メインメニューを開く

lyrical school(リリカルスクール)は、日本の女性ヒップホップアイドルユニット。略称は「リリスク」。BootRock所属。レーベルはCONNECTONEビクターエンタテインメント)。

lyrical school
別名 tengal6(2010年 - 2012年
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
ヒップホップ
活動期間 2010年 -
レーベル ReleaseRush / FILE RECORDS(2010年 - 2012年)
BootRock / T-Palette Records(2012年 - 2015年)
キングレコード(2016年)
BootRock(2017年 - 2019年)
CONNECTONE / JVCKENWOOD Victor Entertainment(2019年 - )
事務所 NEWTRAL(2010年 - 2012年)
BootRock Inc.(2012年 - )
共同作業者 キムヤスヒロ
岩渕竜也
tofubeats
公式サイト lyricalschool.com
メンバー minan
hime
hinako
yuu
risano
旧メンバー mariko
erika
hina
yumi
ayaka
mei
ami

目次

概要編集

2010年10月に「tengal6」(テンギャルシックス)として結成。ヒップホップライターの高木"JET"晋一郎は、音楽ナタリーの連載「the scene of RAP IDOLS」(2018年)において、翌2011年に結成されたライムベリー(RHYMEBERRY)とともに、ラップアイドルの嚆矢かつ2大グループと評している[1]

結成のきっかけは、プロデューサーのキムヤスヒロやデザイン担当のmza(masataka yoshida)などが制作していたフリーマガジン「NEWTRAL」の企画。キムはこれらの経緯をまとめた「ヒップホップアイドルのプロデュース」を大学の卒業制作として提出した[1]。アダルトグッズメーカー・TENGAがスポンサーだったため、6人グループということで「tengal6」と命名された[2]

2012年8月、T-Palette Recordsへの移籍に伴い現在の「lyrical school」に改名[3]。9月17日に新宿MARZで行われた「アイドルラップナイト」でライムベリーとツーマンライブを行う[4]。なお、同年10月にはライムベリーがT-Palette Recordsに移籍(2015年離脱)、レーベルメイトとなるが、以後この2組でのツーマンライブは行われておらず、RHYMEBERRYが2019年5月末をもって解散したことから、これが唯一となった[5]。また、2015年11月には元ライムベリーのMC HIMEこと持田妃華が「hime」としてlyrical schoolに加入している。

2016年にはキングレコードからメジャーデビュー。同年4月にリリースされたメジャー1stシングル「RUN and RUN」は、MVスマートフォン視聴に特化された縦型のものとして話題になる[6]。またこのMVは、2016年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」サイバー部門銅賞を受賞した[7]

しかし、2017年2月にtengal6からのオリジナルメンバーであったayaka・ami・meiが卒業[8]、キングレコードとの契約も終了。残ったminan・himeとオーディションにより加入したhinako、yuu、risanoの5人により、5月21日のワンマンライブより新体制がスタート[9]。同年8月にminanが骨折したことにより、ライブでの振り付けやフォーメーションが削られ、メンバーによる自由なパフォーマンスが中心となった[10]

2019年5月、ビクターエンターテインメント・CONNECTONEレーベルから2度目のメジャーデビューすることを発表した[11]

メンバー編集

名前 誕生日 出身地 メンバーカラー 備考
minan(本多 未南) (1990-12-05) 1990年12月5日(28歳) 群馬県 2013年7月加入
hime(持田 妃華) (1998-05-14) 1998年5月14日(21歳) 神奈川県 2015年12月加入
ライムベリー元メンバー[12]
hinako 8月5日 新潟県 2017年4月加入
yuu 12月20日 兵庫県 2017年4月加入
risano 9月28日 2017年4月加入

旧メンバー編集

  • mariko(工藤まり仔、 (1988-07-19) 1988年7月19日(31歳))
    オリジナルメンバー。2013年1月26日のライブをもって卒業。
  • erika(知名えりか、 (1988-01-11) 1988年1月11日(31歳))
    オリジナルメンバー、初代リーダー。2013年6月をもってグループ卒業。音楽大学在学中より知名絵理香の名前で芸能活動を開始。
  • hina小松ひな (1996-06-05) 1996年6月5日(23歳))
    2013年3月加入。加入をきっかけに福島県から上京[13]。2014年2月27日発売ニンテンドー3DS専用ソフト『牧場物語 つながる新天地』のミュージックビデオに出演[14]。2014年6月16日から7月15日まで、東京ドームビジョンで上映されたシャープ『PrintSmash』のCMに出演。2014年、オムニバスDVD『トリツキ』「追霊」に出演。2015年12月13日、「学校で勉強している語学を生かした仕事に就きたい」という思いから海外留学を希望し、グループを離れる[15]。2017年に女優として芸能活動を再開[16]
  • yumi(清水裕美、 (1990-09-19) 1990年9月19日(28歳))
    オリジナルメンバー。アイドル甲子園シアター旗揚げ公演「AKIRA」(2015年9月29日 - 10月4日、新宿シアターモリエール)にAキャストで出演。2016年7月から体調不良で休養していたが、9月5日付で脱退となった[17]
  • ayaka大部彩夏 (1990-08-31) 1990年8月31日(28歳))
    オリジナルメンバー、2代目リーダー。2017年2月26日卒業とともに芸能界を引退。
  • mei芽依 (1991-04-19) 1991年4月19日(28歳))
    オリジナルメンバー。2013年7月公開の映画『讐 〜ADA〜』に出演[18]。2014年、オムニバスDVD『トリツキ』「追霊」に出演。2017年2月26日卒業。
  • ami(細越麻未、 (1991-07-05) 1991年7月5日(28歳))
    オリジナルメンバー、2017年2月26日卒業。

略歴編集

tengal6編集

2010年
  • 7月、NEWTRALがアイドルプロデュースプロジェクトを発表し、メンバーと協賛企業の募集を開始[19]。8月、アイドルプロデュースプロジェクトの協賛企業に株式会社TENGAが確定、グループ名はTENGAL6(tengal6)と発表された[20]。10月、最終候補者12名から6名を選ぶ一般投票がウェブで行われ、新宿クラブワイヤーで開催された最終オーディションイベントで6名のメンバー(erika、yumi、ayaka、ami、mariko、mei)が決定[21]
2011年
  • 5月7日、初のCD作品となるミニ・アルバム『まちがう』の手売り販売開始[22]。7月15日、ミニ・アルバム『まちがう』が全国流通盤にて発売開始[23]。10月28日、シングル「プチャヘンザ!」発売。
2012年
  • 5月25日、ファースト・アルバム『CITY』発売[24]
  • 6月9日、タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」の発足1周年記念ライヴにゲスト出演し、同年8月より同レーベルへの参加と、「lyrical school」への改名を発表[25]。8月1日、レーベル移籍を機にグループ名を「lyrical school」に改名。

lyrical school編集

2012年
  • 8月22日、改名後初のシングル「そりゃ夏だ!/おいでよ」をT-Palette Recordsより発売[26]。11月1日、marikoこと工藤まり仔が2013年1月26日のライブをもっての卒業と、併せてグループにとって初となる新メンバーのオーディション開催決定を発表[27]
  • 12月12日、シングル「リボンをきゅっと」発売。
2013年
  • 1月26日、渋谷SOUND MUSEUM VISIONでのワンマンライブ「lyrical school one man live 2013 Vol.1 mariko卒業『君にも書いたよ招待状』」をもってmarikoが卒業[28][29]。3月17日、2012年11月より募集開始したオーディションで選ばれたhinaこと小松ひなが加入。タワーレコード秋葉原店にて新メンバーのお披露目インストア・ライヴ開催[30]。5月15日、シングル「PARADE」発売。
  • 5月19日、タワーレコード新宿店にて開催されたシングル「PARADE」発売記念イベントにて、erikaが6月に卒業することを発表[31]。6月28日、タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」で行われた「lyrical school oneman live erika卒業『掴んだマイク』」でerikaこと知名えりかがグループを卒業[32]
  • 7月4日、新メンバーオーディションを7月14日にスタジアムプレイス青山にて開催することを発表[33]。7月27日、オーディションで新メンバーに決定したminanこと本多未南が、TOKYO IDOL FESTIVAL 2013「ENJOY STUDIUM」に5人と共に出演[34]。8月24日に行われた大宮ステラタウンでのイベントからminanが正式に合流[35]
  • 9月18日、改名後初のアルバム『date course』発売。12月11日、アルバムからのリカット・シングル「わらって.net/Myかわいい日常たち」発売。
2014年
  • 2月7日、渋谷WWWにて「lyrical school oneman live 2014」開催。オープニングDJにはレーベルメイトであるNegiccoのMeguがDJ Meguとして参加[36]
  • 4月2日に「brand new day」、7月15日に「FRESH!!!」、10月28日に「PRIDE」と、3枚のシングルを発売。
  • 11月2日、恵比寿LIQUIDROOMにて「lyrical school oneman live 2014 @ LIQUIDROOM」開催。オープニングDJとしてLinQの深瀬智聖がゲスト出演[37]
2015年
  • 1月27日、前年11月2日に恵比寿LIQUIDROOMで行われたワンマン・ライヴを収録した初の映像作品『lyrical school oneman live 2014 at LIQUIDROOM』発売。3月10日、アルバム『SPOT』発売。
  • 5月31日、沖縄サイバーボックスより初の全国ツアー「lyrical school tour 2015 “date spot”」スタート。7月25日には同ツアーの最終公演としてZepp DiverCity TOKYOでワンマンライブを開催[38]。11月4日には、同公演の模様を収録した2枚組DVD『lyrical school tour 2015 “date spot” FINAL at Zepp DiverCity』を発売[39]
  • 10月10日、青山Restaurant Bar CAYにて結成5周年記念 ワンマンライブ開催[40]。更に11月6日、川崎CLUB CITTA'にて結成5周年記念オールナイトイベント〝midnight date spot”を開催[41]
  • 10月13日、hinaこと小松ひなが「学校で勉強している語学を活かした仕事に就きたい」という思いから海外留学を希望し、12月に卒業することを発表[42][43]
  • 11月5日、12月13日のhina卒業公演後にhimeこと持田妃華(元ライムベリー)が加入することを発表[12][44]
  • 12月13日、渋谷SOUND MUSEUM VISIONで行われたワンマンライブ「lyrical school one man live 小松ひな卒業公演」でhinaこと小松ひながグループを卒業[15]
  • 12月20日、新宿BLAZEで行われた「T-Palette Records 感謝祭 2015」にてhime加入後の初ライブを披露[45]
2016年
  • 1月21日、キングレコードからのメジャーデビューと、初主演映画『リリカルスクールの未知との遭遇』の完成を記者会見にて発表[46][47]
  • 4月27日、メジャー・デビュー・シングル「RUN and RUN」発売[46]
  • 4月28日、メジャーデビュー後初のワンマンライブをCLUB CITTA'で開催。中継配信映像が、75万を超える視聴数を獲得する[48]
  • 5月28日、映画『リリカルスクールの未知との遭遇』公開[47]
  • 7月5日、yumiが体調不良のため、活動休止を発表[49]
  • 7月6日、メジャー2ndシングル「サマーファンデーション」発売。
  • 7月31日、2週間の休止後活動を再開したyumiが再び体調を崩したため、改めて活動休止を発表[50]
  • 8月12日、代々木公園野外ステージにて無料ワンマンライブ「SUMMER FOUNDATION 2016」開催[51]
  • 9月5日、体調不良で7月から休養していたyumiが公式サイトにて「lyrical schoolの活動から離れ、もうしばらくの休養と構想期間に入りたいと思い、辞めることを決めました」と理由を説明、脱退を発表[52]。5人での活動継続が併せて発表された[17]
  • 10月5日、メジャー3rdシングル「マジックアワー/格好悪いふられ方 -リリスクの場合-」発売[53]
  • 10月7日、ライブ「6周年パーティー」を川崎CLUB CITTA'にて行う。ゲストはcallmeアイドルネッサンスGANG PARADE
  • 11月16日、メジャー1stアルバム『guidebook』発売。12月2日に「アルバム完全再現ライブ」を川崎CLUB CITTA'にて行う[54]
  • 12月21日、初期メンバーのami、ayaka、meiが2017年2月末開催のワンマンライブを持って卒業し、その後残った2名を中心とした新体制で活動することが発表される[55]
2017年
  • 1月22日、かつて所属していたT-Palette Recordsの感謝祭にゲスト出演、同レーベルのアイドルネッサンスとコラボし、期間限定ユニット「リリカルネッサンス」としてシングルをリリースすることを発表、その曲「THE CUT」をパフォーマンスした[56]
  • 2月11日、リリカルネッサンスとして最初で最後のコラボイベント「リリカルネッサンス『THE CUT』リリースパーティー」を行う。
  • 2月26日、ワンマンライブをもって、ami、ayaka、meiが卒業。なお、ayakaは芸能界を引退、ami、meiは”スタミにゃす”として活動することを発表。
  • 3月8日、「lyrical school」の名前で女子のためのラップの学校を始めることを発表[57]
  • 3月29日、本多未南と持田妃華の2人体制でAbemaTV「矢口真里の火曜The NIGHT」#50に出演。本多がMPCを披露。
  • 4月18日、新体制発表。同時に、新メンバー(hinako、yuu、risano)が公式にツイッターを開始[58]
  • 5月21日、新体制お披露目ライブ「NEW GAME」を渋谷HARLEMにて行う。
  • 7月18日、新体制初のシングル「夏休みのBABY」発売。
  • 8月15日、代々木公園野外ステージにて「Negicco x lyrical school FREE LIVE Avec Summer Breeze @ Yoyogi Park」開催。
  • 9月17日、10月17日、11月5日、「秋の3ヶ月連続 ライブハウス対バン企画“MY DATE”」を開催。「MY DATE ON SEP.」の出演者はlyrical school×Maison book girl×フィロソフィーのダンス。「MY DATE ON OCT.」の出演者はlyrical school×Enjoy Music Club×アナ×思い出野郎Aチーム。「MY DATE ON NOV.」の出演者はlyrical school×サイプレス上野とロベルト吉野×Young Hastle×SUSHIBOYS。
  • 12月16日、「lyrical school one man live 2017 ”TAKE ME OUT”」を恵比寿LIQUIDROOMにて開催。
  • 12月19日、新体制第二弾両A面シングル「つれてってよ/CALL ME TIGHT」発売。
2018年
  • 2月14日、新体制初のライブ・アルバム「”TAKE ME OUT” ON DEC 16」発売。
  • 4月21日、「lyrical school one man live 2018 “Play It Cool”」を渋谷VISIONにて開催。
  • 6月19日、新体制初のフルアルバム「WORLD'S END」発売。
  • 7月1日、沖縄cyber-boxより、フルアルバム「WORLD’S END」を提げた全国ツアー「 lyrical school tour 2018 “WORLD’S END”」をスタート。

作品編集

tengal6名義編集

発売日 タイトル 形式 規格 品番
2011年06月15日 会場限定配布 CD -
2011年07月15日 ミニアルバム CD RRSH-002
2011年10月28日 シングル CD
DVD
RRSH-004
RRSH-004D
2012年05月25日 スタジオ・アルバム CD
LP
BORO-002
BOLP-001

シングル編集

# タイトル 発売日 規格 品番 備考
BootRock / T-Palette Records(2012年 - 2015年)
01 そりゃ夏だ!/おいでよ 2012年08月22日 CD TPRC-0022  
02 リボンをきゅっと 2012年12月12日 CD TPRC-0027  
03 PARADE 2013年05月15日 CD TPRC-0041【初回限定盤】  
TPRC-0042【通常盤】
04 わらって.net/Myかわいい日常たち 2013年12月11日 CD TPRC-0063【初回限定盤】  
TPRC-0064【通常盤】
05 brand new day 2014年04月02日 CD+DVD TPRC-0073【初回限定盤A】  
CD TPRC-0074【初回限定盤B】
TPRC-0075【通常盤】
06 FRESH!!! 2014年07月15日 CD TPRC-0092【初回限定盤】  
TPRC-0093【通常盤】
07 PRIDE 2014年10月28日 CD TPRC-0109【通常盤】 読売テレビキューン!」(毎週金・土・日放送)2月度エンディングテーマ
TPRC-0110【ayaka盤】
TPRC-0111【minan盤】
TPRC-0112【hina盤】
TPRC-0113【yumi盤】
TPRC-0114【mei盤】
TPRC-0115【ami盤】
08 ワンダーグラウンド 2015年07月21日 CD TPRC-0139【通常盤】  
CD+DVD TPRC-0140 / TPRC-0140V【初回限定盤】
Strategic Marketing / KING(2016年)
09 RUN and RUN[46] 2016年04月27日 CD KICM-91669【初回限定盤】 映画『リリカルスクールの未知との遭遇』主題歌
KICM-1670【通常盤】
NMAX-1225【通常盤】(イベント会場限定)
10 サマーファンデーション 2016年07月06日 CD KICM-91694【初回限定盤】
KICM-1694【通常盤】
NMAX-1235【通常盤】(イベント会場限定)
11 マジックアワー/格好悪いふられ方-リリスクの場合- 2016年10月05日 CD KICM-91721【初回限定盤】
KICM-1722【通常盤】
BootRock(2017年 - )
12 夏休みのBABY 2017年07月18日 CD BRTW-1034【通常盤】 フジテレビ系「魁!ミュージック」7月度エンディングテーマ
BRTW-1035【初回限定hinako盤】
BRTW-1036【初回限定hime盤】
BRTW-1037【初回限定minam盤】
BRTW-1038【初回限定yuu盤】
BRTW-1039【初回限定risano盤】
13 つれてってよ/CALL ME TIGHT 2017年12月19日 CD BRTW-1045【通常盤】
BRTW-1046【初回限定A盤】
BRTW-1047【初回限定B盤】
7インチシングルレコード BRTW-1049
カセットテープ BRTW-1050
14 パジャマパーティー/シャープペンシル feat. SUSHIBOYS 2018年12月25日 CD BRTW-1062
7インチシングル BRTW-1066
15 Tokyo Burning/Cookin' feat. Young Hastle 2019年1月22日 CD BRTW-1063
7インチシングル BRTW-1067
CONNECTONE / ビクターエンタテインメント (2019年 - )
LAST DANCE 2019年6月26日 配信限定
Enough is school 2019年7月24日
LOVE TOGETHER RAP 2019年8月28日

アルバム編集

# タイトル 発売日 規格 品番 備考
BootRock / T-Palette Records
1 date course 2013年9月18日 CD TPRC-0054  
LP TPRV-0004
2 SPOT 2015年3月10日 CD TPRC-0127  
LP TPRV-0014【完全生産限定盤】
Strategic Marketing / KING
3 guidebook 2016年11月16日 CD KICS-3429
2016年12月28日 LP NAS-2033
BootRock
"TAKE ME OUT" ON DEC 16 2018年2月14日 CD BRTW-1053 「lyrical school one man live 2017 "TAKE ME OUT"」(2017年12月16日、恵比寿LIQUIDROOM)の模様を収録したライブアルバム
4 WORLD’S END 2018年6月19日 CD BRTW-1054
LP BRTW-1055
カセットテープ BRTW-1056
WORLD'S END 南半球remix 2018年10月23日 CD BRTW-1061 リミックスアルバム
"lyrical school tour 2018 "WORLD'S END" 2019年3月19日 CD BRTW-1064 「lyrical school tour 2018 "WORLD’S END"」ファイナル公演(2018年10月19日、新木場STUDIO COAST)の模様を収録したライブアルバム
CONNECTONE / ビクターエンタテインメント
5 BE KIND REWIND 2019年9月11日 CD VICL-65236

映像作品編集

  • lyrical school oneman live 2014 at LIQUIDROOM(2015年1月27日) - 2DVD:TPRD-0009
  • lyrical school tour 2015 “date spot” FINAL at Zepp DiverCity(2015年11月4日) - 2DVD:BRTW-1020

参加作品編集

  • さよならポニーテール『青春ファンタジア』(2013年3月6日)- 初回生産限定盤に3MC(ami、ayaka、yumi)による「恋するスポーツ」のカバーを収録[59]
  • tofubeats『First Album』(2014年10月2日)- 「20140809 with lyrical school」に参加。
  • Various Artists『アイドルばかりピチカート-小西康陽×T-Palette Records-』(2015年4月22日)- 小西康陽プロデュースによる、ピチカート・ファイヴ楽曲のカバー・アルバム。T-Palette Records所属の5グループが参加[注 1]。「ヒッピー・デイ」に参加[60]
  • ESNO『Release』(2015年7月22日)- 「ターニングポイント(on the turntable)」にyumiが参加。
  • リリカルネッサンス「THE CUT」(2017年2月14日)- アイドルネッサンスとのコラボ作品、原曲はBase Ball BearRHYMESTERのコラボ。

ミュージック・ビデオ編集

活字媒体編集

主なライブ・イベント編集

2015年
  • 5月31日 - 7月25日、全国ツアー「lyrical school tour 2015 "date spot"」
  • 8月1・2日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2015
  • 12月5日、-Minan Birthday Jam Party-(渋谷NOS ORG)[65]※本多未南生誕祭、バンドセットによるソロLIVE。
  • 12月20日、T-Palette Records 感謝祭 2015〜今年新しく出来たyouthsource recordsも箱レコォズの面々も出るよ、もちろんTパレアームレスリング大会も開催!!年末大大感謝祭!!〜(新宿BLAZE)[66]
2016年
2017年

出演編集

インターネット放送編集

  • リリカルストリーム(2013年2月27日 - )月1回のustream放送[70]
  • チェケラっ超TV(2014年12月15日 -、2.5D)mei、minanのみ出演

ラジオ編集

  • FMおだわら「アイドル放送局〜隣のあの子もアイドルだ!〜」(2014年4月10日- 、毎週木曜日 22:30-23:00)- サブパーソナリティーとしてamiが出演
  • エフエム諫早「MMAradio771」(2018年4月9日 - 、毎月第二月曜日 18:00-19:00)※番組内のコーナー担当[71]

テレビ編集

映画編集

  • リリカルスクールの未知との遭遇(2016年5月28日公開) - 主演・lyrical school 役[47]

舞台編集

  • LIBERUSプロデュース 東京ギロティン倶楽部第一回公演「東京奇人博覧会」(2013年4月17日‐21日、スペース・ゼロ

CM編集

  • 出前館「出前館×AbemaTV」(2018年12月 - 2019年1月) - 矢口真里の火曜The NIGHTとの番組タイアップCM[73]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 参加グループ:lyrical school、Negiccoバニラビーンズワンリルキスアイドルネッサンス

出典編集

  1. ^ a b 高木"JET"晋一郎 (2018年7月30日). “the scene of RAP IDOLS 第2回 ラップアイドルの誕生 lyrical schoolとライムベリー”. 音楽ナタリー. 2019年5月20日閲覧。
  2. ^ 鈴木妄想 (2012年8月2日). “TENGAが育てた清純派アイドルtengal6。T-Palette移籍&lyrical schoolに改名!”. ウレぴあ総研. 2019年5月20日閲覧。
  3. ^ tengal6、タワレコアイドルレーベル参加&“リリスク”に改名”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年6月9日). 2013年10月19日閲覧。
  4. ^ 「10本のマイク!」アイドルラップ注目2組が汗だくコラボ”. 音楽ナタリー (2012年9月23日). 2019年5月20日閲覧。
  5. ^ 高木"JET"晋一郎 (2018年11月26日). “the scene of RAP IDOLS 第5回 進化を続けるラップアイドル メンバーの新陳代謝で確立されるオリジナリティ”. 音楽ナタリー. 2019年5月20日閲覧。
  6. ^ lyrical school“あのスマホMV”メイキング解禁”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年4月27日). 2016年5月7日閲覧。
  7. ^ lyrical schoolリリスクの“スマホジャック縦型MV”、カンヌ広告祭で銅賞に”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月23日). 2016年6月25日閲覧。
  8. ^ 「リリスクはまだ終わりません!」現体制ラストライブで涙こぼし歌った“9本のマイク””. 音楽ナタリー (2017年2月28日). 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ lyrical school新章の始まり、ワンマン&フリーライブで夏先取りの新曲披露”. 音楽ナタリー (2017年5月22日). 2019年5月5日閲覧。
  10. ^ インタビュー:証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ <TAKE ME OUT> 開催を控えるlyrical schoolの”いま””. CDジャーナル (2017年11月27日). 2019年5月5日閲覧。
  11. ^ リリスク2度目のメジャーデビュー!ニッパーくんと共に世界へ”. 音楽ナタリー (2019年5月19日). 2019年5月20日閲覧。
  12. ^ a b lyrical school、卒業hinaに代わる新メンバーは元ライムベリーhime”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  13. ^ 2013年 プレスリリース”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年3月13日). 2013年3月13日閲覧。
  14. ^ Human vs Animals 〜The amazing eyes of animal〜【3DS 牧場物語 つながる新天地】 - YouTube
  15. ^ a b 世界ではじけろポップコーンガール!リリスクhina笑顔で卒業”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月14日). 2015年12月14日閲覧。
  16. ^ komatsuhinaの2017年4月29日のツイート- Twitter
  17. ^ a b yumiに関するお知らせ” (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  18. ^ アプガ仙石&佐藤がW主演! ホラー映画〈讐 〜ADA〜〉にTパレ所属アイドル大挙出演”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年6月17日). 2013年7月16日閲覧。
  19. ^ NEWTRAL アイドルプロデュースプロジェクト”. NEWTRAL (2010年7月14日). 2011年6月15日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ NEWTRAL アイドルプロデュースプロジェクト”. NEWTRAL (2010年8月6日). 2011年6月15日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ 学生とTENGAがタッグを組んだ、アイドルユニット「TENGAL6」が発動。 WEB上で最終メンバー決定に向けた一般投票を開催中!(リアルライブ)”. livedoor ニュース (2010年10月6日). 2010年10月6日閲覧。
  22. ^ TENGAが贈る清純派Hip Hopアイドル、初のCDリリース決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年4月23日). 2011年4月23日閲覧。
  23. ^ tengal6、手売りのデビュー作「まちがう」全国流通盤に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年5月23日). 2011年5月23日閲覧。
  24. ^ tengal6が初アルバム!豪華作家陣を迎え1年間の総決算”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年4月5日). 2012年4月5日閲覧。
  25. ^ tengal6改めlyrical school、タワー発アイドル専門レーベルの仲間入り!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2012年6月9日). 2012年8月24日閲覧。
  26. ^ tengal6改めlyrical school、新作は夏全開パーティチューン”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年8月2日). 2012年8月2日閲覧。
  27. ^ リリスクmariko卒業に伴い新メンバーオーディション”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年11月1日). 2012年11月1日閲覧。
  28. ^ lyrical school新メンバー募集中 mariko卒業ライブは1/26に”. 2.5D (2012年11月7日). 2013年1月26日閲覧。
  29. ^ リリスクのメンバー卒業ワンマンをリポート!【lyrical school one man live 2013 Vol.1 mariko卒業「君にも書いたよ招待状」】”. Kawaii Girl Japan (2012年2月6日). 2013年2月12日閲覧。
  30. ^ lyrical school新メンバー決定! 3月17日タワー秋葉原店でお披露目”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2013年3月13日). 2013年3月13日閲覧。
  31. ^ lyrical schoolリーダーerika、6月でグループ卒業”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年5月20日). 2013年5月20日閲覧。
  32. ^ lyrical school、リーダーerika最後の“6本のマイク””. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年6月30日). 2013年7月1日閲覧。
  33. ^ lyrical schoolが新メンバー募集オーディションを開催! アイドルを目指す女子必見”. KAI-YOU. 株式会社カイユウ (2013年7月4日). 2013年7月4日閲覧。
  34. ^ profile”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2012年8月10日). 2014年4月1日閲覧。
  35. ^ lyri_schの2013年8月24日のツイート- Twitter
  36. ^ リリスク真冬の灼熱ワンマン、Megu参加で“7本のマイク”に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年2月8日). 2014年2月8日閲覧。
  37. ^ リリスク、初のリキッドワンマンで怒涛の33曲”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年11月4日). 2015年11月1日閲覧。
  38. ^ 「みんなに素敵なワンダーランドを見せたい!」リリスク、初の全国ツアー大成功”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年7月28日). 2015年11月1日閲覧。
  39. ^ 11月4日(水)にlyrical schoolライブDVD発売決定!!インストア情報更新”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年10月13日). 2015年11月1日閲覧。
  40. ^ リリスク結成5周年!ワンマンライブとオールナイトパーティ開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  41. ^ リリスク結成5周年!ワンマンライブとオールナイトパーティ開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  42. ^ lyrical schoolからhinaが卒業、ラストライブは12月予定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  43. ^ 小松ひな 卒業のお知らせ”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  44. ^ リリカルスクール新メンバーhime加入のご報告”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  45. ^ lyri_schの2015年12月20日のツイート- Twitter
  46. ^ a b c lyrical school、キングレコードからメジャーへ「もっと強い“チームリリスク”に」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  47. ^ a b c lyrical school、初主演映画の完成をメジャーデビュー記者会見で発表”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  48. ^ メジャーへ駆け出すlyrical school、ワンマン中継視聴者75万人超え”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年4月30日). 2016年5月7日閲覧。
  49. ^ cindy900919の2016年7月4日のツイート- Twitter
  50. ^ lyri_schの2016年7月30日のツイート- Twitter
  51. ^ リリスク代々木公園ワンマンで全国ツアー告知、ファイナルはZepp Tokyo”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月16日). 2016年9月2日閲覧。
  52. ^ lyrical school、yumiが脱退「もうしばらくの休養と構想期間に」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  53. ^ lyrical school、大江千里サンプリング曲のタイトルは“リリスクの場合””. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月1日). 2016年9月2日閲覧。
  54. ^ リリスク、グラタンチャリもサプライズも飛び出すアルバム完全再現ライブ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月5日). 2016年12月22日閲覧。
  55. ^ lyrical schoolから初期メンバー3名卒業、新体制での活動へ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月21日). 2016年12月22日閲覧。
  56. ^ lyrical schoolとアイドルネッサンス、期間限定コラボでCDリリース”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年1月24日). 2017年3月10日閲覧。
  57. ^ ラップが学べるlyrical school、女の子のための実践教育「ラップ女子校」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年3月8日). 2017年3月10日閲覧。
  58. ^ リリスクに3人加わり新体制、5月のライブで「NEW GAME」の始まり”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年4月18日). 2017年4月19日閲覧。
  59. ^ さよポニ新作『青春ファンタジア』初回特典CDにBiS、lyrical schoolが参加”. CINRA.NET (2013年2月14日). 2013年2月14日閲覧。
  60. ^ これさえ聴けば万事快調「アイドルばかりピチカート」収録楽曲明らかに”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年3月27日). 2015年3月27日閲覧。
  61. ^ サニーデイ・サービス「苺畑でつかまえて」【Official Music Video】. savemyvideo.. (2016年1月13日). https://www.youtube.com/watch?v=lK4mZNivisU 2016年1月13日閲覧。 
  62. ^ サニーデイ新曲MVにNegiccoのKaede、リリスクyumiらゲスト出演”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月14日). 2016年1月14日閲覧。
  63. ^ Negicco「矛盾、はじめました。」MV 作詞 土岐麻子 作曲 さかいゆう (2016/3/29 release). T-Palette Records.. (2016年3月2日). 該当時間: 4:51. https://www.youtube.com/watch?v=5VQdcvnSZMM 2016年3月2日閲覧。 
  64. ^ Negicco新MVにEspecia、リリスク、竹中夏海ら出演”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  65. ^ 12/5 Minan Birthday Jam Party のお知らせ”. lyrical school official web site (リリカルスクール) (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  66. ^ アームレスリングも再び!Tパレ主催企画にNegicco、リリスク、アプガら”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  67. ^ リリスク全国ツアーZepp Tokyoで完結、現体制ラストライブは2月に新宿で”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月31日). 2017年1月1日閲覧。
  68. ^ 『やぐフェス』出演者第2弾 椎名ぴかりん lyrical school 吉川友 など”. Fashion-J (2017年10月27日). 2017年10月28日閲覧。
  69. ^ やぐフェス~アイドルを原宿で見るか、アベマで見るか~”. AbemaTV(アベマTV) (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  70. ^ リリカルストリームチャンネル
  71. ^ エフエム諫早 新番組「MMAradio771」月1コーナーパーソナリティーに決定!”. lyrical school 公式サイト. 2018年6月23日閲覧。
  72. ^ 元日のフジテレビにアイドル大集合!赤裸々本音トークから一発芸まで”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  73. ^ 出前館 (2018年12月21日). “AbemaTV×出前館タイアップCMのオンエア開始!矢口真里さん、岡野陽一さんとlyrical schoolメンバーが出前館で忘年会年末年始のパーティ&おうちごはんは出前館で!” (日本語). @demaecan. 2019年1月13日閲覧。

外部リンク編集

ブログ

Twitter

Twitter(旧メンバー)

Tumblr

インターネット配信