LINE Financial

LINEの金融サービス会社

LINE Financial株式会社(ラインフィナンシャル、: LINE Financial Corporation)は、LINE株式会社傘下のモバイル送金・決済サービス、金融サービスを手掛ける企業。野村證券と共同出資の「LINE証券」、みずほ銀行と共同出資の「LINE銀行」と「LINE Credit」などを傘下に収めている。

LINE Financial株式会社
LINE Financial Corporation
LINE Corporation Logo.png
Sega HQ 2018 1.jpg
本社が入る住友不動産大崎ガーデンタワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号
住友不動産大崎ガーデンタワー22階
北緯35度36分53.8秒 東経139度43分52.2秒 / 北緯35.614944度 東経139.731167度 / 35.614944; 139.731167座標: 北緯35度36分53.8秒 東経139度43分52.2秒 / 北緯35.614944度 東経139.731167度 / 35.614944; 139.731167
業種 金融業
法人番号 5011101082847
代表者 齊藤哲彦(代表取締役社長
主要株主 LINE株式会社
外部リンク linefinancialcorp.com/ja/
テンプレートを表示

海外でもメッセンジャーアプリのLINEが広まっている諸国を中心に展開しており、子会社の「LINE Financial Asia」がタイ王国で現地のカシコン銀行と合弁で設立した「KASIKORN LINE」や[1]台湾で孫会社の「LINE Financial Taiwan」が複数の現地企業と共同出資した「LINE Bank Taiwan[2]インドネシアでLINE Financial Asiaが韓国の金融大手ハナ金融グループと提携して同グループの現地子会社である「PT Bank KEB Hana Indonesia」を通じてネットバンキングのサービスを開始していることなどがある[3]

2020年4月、LINE Financial Asiaの全株式を2018年設立の「LINE Financial Plus」に移動した[4]

脚注編集

  1. ^ LINE、タイで銀行事業スタート 日本でも展開予定”. ITmedia NEWS. 2021年7月9日閲覧。
  2. ^ 金融監督管理委員會 (2021年7月9日). “金融監督管理委員會-全球資訊網”. 金融監督管理委員會. 2021年7月9日閲覧。
  3. ^ 하나은행-네이버 라인, 인도네시아 함께 공략” (朝鮮語) (2020年7月19日). 2021年7月9日閲覧。
  4. ^ https://d.line-scdn.net/stf/linecorp/ja/ir/all/LINE_20200422_JP.pdf

外部リンク編集