メインメニューを開く

Lotus Jazz(ロータス・ジャズ)とは、ロータス・デベロップメントMac OS向けに開発・販売していた、表計算ワープロデータベースグラフィック、通信ソフトが一体となった「統合ソフト」 (オフィススイート) 。MS-DOS用統合ソフト Lotus Symphony のMac OS版として位置づけられていた。

Lotus Lazz
開発元 ロータス・デベロップメント
初版 1985年5月27日(34年前) (1985-05-27
対応OS Mac OS
種別 オフィススイート
ライセンス プロプライエタリ
テンプレートを表示

1984年11月発表、1985年5月発売。

対応アプリケーションソフトウェアが思うように揃わず、販売が伸び悩んでいたMacintosh人気回復の起爆剤としてアップルの期待がかけられていた。アップル、ロータス共に巨額の宣伝費をかけ、大規模な販促キャンペーンを行って注目を集めたが、マイクロソフトの表計算ソフト Microsoft Excelとの競争に敗れ、商業的には失敗した。

失敗の原因として「薄く広く」延ばすことにより各機能が必ずしも最高の品質を持ったソフトとはなり得ないこと、Lotus 1-2-3で好評だったマクロ機能が存在しないこと、動作が遅いこと、高価なこと(当初595ドル、後に395ドル)などが挙げられている。

参考文献編集

  • マイクロソフト-ソフトウェア帝国誕生の軌跡- 1992年 Daniel Ichbiah/Susan L. Knepper著 椋田直子訳 株式会社アスキー発行 ISBN 4-7561-0118-6

外部リンク編集