メインメニューを開く

Laugh&Peace(ラフ・アンド・ピース)は、日本テレビ開局50年と吉本興業創立90年を併せた記念プロジェクト

記者発表では、日本テレビの萩原敏雄社長(当時)と吉本興業の林裕章社長(当時)によるコンビ「ザ・社長ズ」が漫才を行った。

「LAUGH&PEACE 笑いはニッポンを救う。」と題したキャンペーンが行われ、2002年10月5日には吉本興業所属のタレントほぼ総出演でのバラエティーの特番が放送された。視聴率は関東地方(日本テレビ。ビデオリサーチ調べ)で14.9%、関西地方(読売テレビ、同)で18.4%。キャンペーンソングはTM NETWORKの『CASTLE IN THE CLOUDS』。

司会を今田耕司&東野幸治が担当し、ダウンタウン島田紳助が1コーナーずつ「乱入」した。吉本芸人の中でも桂三枝(現・六代桂文枝)、明石家さんまナインティナインなどは出演していない。『松本紳助』では『ガキの使い』の成功で菅賢治に借りがあるダウンタウンには出演依頼が出来たが、菅が口説いて『恋のから騒ぎ』出演に至ったさんまには出来なかったとの事。

この他、ルミネtheよしもとで2002年9月〜10月に「吉本興業をぶっつぶせ!?」というイベントが行われた。吉本興業と他事務所の若手芸人が毎回1組ずつ登場し、ネタなどで対決する。電波少年的放送局で生放送され、双方向機能を使って視聴者が投票し勝敗を決め、吉本芸人が負けた場合はルミネtheよしもとの出番を何回か譲らなければならないルールだった。なお後日ヨシモトファンダンゴTVでも録画放送された。

インパルス vs. ドランクドラゴン[+ 1]タカアンドトシ vs. テツandトモ[+ 2]ルート33 vs. ますだおかだ[+ 3]サカイスト vs. バカリズム[+ 4]ハリガネロック vs. おぎやはぎ[+ 1]ハローバイバイ vs. 劇団ひとり[+ 5]といった人気芸人による対戦が見られたものの、CS放送の視聴者自体が少ないため、ほとんど話題にならなかった。

なお、Laugh&Peaceプロジェクトの最大のハイライトとして制作・公開されたのが映画『明日があるさ THE MOVIE』であった。吉本芸人を主要キャストに起用し高視聴率を獲得したドラマの劇場版だが、興行的には芳しい結果を残せなかった。

脚注編集