LitSat-1

リトアニアの最初の人工衛星

LitSat-1リトアニア最初の2機の人工衛星のひとつ。

LitSat-1
Lithuania satellites stamp 2014.jpg
リトアニア初の衛星を記念する切手
 リトアニア
運用者 LSA英語版LSSTI英語版KTUVGTU
国際標識番号 1998-067EP
カタログ番号 39570
目的 天文衛星
設計寿命 6ヶ月
打上げ場所 MPRS 0B英語版
打上げ機 アンタレス120型
打上げ日時 2014年1月9日 18時7分(UTC
通信途絶日 2014年5月21日 5時15分15秒 (UTC)
消滅日時 2014年5月22日
物理的特長
質量 1,33 kg
軌道要素
周回対象 地球周回軌道
軌道 低軌道
テンプレートを表示

衛星はシグナス CRS Orb-1で28機のFlock-1英語版キューブサットと共にアンタレス120型ロケットでワロップス島の中部大西洋地域宇宙基地第0発射台英語版から打ち上げられた[1]。打上げは2013年12月に予定されていたが、2014年1月9日に再設定された。

打上げ後、衛星は国際宇宙ステーションまで輸送され、2014年2月28日にナノラックス英語版キューブサット放出装置英語版から放出された[2][3]。宇宙からリトアニアは自由を愛するという意味のラトビア語: Lietuva myli laisvęという言葉が送信された。リトアニアでは最初の衛星となる当機とLituanica SAT-1英語版の放出は生放送された。

2014年3月6日、カウナス工科大学の衛星無線電信局は初めてLitSat-1との双方向接続を確立した[4]

編集

外部リンク編集