メインメニューを開く

Living with joy』(リビング・ウィズ・ジョイ)は高橋洋子の4枚目のオリジナルアルバム1996年10月25日キティレコードから発売された。

Living with joy
高橋洋子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キティレコード(KTCR-1401)
プロデュース 高久光雄
高橋洋子 アルバム 年表
BEST PIECES
(1996年)
Living with joy
(1996年)
〜refrain〜 The songs were inspired by "EVANGELION"
(1997年)
『Living with joy』収録のシングル
テンプレートを表示

目次

概要編集

アルバム解説編集

  • キティレコードから発売された5枚目のアルバム。
  • 前作『BEST PIECES』から9ヶ月ぶりに発売された。オリジナルアルバムとしては、『私をみつけて』から1年11ヶ月ぶりである。
  • 新曲3曲、シングル曲2曲、シングル曲兼カバー曲1曲、カバー曲4曲、カバー曲兼アレンジ曲1曲という構成になっている。
  • 収録曲の半分がカバー曲となっている。カバーする楽曲は、声に合うということ、アルバムのテーマに沿っているという2つの基準で決定した[1]
  • キャッチコピーは「愛に溢れたボーカルアルバム」[注 1]

楽曲解説編集

  • 1曲目「新しいシャツ」は、大貫妙子の楽曲をカバーしたものである[2]
  • 3曲目「Ooo baby baby」は、アメリカのリズムアンドブルースグループであるザ・ミラクルズの楽曲に日本語の歌詞をつけてカバーしたものである。
  • 4曲目「Hello winter〜Do space men pass dead souls on their way to the moon?」は、アメリカ人シンガーソングライターのアート・ガーファンクルの楽曲に日本語の歌詞をつけてカバーしたものである[3]。原題は「Feuilles-Oh/Do Space Men Pass Dead Souls On Their Way To The Moon?(木の葉は落ちて/魂は何処へ)」。メドレー形式となっており、「Hello winter」→「Do space men pass dead souls on their way to the moon?」→「Hello winter」という構成になっている。「Hello winter」はハイチの民謡が基になっている。「Do space men pass dead souls on their way to the moon?」は、バッハ作曲の「クリスマス・オラトリオ」の第3部の中の第33曲 コラール「われは御身をひたすらに保ち」が基になっている。クリスマスソングである。
  • 5曲目「つめたい部屋の世界地図」は、井上陽水の楽曲をカバーしたものである[4]
  • 7曲目「めぐり逢い」は、カナダ人作曲家のアンドレ・ギャニオンが作曲したピアノ曲に歌詞をつけたものである[注 2]
  • 9曲目「シャンプー」は、アン・ルイスの楽曲をカバーしたものである[5][注 3]
  • 10曲目「Snowscape」は、「めぐり逢い」を手掛けたアンドレ・ギャニオンからの提供曲である。クリスマスソングである。
  • 11曲目「Fly me to the moon 〜Night In Indigo Blue Version〜」は、ボーナストラックという扱いになっている[注 1]。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマのアレンジバージョンである。元々はアルバムに収録される予定は無かったが、全ての楽曲のレコーディングが終わった後に収録されることが決定した[1]。『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマに起用されたバージョンではYOKO TAKAHASHI名義だったが、このバージョンでは実名になっている。オリジナルアーティストはケイ・バラード

収録曲編集

  1. 新しいシャツ [4:27]
    作詞・作曲:大貫妙子、編曲:森俊之
  2. Living with joy [4:42]
    作詞:田久保真見、作曲:松本俊明、編曲:鳥山雄司
  3. Ooo baby baby [4:48]
    作詞・作曲:Smokey Robinson&Warren Moore、日本語歌詞:田久保真見、編曲:森俊之
  4. Hello winter〜Do space men pass dead souls on their way to the moon? [3:33]
    Hello winter
    作詞:並河祥太、作曲:Traditional、編曲:大森俊之
    Do space men pass dead souls on their way to the moon?
    作詞:Linda Grossman、作曲:Johann Sebastian Bach、編曲:大森俊之
  5. つめたい部屋の世界地図 [4:40]
    作詞・作曲:井上陽水、編曲:大森俊之
  6. ウェンディーの瞳 [4:06]
    作詞:並河祥太、作曲:松本俊明、編曲:鳥山雄司
  7. めぐり逢い [4:14]
    作詞:並河祥太、作曲:アンドレ・ギャニオン、編曲:大森俊之
  8. どこかにあるよ [4:12]
    作詞:並河祥太、作曲:山崎将義、編曲:松浦晃久
  9. シャンプー [4:08]
    作詞:康珍化、作曲:山下達郎、編曲:森俊之
  10. Snowscape [4:47]
    作詞:並河祥太、作曲:アンドレ・ギャニオン、編曲:大森俊之
  11. Fly me to the moon 〜Night In Indigo Blue Version〜 [2:39]
    作詞・作曲:Bart Howard、編曲:大森俊之

タイアップ編集

楽曲 タイアップ 備考
新しいシャツ TBS系『山田邦子のしあわせにしてよ』エンディングテーマ 13thシングル
めぐり逢い フジテレビ系テレビドラマ『Age,35 恋しくて』メインテーマ曲[6] 12thシングル
どこかにあるよ 四国電力CMソング[注 4]
Fly me to the moon 〜Night In Indigo Blue Version〜 テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』イメージソング[注 5]

参加ミュージシャン編集

新しいシャツ
キーボード&プログラミング 森俊之
ギター 古川昌義
ベース 細木隆広
マニピュレーション 百々政幸
Living with joy
ギター&プログラミング 鳥山雄司
サックス 山本拓夫
Ooo baby baby
キーボード&プログラミング 森俊之
ギター 古川昌義
マニピュレーション 百々政幸
コーラス たかはしごう
op Jobete Music Co. Inc.
Hello winter〜Do space men pass dead souls on their way to the moon?
キーボード&プログラミング 大森俊之
ギター&マンドリン 古川昌義
op De Shufflin Inc.
つめたい部屋の世界地図
キーボード&プログラミング 大森俊之
ギター 古川昌義
キーボード 倉田信雄
ウェンディーの瞳
ギター&プログラミング 鳥山雄司
めぐり逢い
キーボード 倉田信雄
プログラミング 大森俊之
ストリングス 篠崎正嗣グループ
op Les Editions Musicales A.G.M. Ltee
どこかにあるよ
キーボード 松浦晃久
ギター 今剛
ベース 河合徹三
パーカッション 帆足哲昭
シャンプー
キーボード&プログラミング 森俊之
ギター 古川昌義
ベース 細木隆広
マニピュレーション 百々政幸
Snowscape
ピアノ 倉田信雄
ハープ 朝川朋之
プログラミング 大森俊之
ストリングス 岡本エリグループ
Fly me to the moon 〜Night In Indigo Blue Version〜
キーボード&プログラミング 大森俊之
op Hampshire House

スタッフクレジット編集

Director 高橋良一
Recording & Mixing Engineer 中越道夫(Superb)
Recording Engineer 田中信一(Superb)、富田慎一
Recording Studio Key-Stone Studio, On Air Azabu Studio, Sound Valley, Peninsula,Sound Sky Studio, 鳥山 Studio, PH Sound Studio
Mixing Studio Onkio Haus
Design 塚本佳哉樹
Photograph 石黒美穂子
Styling 篠あゆみ
Hair & Make up 嵯峨敬子
Production Administration 岩崎直子
Artist Manager 品田恵子(Stuff Gang)
A&R 古米浩平
Supervisor 片桐たかし(Stuff Gang)
Executive Producer 高久光雄(キティエンタープライズ)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b この作品の帯より。
  2. ^ ベストアルバム『YOKO SINGS FOREVER』のブックレットの曲紹介より。
  3. ^ このアルバムの帯では、作曲担当でセルフカバーもした山下達郎の楽曲と紹介されている。
  4. ^ JASRACに登録されている情報より。
  5. ^ ベストアルバム『BEST PIECES II』より。

出典編集

  1. ^ a b 月刊ニュータイプ』. 1996年12月号(p194). 角川書店. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ ROMANTIQUE - 大貫妙子”. ORICON NEWS. 2019年7月11日閲覧。
  3. ^ 天使の歌声- アート・ガーファンクル”. ORICON NEWS. 2019年7月11日閲覧。
  4. ^ 陽水II センチメンタル - 井上陽水”. ORICON NEWS. 2019年7月11日閲覧。
  5. ^ ピンク・キャット - アン・ルイス”. ORICON NEWS. 2019年7月11日閲覧。
  6. ^ めぐり逢い - 高橋洋子”. ORICON NEWS. 2019年7月11日閲覧。