メインメニューを開く

LFK NGドイツ語: Lenkflugkörper Neue Generation, 新世代ミサイル)は、ドイツ連邦共和国MBDAドイツ(LFK)社とディール・ディフェンス(BGT)社が開発中の短距離防空ミサイルである。

LFK NG
LFKNG.jpg
種類 短距離防空ミサイル
製造国 ドイツの旗 ドイツ(開発中)
性能諸元
ミサイル直径 110 mm
ミサイル全長 1780 mm
ミサイル重量 28 kg
弾頭 直撃破壊式(2.5kg)
射程 10 km (5.4 nmi)
射高 5 km (16,000 ft)
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線画像(IIR)
飛翔速度 マッハ 2.2
テンプレートを表示

開発経緯編集

LFK NGは、ドイツ陸軍の新しい野戦防空システムSysFla(Systems Flugabwehr)を構成するサブシステムとして開発中のミサイルシステムである。SysFlaは、アメリカ陸軍Counter-RAMシステムと同様、ロケット弾迫撃砲弾などから野戦部隊を防御するためのシステムである。

2007年にドイツ政府はラインメタル・ディフェンス社とMBDAドイツ社による合弁企業SysFla社を野戦防空システム全体の開発者として選定した。SysFla社の開発計画によれば、対空機関砲MANTIS次期空間防護システム(旧称 NBS C-RAM))と、短距離防空ミサイルLFK NGによって、縦深的な防御火網を構築することが期待された。なおMANTIS次期空間防護システムは、 GDF-020 35mm機関砲から派生した35mm AHEAD弾利用の対空機関砲システムである。

LFK NGの開発は、MBDAドイツ(LFK)社とディール・ディフェンス(BGT)社の共同で行なわれることとなった。BGT社も参加した欧州数カ国の企業により国際開発された短距離空対空ミサイルIRIS-Tをベースとしている。C-RAM用途の要請により弾頭方式は変更され、運動エネルギー弾による直撃破壊式が採用されている。

また、LFK NGは、ティーガー攻撃ヘリコプターの自衛兵器としても搭載が検討されている。

参照編集

関連項目編集

  • IDAS (ミサイル) - 同様にIRIS-Tをベースとした潜水艦発射型の個艦防空ミサイル
  • MEADS - 中高度防空ミサイル・システム。ドイツ軍では、IRIS-Tの垂直発射型であるIRIS-T SLによって補完させる計画がある。