Kbkg wz. 1960ポーランド語: Karabinek-granatnik wzór 1960)とは、ポーランドが自国製のAK-47アサルトライフルライフルグレネードの発射能力を付与したものである。PMK-PGN-60とも表記される。

Karabinek-granatnik wzór 1960
Karabinek-granatnik wz.1960.jpg
銃口にライフルグレネード装填用のソケットアダプターを装着したwz. 1960
Karabinek-granatnik wzór 1960
種類 軍用小銃 / 擲弾発射器
製造国 ポーランドの旗 ポーランド
設計・製造 ラドム社
仕様
種別 ライフルグレネード発射機構付アサルトライフル
口径 7.62mm
銃身長 415mm
使用弾薬 7.62×39mm弾 / ライフルグレネード
装弾数 30発 / 10発(空包用マガジン)
作動方式 長ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
セミオート/フルオート切替射撃
全長 1,075mm(ソケットアダプターを含む)
重量 4.65kg
発射速度 600発/分(7.62×39mm弾)
2発/分(ライフルグレネード)
銃口初速 710m/秒(7.62×39mm弾)
有効射程 300m
歴史
設計年 1960年
バリエーション Kbkg wz. 1960/72
テンプレートを表示

目次

概要編集

wz. 1960は基本的にポーランドで生産されたAK-47(PMK)そのものであるが、銃身とガスシリンダーを繋ぐガスポートの左側面部にはバルブが設けられており、ライフルグレネードを発射する際にはバルブを閉じて発射ガスがガスシリンダーに流れ込まないようにすることができる(裏を返せば、この発射ガス遮断機構が無いAK-47はライフルグレネードを発射できない)。

このほかにも、銃床の肩パッドにはライフルグレネード発射時の衝撃を緩和するためのラバーパッドを装着可能となっているほか、銃本体のリアサイト基部左側面にライフルグレネード用の照準器を装着可能としている。

ライフルグレネードを発射する際には、銃口部分のねじに専用のソケットアダプター(UNM wz. 1943/60)をねじ込むとともに、ライフルグレネード専用の空包を使用する必要があり、これは通常10連発の専用マガジンに装填する。

1970年代には銃床を取り外したKbkg wz. 1960/72も生産された。

ライフルグレネード編集

Kbkg wz. 1960で運用されるライフルグレネードはすべてソケット式である。銃の先端部に装着されたソケットアダプターをグレネード底部に差し込んで装填し、専用の空包を使用して発射する。

wz. 1960で運用するライフルグレネードは以下の通り。

名前 種類 重量 直径 全長 射程距離 備考
F-1N-60 対人榴弾 780g 60mm 260mm 200m 弾頭はソ連F1手榴弾のものを流用。
PGN-60 成形炸薬弾 556g 68mm 400mm 100m 最大200mmの均質圧延装甲板を貫通。
KGN 対人榴弾 460g 60mm 240mm 340m F-1N-60の後継として開発された。対人危害半径は7m
DGN 煙幕弾 630g 54mm 390mm 200m 発煙時間は10秒
CGN 訓練弾 260g 30mm 265mm 600m 砲兵用の訓練弾。火砲にwz. 1960と専用の照準器を装着して模擬訓練を行う。

関連項目編集


外部リンク編集