Kura Master(クラ マスター)は、2017年からフランスで始まったフランス人ソムリエによるフランス、欧州市場での日本酒の普及を目的にした日本酒コンクール[1]。2021年度コンクールより本格焼酎・泡盛部門を新設[2]

概要編集

主催はAssociation de Kura Master(所在地:パリ)。

審査委員長は、パリで最も格式と歴史を持つホテル・ド・クリオンのシェフ・ソムリエでもあるグザビエ・チュイザ(Xavier Thuizat)。運営委員長は、フランスでソムリエや日本酒の輸入販売をしている宮川圭一郎[3]

日本酒全体の約3%に当たる大吟醸や純米酒の特級クラスの日本酒の輸出が、日本政府の政策も後押して拡大を続けている中、フランスでは2008年からの約9年間で、輸出額が3倍以上、2014〜2017年の3年間で2倍に伸びている。当コンクールは、フランスだけでなく、世界の日本酒の輸出拡大に影響を与えるコンクールとして関係者の信頼を集めている[4]

第5回目の開催となる2021年度より本格焼酎・泡盛部門を新設し、日本酒コンクールと並んで本格焼酎と泡盛のコンクールを開始する。本格焼酎と泡盛を名称にしたコンクールは世界でも例がなく、過去10年間、約30%の蒸留酒需要を安定して持ち、コロナ禍でさらにこの市場が拡大している当地で、第3の和製アルコールとして欧州での知名度向上を目指す。同部門の審査委員長には、国家最優秀職人章(MOF)の資格を持つクリストフ・ダヴォワンヌ(Christophe Davoine)が就任している[2]

審査方法・基準[5]編集

日本の日本酒コンクールとは異なり、ワイン品評会のテイスティング方法を取り、全てブラインドテイスティングで行われる。ワイングラスを使用し、評価は100点満点の加点方式。

審査基準はフランス人・フランスマーケットに向けて設定されている。

プラチナ賞は100~93ポイント、金賞は92~80ポイントまで。

プラチナ賞に選出された出品酒の中から、審査委員長がプレジデント賞、審査委員会が各部門の審査員賞を決定する。

審査員メンバー編集

全体の特徴[5]

審査委員長グザビエ・チュイザを筆頭にフランス人を中心としており、国家最優秀職人章(MOF)の保有者をはじめ、フランスの一流ホテルのトップソムリエやバーマン、専門店またレストラン、ホテル、料理学校など飲食業界の現役従事者で構成。

グザビエ・チュイザ(Xavier Thuizat)ー Kura Master審査委員長・日本酒コンクール審査委員長

ブルゴーニュ地方ボーヌ出身。ベルナール・ロワゾー、ムーリス、ピエール・ガルニエールといったミシュラン3つ星レストランでソムリエとしての経験を積む。パレスホテルの一つペニンシュラの改築後のカーヴ創設を行い、ホテル内のレストランのシェフソムリエに就任。2017年夏に新装オープンのパレスホテル、ホテル・ド・クリオンにシェフソムリエとして招致されカーヴを創設。日本酒との出会いは2014年と比較的最近ではあるが、ワインがたどり着けない食材とのマリアージュを見出し,一瞬で恋に落ちた(本人談)。その後日本各地の蔵元を訪ね歩き研究を重ねる。現在はフランス人への日本酒講演会も主催しており[6]、これまでの日本酒に関する活動が認められ2020年酒サムライを叙任した[7]

「昨今のフランス料理には、健康志向が定着しています。量より、素材の厳選が重視され、美味しくて軽いものが、主流です。そんな中、良質の有機野菜を使ったスープなどには、ワインより日本酒が合わせやすいと実感しています。また、マリネされたものや軽く酸味のあるお料理にも日本酒は、素敵なハーモニーを作り上げます。」と明言している。

パズ・ルバンソン(Paz Levinson)ー Kura Master審査委員会 副委員長

アルゼンチン出身。2015年、APAS-ASI アメリカソムリエコンクール優勝。2016年、ASI 世界ソムリエコンクール4位。AAS アルゼンチンソムリエコンクール優勝2回。2018年よりGroupe Picのエグゼクティブシェフソムリエを務める。日本酒に初めて出会った2011年以降日本酒についての研鑽を重ね、VIRTUS、その後現在のGroupe PICにて日本酒とフランス料理とのペアリングを提供している[8]。(www.kuramaster.com)

クリストフ・ダヴォワンヌ(Christophe Davoine)ー Kura Master本格焼酎・泡盛コンクール審査委員長

2004年から12年間、優秀なバーマンを教育することで定評のあるパリのディズニーランドグループに勤務。2015年バーマンとして国家最優秀職人章(MOF)を取得。2016 年リニューアルオープンしたパリの5星ホテル、ペニンシュラホテル・バーの責任者として従事している間にグザビエ・チュイザと出会う。2017年7月、リニューアルしたホテル・ド・クリオンでシェフ・バーマンとして勤務。2018年7月より自身のコンサルタント事務所「Bar Excellence」を立ち上げる。世界のラグジュアリーホテルのバーでコンサルタント、教育、新商品開発などに従事。フランス・バーマン協会役員[2]

推移編集

 
2019年Kura Master Top14受賞蔵元との記念写真(パリOECD大使公邸)
 
2018年Kura MasterTop12受賞蔵元との記念写真(パリ日本文化会館)あい

第1回コンクール(2017年)

2017年2月6日にエントリーの受付を開始し、3月末日終了。仏市場への関心の高さを反映し、日本全国の酒蔵数の約2割に相当する220社から、計550銘柄(当初目標250銘柄)が集まった。カテゴリー別には、純米部門284種類、吟醸部門266種類でこれらのエントリー酒は、6月26日にパリ市内で32名のフランス人トップ・ソムリエ達によって審査され、金賞、プラチナ賞、特別審査委員賞、プレジデント賞が選出された。

第2回コンクール(2018年)

第1回から100本多い計650銘柄がエントリーし、2018年5月28日、58名のフランス人ソムリエらによって審査が行われた。第1回と同じく純米大吟醸酒・純米吟醸酒部門、それに加えにごり酒部門を加えた3部門で執り行われた。審査員の面々には最高級5つ星ホテルや2・3つ星レストランで活躍するソムリエたちが多く占め、所属先の星の総数は80超となった[9]

 
2017年Kura MasterTop10受賞酒とチュイザ審査委員長

第3回コンクール(2019年)

フランス各地から集まったトップソムリエやバイヤーなどプロ93人が720銘柄の日本酒を審査した。年々、日本酒エントリー数及び、フランス人のトップソムリエを擁する審査員数を集め、国際的に注目される日本酒コンクールとしての成長を見せた[10]

第4回コンクール(2020年)

新型コロナの影響下で延期を余儀なくされた第4回コンクールは、2020年8月31日に感染防止対策徹底の上で審査会を実施。トップソムリエら51名の審査員が参加し、824銘柄の審査が厳正に行われた。授賞式は、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止および、日本からの渡航が困難であることを鑑み、在仏日本国大使館とKura Masterパリ本部、日本各地の受賞蔵元をオンラインで繋ぐ形でLIVE配信された[11]


コンクールの結果は、Kura Master公式サイトでも公開されている。

受賞酒一覧編集

開催年 日本酒/

本格焼酎・泡盛

プレジデント賞 審査員賞
部門 受賞酒 部門 受賞酒
第1回

2017年

日本酒 純米酒 七田純米吟醸雄町50 (天山酒造) 純米

大吟醸

花の香 桜花(花の香酒造)
第2回

2018年

日本酒 純米酒 ちえびじん 純米酒(中野酒造) 純米酒 七本鎗 純米 渡船(冨田酒造)
純米

大吟醸

山田錦 純米大吟醸 雑賀(九重雑賀)
にごり酒 八鹿 にごり酒(八鹿酒造)
第3回

2019年

日本酒 純米

大吟醸

勝山 純米大吟醸 伝

(仙台伊澤家勝山酒造)

純米酒 臥龍梅 純米吟醸 山田錦(三和酒造)
純米

大吟醸

櫻正宗 金稀 純米大吟醸四◯

(櫻正宗)

スパークリング

Soft

吉乃川  酒蔵の淡雪(吉乃川)
スパークリング

Standard

スパークリング酒 好(土佐酒造)
第4回

2020年

日本酒 純米

大吟醸

作 智  純米大吟醸滴取り

(清水清三郎商店)

純米酒 超特撰白雪江戸元禄の酒(復刻酒)原酒

(小西酒造)

純米

大吟醸

千福 純米大吟醸 蔵 (三宅本店)
スパーク

リング

MIZUBASHO PURE (永井酒造)
山田錦 戦勝政宗 純米大吟醸 竹に雀

(仙台伊澤家勝山酒造)

雄町 セトイチはるばる (瀬戸酒造店)
出羽燦々 小嶋屋 無題 壱 (小嶋総本店)

脚注編集

外部リンク編集