メインメニューを開く

LANDING TIMEMACHINE』(ランディング タイムマシン)は、1991年11月1日にリリースされた浅倉大介の1stアルバム。発売元はファンハウス

LANDING TIMEMACHINE
浅倉大介スタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年7月-8月
ジャンル J-POP
レーベル ファンハウス
プロデュース 浅倉大介
チャート最高順位
浅倉大介 アルバム 年表
LANDING TIMEMACHINE
1991年
D-Trick
1992年
テンプレートを表示

概要編集

浅倉大介のデビューアルバム。累計売上は1.9万枚を記録した[1]。収録曲は当時サポートメンバーを務めていたTM NETWORKの楽曲をカバーしたものが中心であり、オリジナル曲は「LANDING TIMEMACHINE」「MEMORY OF THE FUTURE」のみだが、後者もTM NETWORKの「Self Control (方舟に曳かれて)」のフレーズが使用された曲である。

1stアルバムがカバーアルバムなのは小室哲哉の「方向性が定まっていない状態で、最初から自分の世界観を出したオリジナルアルバムを発表するのではなく、これまでTMのツアーで色々な所を回ってきたから、まずはそこで大ちゃんを知ってくれた人達に対して作ってはどうか。もう好きにアレンジしちゃっていいから」というアイディアであり、その他にも小室から様々なアドバイスをされた事により、浅倉は「『事前に考えを持って他人をプロデュースする』というのは正にこんな感じなんだ」と感銘を受けた[2][3]

当時正式なレコーディング経験がなかった浅倉だが、全面的に1から10まで作業に関わった。当時浅倉が所有していた全てのシンセサイザーを狭いスタジオに設置して、そこに一人でこもって、一日1曲のペースでTMの楽曲を勝手にセレクトして、アレンジした。どの曲でもオリジナル楽曲である「LANDING TIMEMACHINE」のメロディが聞こえるような工夫もした[4]

「LANDING TIMEMACHINE」は1992年から1993年まで『CNNデイウォッチ』のテーマ曲として使用されたほか、アレンジ版が2000年から2002年まで『FNNスーパーニュース』、2000年から2009年まで『FNNスーパーニュースWEEKEND』のテーマ曲として使用された。愛媛県では同時期に南海放送の『特急!なんかいNEWSプラス1』のテーマ曲としても使用されており、原曲とアレンジ版(『EBCスーパーニュース』)両方が放送されていた。 また、テレビ信州の『TSBニュース』のオープニングとして使用されていた時期もある。

収録曲編集

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「LANDING TIMEMACHINE」 浅倉大介浅倉大介
2.1974 (16光年の訪問者)西門加里 小室哲哉浅倉大介
3.「A DAY IN THE GIRL'S LIFE (永遠の一瞬)~CAROL」小室哲哉、小室みつ子小室哲哉浅倉大介
4.DIVE INTO YOUR BODY小室みつ子小室哲哉浅倉大介
5.「CONFESSION」西門加里木根尚登浅倉大介
6.DRAGON THE FESTIVAL小室哲哉小室哲哉浅倉大介
7.「TWINKLE NIGHT (あるひとりのロマンティストの生誕)」西門加里小室哲哉浅倉大介
8.「MEMORY OF THE FUTURE」 浅倉大介浅倉大介

脚注編集

  1. ^ a b オリコンランキング情報サービス you大樹
  2. ^ 日経BP社刊『DAISUKE的にOK!?』浅倉大介著194P-195Pより。
  3. ^ シンコーミュージック・エンタテイメント刊『B-PASS ALL AREA』Vol.6 66Pより。
  4. ^ 角川書店刊「D Scope」浅倉大介著30Pより。