Luis-Mary (ルイ・マリー)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド1989年大阪府で結成され、インディーズ時代はFORK SONG RECORDSからCDをリリースした後、1991年日本クラウンからメジャーデビューをした。

Luis-Mary
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ロック
活動期間 1989年 - 1993年
レーベル FORK SONG RECORDS(1989年〜1991年)
日本クラウン(1991年〜1993年)
メンバー 灰猫(HAINE) (Vocal)
Zyeno (Guitar)
紫苑 (Bass)
KEN (Drums)

目次

メンバー編集

  • 灰猫(HAINE)
(西川貴教)・ボーカル、1970年9月19日生まれ、滋賀県彦根市出身
  • Zyeno
(山下善次) ・ギター、1971年1月4日生まれ、千葉県出身
  • 紫苑(Shien)
(丸山武久)・ベース、1972年8月25日生まれ、大阪府出身
  • KEN
(有田賢)・ドラム、1970年4月13日生まれ、千葉県出身

来歴編集

インディーズ時代編集

大阪スクールオブミュージック専門学校総合音楽科に籍を置いていた山下と丸山を中心に結成され、後に西川と有田が加入。インディーズ時代はライブ活動を中心としていた。やがて、ライブハウスのオーナーの提案によりインディーズでCDをリリース。発売後、日本クラウンからメジャーデビューの声がかかった。

メジャーデビューから解散まで編集

上京後、東京でのスケジュール管理のため、当時BUCK-TICKが所属していた音楽プロダクションV・シェイクハンドに所属。ファン層拡大のためファンクラブ『Luis-Mary OFFICIAL FAN CLUB XTRA ISSUE』を発足し、会報も作られた。日本クラウンはCDを出し続ければ絶対に売れるに違いないと、かなりのバックアップ体制でLuis-Maryをプッシュしたが、リリースしたCDは売れず、最終的に西川が自身とバンドとの音楽性の違いを主張し、解散を決意。1993年3月16日の宇都宮HELPでのライブをもって解散した。事前に解散発表は無くライブ後にロッキンf等に解散記事が掲載されるに留まった。なお、他のメンバーとしては、解散は不本意であったという。 

その後の活動とメンバーの現状編集

  • HAINEこと西川はソロプロジェクトであるT.M.Revolutionなどで活動中。
    • また、西川がT.M.Revolutionとしてデビューした後、日本クラウンからLuis-Maryのベスト盤のアルバム・VHSがリリースされている。西川は「お前の脱退のためにバンドを解散したのだから責任を取って残れ」と言われ、T.M.Revolutionとしてデビューするまで事務所に残り、給料も出ていた。
  • Zyenoこと山下善次は現在ツグティに改名し、愛$ラブチャンネル(アイドルラブチャンネル)のギタリストとして活動中。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 タイトル 最高位 備考
1st 1991年1月23日 Lainy Blue 圏外 インディーズ、1000枚限定
2nd 1991年11月21日 RAINY BLUE 圏外
3rd 1992年3月10日 WHiSPER (in your eyes) 圏外
4th 1992年10月21日 DRIVE ME MAD 圏外

アルバム編集

発売日 タイトル 最高位 備考
1st 1991年6月20日 ESCAPE〜鏡の中で〜 圏外 インディーズ
2nd 1991年7月21日 DAMAGE 95位
3rd 1992年3月16日 砂漠の雨 46位
4th 1993年3月5日 RUSH 圏外

ベストアルバム編集

発売日 タイトル 最高位 備考
1st 1993年7月21日 Best Collection 圏外
2nd 1997年9月26日 PERFECT SELECTION 70位
3rd 1997年12月17日 PERFECT SELECTION.2 圏外
3rd 1998年3月18日 PERFECT SELECTION.3 圏外

VHS編集

発売日 タイトル
1st 1991年12月16日 Imperfect Crime
2nd 1998年5月21日 PERFECT SELECTION.4