メインメニューを開く

KUROBEアクアフェアリーズ

KUROBEアクアフェアリーズ(クロベ アクアフェアリーズ、KUROBE AQUA FAIRIES)は、富山県黒部市を本拠地とする、女子バレーボールクラブチームである。2018年7月現在、V.LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。

KUROBEアクアフェアリーズ
原語表記 KUROBEアクアフェアリーズ バレーボールチーム
ホームタウン 富山県黒部市
クラブカラー 水色
創設年 1998年3月
所属リーグ V.LEAGUE Division1
チーム所在地 富山県黒部市
体育館所在地 富山県黒部市
代表者 井上孝[1]
監督 丸山貴也[2]
ホームページ 公式サイト
 表示 

目次

概要編集

1998年3月に、2年後に開催される富山国体の強化チームとして富山県黒部市に発足[3]1999年V1リーグ(現・V・チャレンジリーグ)昇格。富山国体後も活動を存続している。

クラブチームとして複数のスポンサーをつけて運営していて、選手に労働協力をするスポンサーも存在する[4]

チーム名の『アクアフェアリーズ』とは、名水の里「黒部」で生まれた水の妖精たちにちなんでつけられた[5]。チームマスコットは「アキュ」である[5]

練習場はチーム所在地でもある黒部市総合体育センターであり[5]、ホームゲームもここなどで開催される。

ファンクラブも設立されている。

歴史編集

1998年3月に結成。1999年に全国実業団優勝大会で優勝しV1リーグ(現・V・チャレンジリーグ)に推薦され、V1リーグ入りとなる。1999/2000シーズンの第2回V1リーグは1勝13敗の最下位で終わり、入替戦で勝利しV1リーグに残留する。

2000年、富山国体で準優勝を果たした。国体終了後もチームは存続され、2000/01シーズンの第3回V1リーグに参戦するが、14戦全敗と、V1リーグの壁に直面した。入替戦も初戦で敗れ追い込まれるが、第2戦をストレートで勝ち、セット率で逆転してV1リーグ残留を果たした。2001/02シーズンの第4回V1リーグでも最下位になるが、入替戦で連勝し、またも降格を逃れた。

3チームが地域リーグ等から昇格してきた2002/03シーズンの第5回V1リーグでは、9勝5敗と一気に順位を上げて3位につけた。2003/04シーズンの第6回V1リーグでは、Vリーグ(現・V・プレミアリーグ)10チーム化でVリーグから降格したチームがいなかったこともあり、11勝1敗で初優勝を果たした。しかし、Vリーグ昇格をかけた入替戦で茂原アルカスに連敗しVリーグ昇格はならなかった。

2004/05シーズンの第7回V1リーグでは3位となり、Vリーグ入替戦出場を逃す。第8回V1リーグは4位となった。2006/07V・チャレンジリーグ(V1リーグより改称)では、戦力の大幅な入れ替えもあり戦力が整わず、5勝9敗の6位と低迷する[3]。2007/08V・チャレンジリーグでは、1種13敗の最下位(8位)となった(チーム増加のため入替戦は行われなかった)。2008/09V・チャレンジリーグでは8勝10敗とやや盛り返して7位となる。

2009/10V・チャレンジリーグでは、開幕戦の大野石油広島オイラーズ戦がVリーグ史上初となる不戦勝(25-0・25-0・25-0でストレート勝ちの扱い)となる珍事が起こった(大野石油広島の選手が前日に新型インフルエンザを発症して試合を棄権したため)[6]。その次の試合で大幅な補強をした上尾メディックスを破るなど調子を上げ、レギュラーラウンド4位で上位リーグに進出するが、上位リーグではホームゲームで連敗するなど振るわず5位で終える。以降、リーグ上位を保つようになり、2010/11V・チャレンジリーグでは5位。2011/12V・チャレンジリーグでは終盤に上尾から勝利を挙げるなど躍進して3位に入った。2012/13V・チャレンジリーグでは5位となった。

KUROBEアクアフェアリーズは、Vリーグ機構が2018-19シーズンをめどに発足させる予定の「スーパーリーグ(仮称)」1部(S1)への参入を目指しており、参入資格条件の一つに法人格であることが必要なため、2017年7月下旬に一般社団法人を設立し、黒部市体育協会が運営する任意団体から法人格へ移行し[1]、同年9月に1部(S1)参加のライセンスを取得した。また決定力強化のため、元アメリカ代表のスパイカー、ジュリアン・ジョンソンを獲得した[7][8][9]

ジュニアチームとして「アクアジュニア」が活動している[10]

成績編集

主な成績編集

V.LEAGUE Division1
チャレンジリーグ、チャレンジリーグI(実業団リーグ/V1リーグ)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
国体成年女子バレーボール6人制
  • 優勝 なし
  • 準優勝 1回 (2000年)

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V1リーグ 第2回 (1999/00) 8位 8チーム 14 1 13
第3回 (2000/01) 8位 8チーム 14 0 14
第4回 (2001/02) 7位 7チーム 12 1 11
第5回 (2002/03) 3位 8チーム 14 9 5
第6回 (2003/04) 優勝 7チーム 12 11 1
第7回 (2004/05) 3位 8チーム 14 10 4
第8回 (2005/06) 4位 8チーム 14 8 6
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 6位 8チーム 14 5 9
2007/08シーズン 8位 8チーム 14 1 13
2008/09シーズン 7位 10チーム 18 8 10
2009/10シーズン 5位 12チーム 16 8 8
2010/11シーズン 5位 12チーム 18 11 7
2011/12シーズン 3位 12チーム 22 16 6
2012/13シーズン 5位 10チーム 18 9 9
2013/14シーズン 4位 10チーム 18 10 8
2014/15シーズン 4位 10チーム 18 12 6
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 5位 8チーム 21 10 11
2016/17シーズン 5位 8チーム 21 8 13
2017/18シーズン 3位 7チーム 18 12 6
V・LEAGUE Division1 2018/19シーズン 11チーム

選手・スタッフ編集

選手編集

2018年10月25日版[11][12]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 丸山紗季 SAKI   日本 WS  
2 倉見夏乃 NATSU   日本 MB
3 和才奈々美 NON   日本 WS
4 馬場ゆりか YURIKA   日本 L
5 白崎麻友香 MAYUKA   日本 L
6 綿引菜都美 RUI   日本 MB
7 雪丸梢 RYU   日本 MB
8 南美寿希 MIZUKI   日本 S
9 舛田紗淑 SAYO   日本 WS
10 菅野菜緒美 KANA   日本 OP
11 平谷里奈 RINA   日本 WS
12 浮島杏加子 AKANE   日本 WS 久光製薬から移籍
15 小西愛衣 MEI   日本 S
16 星加輝 HOSHIKA   日本
17 白岩蘭奈 SHIRAIWA   日本
19 フレヤ・アールブレヒト[13] AELBRECHT   ベルギー MB

スタッフ編集

2018年9月21日版[11][12]

役職 名前 国籍
部長 飯田耕一   日本
監督 丸山貴也[2]   日本
トレーナー 竹中雅詞   日本
アナリスト兼マネージャー 原侑花   日本
ドクター 布村忠弘   日本

在籍していた主な選手編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『アクア一般社団法人化 新リーグ参加へ 黒部で設立総会 会長に井上氏』北日本新聞 2017年7月28日15面
  2. ^ a b 『「リーグの中核目指す」 V1参戦アクア 丸山監督が就任会見』北日本新聞 2018年8月2日16面
  3. ^ a b チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月24日閲覧。
  4. ^ スポンサー紹介”. KUROBEアクアフェアリーズ. 2013年10月24日閲覧。
  5. ^ a b c チーム紹介”. KUROBEアクアフェアリーズ. 2013年10月24日閲覧。
  6. ^ インフル禍で開幕戦を棄権 チャレンジLの大野石油”. 中国新聞 (2009年11月29日). 2009年11月29日閲覧。
  7. ^ 『元米代表 ジョンソン入団 アクア 「トップリーグへ導く」』北日本新聞 2017年11月7日16面
  8. ^ 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年11月7日閲覧。
  9. ^ 2017/11/06 「ジュリアン・ジョンソン」選手入団記者会見”. KUROBEアクアフェアリーズ. 2017年11月7日閲覧。
  10. ^ アクアジュニア始動しました!”. KUROBEアクアフェアリーズ (2018年4月23日). 2018年5月27日閲覧。
  11. ^ a b 選手・スタッフ”. KUROBEアクアフェアリーズ. 2017年8月13日閲覧。
  12. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2018年9月23日閲覧。
  13. ^ フレア・アールブレヒト選手合流!”. KUROBEアクアフェアリーズ. 2018年9月17日閲覧。

外部リンク編集