メインメニューを開く

LADY BiRD(レディバード)は渋谷CLUB ATOMDJ、dj TENとKAZUHISA HIROTAからなる日本の音楽プロデューサーユニットである。 所属レコード会社はアリオラジャパン

目次

概要編集

dj TENとKAZUHISA HIROTAの2人で数年かけて築きあげてきたクラブサウンドのアイデンティティ、ノウハウを更に進化させ、クラブ×J-POPをボーダレス、シームレスに高次元で融合させたサウンドを提供していくことが活動のコンセプト。

ユニット名の由来編集

ユニット名の『LADY BiRD』は英語で「てんとう虫」を意味し、古くからヨーロッパでは、“てんとう虫が身体に止まると幸せがやってくる”という言い伝えがある。

dj TENの名前を使って、コンセプトに合うものはないかと模索していた時に生まれたユニット名。「音楽を通じて幸せを運ぶ手伝いをできれば」または、「曲を通じて皆それぞれが幸せを感じ、その幸せを運んでいき、更に周りが幸せになってくれたら」、「皆がLADY BiRD(幸せを運ぶ使者)」という意味を込めてユニット名が決定した。

メンバー編集

ディスコグラフィー編集

インディーズ編集

アルバム編集

  1. TEN colors -interior house-(2007年12月19日[1]
    1. colors
    2. SEXi for…
    3. Diverse Pigment
    4. Acescence
    5. SAX Drive
    6. Iris
    7. MaGICAL FLIGHT (LADY BiRD MIX)

メジャー編集

シングル編集

  1. Sweet Song / LADY BiRD feat. ソンイ[2](2009年2月25日)
    1. Sweet Song
    2. Bitter Chocolate
    3. Sweet Song (DJ KAYA Remix)
    4. Sweet Song (LADY BiRD Club Mix)
    5. Sweet Song (Inst)
    6. Bitter Chocolate (Inst)
  2. きっと…サヨナラ / LADY BiRD feat. サラ[3](2009年8月26日)
    1. きっと…サヨナラ
    2. 愛するひとに 愛されたい
    3. きっと…サヨナラ (Instrumental)
    4. 愛するひとに 愛されたい (Instrumental)
  3. 東京は夜の七時[4] / LADY BiRD feat. yula.(2010年7月7日)
    1. 東京は夜の七時
    2. 東京は夜の七時 (LADY BiRD Club Mix)
    3. 東京は夜の七時 (Electro Remix)
    4. 東京は夜の七時 (Trance Remix)
    5. Sweet Song (LADY BiRD Club Mix) / LADY BiRD feat. ソンイ
    6. きっと…サヨナラ (LADY BiRD 125 Re-Make) / LADY BiRD feat. 加賀美セイラ
    7. LADY BiRD 7` Non Stop Mix / LADY BiRD

アルバム編集

  1. STYLiST(2010年8月4日)
    1. 東京は夜の七時 / LADY BiRD feat. yula.
    2. FANTASY / LADY BiRD feat. 市瀬亜耶
    3. Color of Heart / LADY BiRD feat. yula.
    4. きっと…サヨナラ / LADY BiRD feat. サラ
    5. 君じゃなきゃダメなのに / LADY BiRD feat. yula.
    6. Get Up / LADY BiRD feat. LiZ
    7. I got it / LADY BiRD feat. 市瀬亜耶
    8. Sweet Song / LADY BiRD feat. ソンイ
    9. レインボー★ルーム / LADY BiRD feat. 市瀬亜耶
    10. DANCING QUEEN[5] / LADY BiRD feat. 加賀美セイラ
    11. Never Land
    12. The Music Bird / LADY BiRD feat. 市瀬亜耶

テレビ番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年4月29日に再発売。
  2. ^ 話題のナゾのシンガーはPopteen読者モデル“ソンイ”だった. BARKS (2008年12月26日). 2009年11月26日閲覧。
  3. ^ LADY BiRD第2弾フィーチャリング・ヴォーカリストは、サラ. BARKS (2009年8月7日). 2009年11月26日閲覧。
  4. ^ ピチカート・ファイヴ東京は夜の七時』(1993年)のカバー。
  5. ^ ABBADancing Queen』(1976年)のカバー。

関連項目編集

外部リンク編集