は左胸に入っている。
デザインはスピンオフ作品である『人造人間ハカイダー』寄りにリメイクされている。
ブルーハカイダー・シルバーハカイダー・レッドハカイダー
青ワニ・銀エビ・朱ムカデからハカイダーが復活させた。
スレンダー・カレンダー
ハカイダーの忠実な部下であり、元々のビジンダーとは似ても似つかない性格となった。外見はビジンダーの色替え。
ブライダー/海野博士
義父である光明寺博士に対抗心を、妻ミツ子の心に住み続けるジローに嫉妬心を燃やす。ブライダーは武者姿であるが、光明寺博士を殺そうとしたときハカイダーに殴られ、仮面が一部外れて素顔が露出した。01が連れていたキカイダーを修理し、その良心回路を完全なものにした。
K
平行世界における00。性能はロボット刑事Kのブローアップ機構搭載後に準じている。プロフェッサーギルの超能力によって平行世界に飛ばされた00と戦い、倒される。このブローアップ設定が『キカイダー01 THE ANIMATION』に生かされることになる。[要出典]
V3
平行世界における仮面ライダーV3。00が迷い込んだ太陽が三つある平行世界[1]の戦士。この世界ではライダーマンはプルトンロケットに乗ったまま死亡しており、ライダーマンの形見のカセットアームを改造した瓢箪型の銃を、武器として使っている。
核戦争で人類が滅んだ後、1000年もの間、砂漠をさまよい死に場所を求めて彷徨っていた。核の炎によって生まれた突然変異の砂竜では相手にならず、偶然出会った00と戦い死亡したことが示唆されている。「人生に悔い無し…」と00に微笑んでいる。
外見はキカイダー00に酷似し、頭部から胸部にかけてクリアーパーツが走っているが。これはデストロン以降の組織との戦いで強化改造を余儀なくされた結果とされている。
デザインは、石ノ森章太郎が生前温めていた企画の一つで「帰ってきたV3」のタイトルが付けられたパワーアップした仮面ライダーV3のラフ画がベースとなっている[2]
スカルマン
『KIKAIDER00』劇中においては都市伝説に登場する白いバイクに乗った髑髏仮面と言われている。そのディテールは年を追うごとに変化し、バイク事故にあった若者達の亡霊かとも噂された。
その正体は仮面ライダー。劇中において光明寺博士はこの噂を聞いた時に、行方不明となった友人の緑川博士が絡んでいるのではと憶測していた。
『KIKAIDAR00』がムック化された際の最新情報では鏡の中に目撃したとされている。
劇中ではイメージシーンのみに旧一号が登場。その際には脇に初期ショッカー怪人蜘蛛男、頭上に蝙蝠男死神カメレオン蠍男蟷螂男コブラ男サラセニアン人間ゲバコンドル)が並べられていた。
立花藤兵衛
スカルマンの正体を知るとされる老人。ある新聞記者に「その髑髏仮面は人類の平和の為に戦っているのだ」と説いている。

XASH(ザッシュ)編集

バイオロイド編集

XASHが旧ダーク破壊部隊と旧ダーク新生破壊部隊と旧ハカイダー部隊の朱ムカデ・銀エビ・青ワニを元に作った人工生命体。アーマゲドンゴッドの内部に存在する子宮(マトリクス)と言う完全に管理された場所でXASHの科学者達に育成されている。

その開発には超能力を持った新人類(ミュータント)の変身能力を解析した物が使用されているとも言われ、未確認ではあるが、新人類帝国と名乗る集団との技術交換のようなことを行ったとされている。

ただし餌や管理もアーマゲドンゴッドのコンピューターに依存しているため、事故が起こるとバイオロイド同士での共食いを始めた事例もある。人間のような意識を持つ者もいるようだが白骨ムササビのように本能のまま暴れ回る物もいる。

グリーンマンティス/群体グリーンマンティス
最初に登場したバイオロイドで、メスの性別を持つ。右ガマのブーメランマンティスカットを持ってキカイダー00と戦うが、目覚めたばかりで精神が子供に近い状態の00に惨殺されてしまう。
だがこの戦いの直前に、光明寺博士の車に発信機を仕込んだ卵を産み付けており、エンジン熱で温められた卵からは多数の小型グリーンマンティスが孵化。光明寺博士に纏わりついて実体を得る。光明寺博士の血液を吸って生かさず殺さず人質にするが、平行世界より帰還した00に湖に沈められ、光明寺博士から離れた所を00の必殺十字撃ちで倒される。
グレイサイボーグ
グリーンマンティスの産んだ卵の発信機に従って00と光明寺博士に襲い掛かった。以前の同型ロボット「グレイサイキング」と異なり、半生物体である。
00の必殺技アークエンドの電磁エネルギーを角の中に蓄積し、逆流させることで00の両腕を吹き飛ばした。00をあと一歩の所まで追い詰めるが、ハカイダーに洗脳されたキカイダーに襲われ倒された(ただしこのキカイダーの行動は、あくまでも自分の獲物と認識した00を横取りされないためのもの)。
カーマインスパイダー
ロボット工学研究所にいる光明寺博士、海野ミツコを次々と蜘蛛の巣に捕らえて00をもその餌食にしようとした。また自身の蜘蛛の巣を芸術作品と考えており、00をもオブジェにしようとしていたが、00の新装備「電磁ブレード」の次元レベルのカマイタチ現象によって蜘蛛型の下半身を吹き飛ばされた上、01によって自身の蜘蛛の巣による首吊り状態にされて死亡する。
朱ムカデ・青ワニ・銀エビ
ハカイダーのために改造手術を受けてレッドハカイダー・シルバーハカイダー・ブルーハカイダーに生まれ変わる。
白骨ムササビ
かつてハカイダーを倒したロボットに酷似した姿を持つバイオロイド。キカイダーの暴走によって胴体着陸を余儀なくされて行き着いたアーマゲドンゴッド内部の機能が停止したマトリクスで行われていたバイオロイド同士の共食いにより、自らも肉体の一部を喰われてしまっている。
レッドハカイダーの脳髄を食べ人肉の味に目覚めた後、ブラックホースやブルーバッファローと言った同士すらも食らい、光明寺博士にも襲い掛かるが01によって阻まれ、その左腕を食いちぎった。
しかし千草の意識が覚醒したハカイダーの策略により、ギルの巨大な脳髄を狙うが、怒ったギルの超能力によってアーマゲドンゴッドの外にテレポートされた挙句、ギルの操作するアーマゲドンゴッドの巨大な腕に掴まれ潰されてしまう。
ブラックホース&ブルーバッファロー
文中のみ登場。立体モデルは作られていない。白骨ムササビにそれぞれ首と角を食い千切られて絶命している。

登場マシン編集

サイドマシーン
キカイダーの愛車。乗り捨てられていたものをイチロー等が発見し光明寺博士と共に強化改造を施した。その結果、サイドカー部分がカーゴベイとなり、内部にはガトリング砲など様々な重火器が搭載されている。
イチローの手によってアーマゲドンゴッドの内部に呼び出され、最終的にはキカイダー・ジローの機転により、光明寺博士を救うための脱出ポッドとして使われた。
ダブルマシーン
文中のみ登場。作品に登場することは無かった。
アーマゲドンゴッド
XASHの遮光器土偶を模した最終兵器。内部にプロフェッサーギルの頭脳が搭載されている(製作されたモデルでは『鉄甲機ミカヅキ』の複製を元に製作され裏側はミカヅキそのままになっているらしい)。
白いカラス(闇夜のカラス)
ハカイダーの愛車。ハカイダーが01に敗れたビジンダーを回収に赴いた際に使われた。強化改造を繰り返した結果、重量感溢れるデザインに変更された、と説明されている。
後に01によってアーマゲドンゴッド内部で発見され、自身の搭乗と機能停止したキカイダーの運搬に使用されている。煤けて白い部分が黒くなっていたため、01は闇夜のカラスと皮肉った名を付けた。

タイトルリスト編集

序章
「序章・哀しき天使ビジンダー」Prologue:001
「序章2・キカイダー迷走」Prologue:002
第1章
「誕生!! キカイダー00」Chapter:001
「死闘!! グリーンマンティスVS00」Chapter:002
「地獄の使者グレイサイボーグ」Chapter:003
「逆襲! ダブルキカイダー」Chapter:004
第2章
「残害! キカイダー01」Chapter:005
「悲しき玩具、そして冥王降臨」Chapter:006
「蜘蛛の糸」Chapter:007
「蜘蛛舞」Chapter:008
「邂逅」Chapter:009
「ハカイダー四人衆」Chapter:010
「寄生」(パラサイト)Chapter:011
「叛乱」Chapter:012
「ガッタイダー」Chapter:013
「1000年の孤独」Chapter:014
「シンクロニシティ」Chapter:015
第3章
「兄弟」Chapter:016
「残存…」Chapter:017
「サンクチュアリ」Chapter:018
「神躯」Chapter:019
「狂鬼」Chapter:020
「破戒」Chapter:021
「メギド」Chapter:022
「黒い聖母」Chapter:023
「神審人」(サニワ)Chapter:024
「心霊」(スピリチュアル)Chapter:025
「GILL」Chapter:026
「混沌」Chapter:027
「黒と白」Chapter:028
「赤」Chapter:029
第4章
「青」Chapter:030
「楯」Chapter:031
「断罪」Chapter:032
「業」Chapter:033
終章
「終章・帰還」Epilogue

スタッフ編集

関連書籍編集

脚注編集

  1. ^ 『四次元半 襖の下張り』にも、「太陽が三つある平行世界」が登場。そちれでは、『サイボーグ009』の004と同じデザインの戦士がサイボーグ戦士と死闘を演じている。
  2. ^ 帰ってきた仮面ライダーV3”. 2019年7月14日閲覧。

関連項目編集