KhalifaSat(カリファサット)(アラビア語:خليفةسات)は2018年に打ち上げられたアラブ首長国連邦地球観測衛星。DubaiSat-3(ドバイサット)(アラビア語:دبيسات-3)とも呼ばれる。 アラブ首長国連邦政府が3機目に保有する人工衛星でもある。過去2機とは違い100%自国の技術者が全ての加工と組み立てを行った初の国産地球観測衛星であり国家の重要な事業と位置付けられている。[1]

KhalifaSat
所属 EIAST
主製造業者 MBRSC
公式ページ EIAST
国際標識番号 2018-084F
カタログ番号 43676
状態 運用中
目的 環境・地図作成・災害監視・土地被覆、変化抽出、船舶監視
観測対象 地球
設計寿命 5年
打上げ場所 種子島宇宙センター
打上げ機 H-IIAロケット
打上げ日時 2018年10月29日 13時08分(JST)
物理的特長
本体寸法 2.0m x 1.5m
質量 330kg
発生電力 450W(寿命末期)
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 太陽同期軌道
高度 (h) 613km
軌道傾斜角 (i) 98.13度
テンプレートを表示

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ First Emirati-built satellite marks one year in space”. 2019年10月30日閲覧。

https://www.thenationalnews.com/uae/science/first-emirati-built-satellite-marks-one-year-in-space-1.930513

参考文献・外部リンク編集