メインメニューを開く

LAB航空Lloyd Aéreo Boliviano)は、ボリビアに存在した航空会社。南アメリカでも屈指の歴史を持つ航空会社であった。

ロイド・アエロ・ボリビアーノ
Lloyd Aéreo Boliviano logo.svg
IATA
LB
ICAO
LLB
コールサイン
LLOYDAEREO
設立 1925年
運航停止 2008年 (運航停止)
2010年 (ライセンス失効)
ハブ空港 コチャバンバ空港
エル・トロンピロ空港英語版 (1990年まで)
ビルビル国際空港 (1990年から)
焦点空港 ラパス空港
トリニダード空港英語版 (1960年代)
マイレージサービス Líder Club[要出典]
親会社 VASP航空 (1995年-2001年)
本拠地  ボリビア ホルヘ・ウィルステルマン国際空港
外部リンク labairlines.com.bo
テンプレートを表示

歴史編集

ボリビアの独立100周年にあたる1925年、ギジェエモ・キルマン(Guillermo Kyllman)は、ボリビアに航空会社を設立しようと、政府や商人たちに働きかけた。

同年7月に乗員2人、乗客4人ユンカース F.13がドイツから寄贈された[1]。最初の乗客を乗せての飛行は、8月2日で、コチャバンバ上空を20分間飛行した。[2]8月5日には、コチャバンバとスクレの間を1時間30分で初飛行を行った。

同年9月15日ラパスで政府や国会議員、産業界の代表者が集まり、設立総会が開かれた。本社はコチャバンバに置かれることになった。会社の代表には、ギジェエモ・キルマンが就任した[3]。最初の乗客を乗せての飛行は、8月2日で、コチャバンバ上空を20分間飛行した。社の名前のLloydは、乗客が安全をイメージするように、イギリスの保険市場のロイズからとった。

1928年、路線拡張のため新たに3機の旅客機を購入。同年には、パイロットと整備士の養成学校(la Escuela de Pilotos y Mecánicos de Aviación del LAB)を設立した[4]。この学校からホルヘ・ウィルステルマンが卒業し、彼はボリビア人初の民間人パイロットとなった。また1930年には、ブラジルへ初の国際線を飛ばした。

1932年にボリビアとパラグアイの間で起きたチャコ戦争では、ボリビア軍に航空機と人員の提供を行った。

1941年5月14日、ボリビア政府100%出資の国有企業になる。

1957年ロッキード L-188を導入。1968年には、ボーイング727の導入と、FH-227の導入のための融資も決まる。1970年代に入ると、ボーイング727の就航でアメリカ合衆国や南米各地へ国際線を飛ばすようになり、黄金期を迎えた。

 
LABのボーイング727

1994年ごろより経営悪化が顕著化し、ボリビア政府は準民営化の模索を始める。1995年ブラジルVASP航空が株式51%を購入することで資本提携を結ぶ。機体にVASPと同じ塗装ほどこすなど、業務の一体化を進める。しかし、VASP航空も無理な業務拡大路線で経営が悪化。2001年、アメリカ同時多発テロ事件での利用客減少によりVASP航空はLAB航空の株式をボリビアの投資家に売却し、資本提携は解消される。

2007年3月30日をもって、すべての運航が停止した。その後、アエロスール航空の支援で、チャーター便の運航が続けられた。しかし、2010年に、事業免許が取り消された。

出典編集

  1. ^ Historia página I」 Lloyd Aereo Boliviano
  2. ^ Historia página I」 Lloyd Aereo Boliviano
  3. ^ Historia página II」 Lloyd Aereo Boliviano
  4. ^ Historia página III Lloyd Aereo Boliviano

外部リンク編集