メインメニューを開く

Kodansha Philosophia (こうだんしゃフィロソフィア)は、講談社が発行していた叢書である。

概要編集

講談社選書メチエの姉妹本として刊行された。判型は四六判で、ハードカバーの叢書シリーズ。第一級の研究者による、書き下ろし、又は雑誌連載をまとめたが、7冊で刊行を終了した。のち数冊が文庫再刊された。

刊行一覧編集

  1. 『反哲学史』 木田元、243p。1995年4月/講談社学術文庫2000年4月。
  2. 仏教伝来』 鎌田茂雄、300p。1995年10月/『仏教の来た道』、講談社学術文庫、2003年3月。
  3. 『現代日本のリベラリズム』 佐伯啓思、313p。1996年4月。第7回読売論壇賞受賞作品。
  4. 『哲学の風景 ポスト・ヒューマニズムを目指して』 沢田允茂、346p。1997年6月。
  5. プラトンの呪縛 二十世紀の哲学と政治』 佐々木毅、276p。1998年1月/講談社学術文庫、2000年12月。
  6. 『現代日本のイデオロギー グローバリズムと国家意識』 佐伯啓思、312p、1998年4月。
  7. 『「日本語論」への招待』 池上嘉彦、326p、2000年9月/『日本語と日本語論』、ちくま学芸文庫2007年9月。