メインメニューを開く

Keiko』(けいこ)は、1979年公開の日本映画クロード・ガニオン監督、若芝順子主演。ヨシムラ・ガニオンプロ製作、ATG配給。カラー、119分。第20回日本映画監督協会新人賞受賞作。

Keiko
監督 クロード・ガニオン
脚本 クロード・ガニオン
製作 ユリ・ヨシムラ・ガニオン
クロード・ガニオン
出演者 若芝順子
きたむらあきこ
音楽 深町純
撮影 アンドレ・ペルチエ
編集 クロード・ガニオン
製作会社 ヨシムラ・ガニオンプロダクション
配給 ATG
公開 日本の旗 1979年11月17日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

京都に暮らす独身女性ケイコの日常を淡々と描いたドキュメンタリータッチの作品。外国人監督が撮った日本映画であること、また主演に演技未経験の京都大学生を起用したことで話題になった。主演の若芝順子はその後研究者の道に進み、女優としての出演はこの一本のみである。

ストーリー編集

京都に暮らす23歳の独身女性ケイコは様々な恋愛を経験するも満たされず、会社の先輩女性と同性愛関係を経ての同居を始める。

キャスト編集

外部リンク編集