メインメニューを開く

Mリーグ

Mリーグ機構が主催する競技麻雀リーグ

Mリーグ(エムリーグ)は、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ。麻雀プロスポーツ化を目的とし、2018年7月に発足した。レギュラーシーズン、ファイナルシリーズのそれぞれについてスポンサー契約を締結し、「大和証券Mリーグ」、「Mリーグ朝日新聞ファイナルシリーズ」という名称で開催している[1][2]

Mリーグ
最新シーズン
Mリーグ2019
概要
発足 2018年7月
競技 麻雀
公式ウェブサイト

目次

概要編集

 
対局のパブリックビューイングに集まった選手たち(2019年)

運営は一般社団法人Mリーグ機構。初代チェアマンにサイバーエージェント社長の藤田晋最高顧問Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎が就任した[3]。リーグ参加チームの所属選手に対しては最低年俸として400万円が保証されるが、一方で賭博行為への関与を固く禁じており、仮に関与が確認された場合には即解雇などの厳罰に処される[4]。また対局時にはチームごとに定められたユニフォームの着用が義務付けられる[5]。対局は全て東京・港区日の出駅そば)に新たに設けられる専用スタジオ「Mリーグスタジオ」にて行われ、一部の対局では隣接する施設でのパブリックビューイングも行われる(有料)[6][7]

開幕日である2018年10月1日には大和証券グループ本社との3年間のレギュラーシーズンスポンサー契約を締結したことと、名称を「大和証券Mリーグ」として開催することが発表[1][8]。また、2019年2月にはファイナルシリーズの冠スポンサーとして朝日新聞社とのスポンサー契約を結んだことを発表した[2][8]

競技は一般的な東南戦で一発裏ドラありのアリアリルール、かつ萬子、筒子、索子に各1枚ずつ赤牌を入れるルールで行われる[5]。また時間短縮を目的として全自動麻雀卓の自動配牌機能を使用する[5]他、審判制度を導入しており、一部の悪質な行為を犯した場合はサッカー同様にイエローカードが与えられ、1日で2枚提示された場合はレッドカードに変わり、個人トータルポイントから20ポイントが減算される[5]

ファイナルシリーズでは、各チームが持つレギュラーシーズンのポイントを半分にした上で引き継ぐ[9]

優勝賞金は5000万円[10]。以下、準優勝2000万円、3位1000万円。AbemaTVにおいて全対局の動画配信が行われる[11]。また、個人戦に関しては三賞制度で争われ、毎年の規定打荘数20試合以上の選手が対象となり、個人ポイント・平均打点・ラス回避率の各トップの選手がリーグ戦終了後に受賞する。

参加チーム、選手編集

歴史編集

2018年シーズン編集

2018年8月7日開催のドラフト会議において、既存の5団体(日本プロ麻雀連盟最高位戦日本プロ麻雀協会日本プロ麻雀協会麻将連合RMU)に所属するプロの中から各チームが指名し、7チーム、各3名、計21名のMリーガーが誕生した。同年10月に開幕し、各チーム80半荘のリーグ戦を行った結果、風林火山、ABEMAS、麻雀格闘倶楽部、ドリブンズがファイナルシリーズに進出した。ファイナルシリーズでは24半荘行い、2019年3月、ドリブンズの優勝で初年度の幕を閉じた。

Mリーグ駅伝編集

2019年7月6日から3日間に渡って放送される麻雀駅伝のMリーグ版[14]。初日に通常のMリーグルールで各チーム4回戦ずつ行い、2日目は赤ドラあり三麻を各チーム6回戦づつ行う。最終日はMリーグルールだが順位点等が倍のルールで各チーム3回戦ずつ行った後、上位4チームが得点を持ちこして1回戦勝負を行う。2018年シーズンの全7チームに加えて藤田晋チェアマンが率いる特別チームが参戦する。

2019年シーズン編集

各チームの所属選手数の上限を4人(下限3人)に拡大し、男女混合が義務付けられた。また、KADOKAWAが加盟し、チーム数が8チームになった[12]。この変更に伴い、前年シーズン成績に基づくウェーバー制によるドラフト会議を2019年7月9日に開催され、8名の選手が指名された[15]。同年9月30日に開幕し、2020年4月に終了予定である[16]。また、レギュラーシーズンは1チームにつき10試合追加されて90試合になる他、同シーズンの上位6チームでのセミファイナル(同16試合)が導入され、上位4チームがファイナルシリーズ(同12試合)に進出する[17]

Mリーグスタジオ編集

Mリーグ公式戦全試合を行う品川区浜松町に所在する専用スタジオ[18]。広さは約170平方メートル。対局フロアであるスタジオには日本初となる英国Mo-sys社のリアルタイムカメラトラッキングシステムStarTrackerを常設しており、カメラの動きとAR技術を連動させ、さまざまな映像効果を生配信で提供できる[19]。通常床面に着けるトラッキングマーカーは天井に着けられている。

スタジオに隣接して副調整室が設けられ、AR/RCG送出コントロール画面は、専用のコントロールソフトをテレビ朝日クリエイトおよび、テレビ朝日コーポレートデザインセンターが制作。9台のリモートカメラ、固定の天井カメラ、動的なクレーンカメラを合わせスポーツ中継同様の演出が可能となっている。

対局フロアの上階に4部屋の選手専用のロッカールーム。実況席、審判席、メイクルームを備える。

成績編集

レギュラーシーズン編集

レギュラーシーズン最終成績
ファイナルシリーズ進出 レギュラーシーズン敗退
年度 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
2018 風林火山 ABEMAS 麻雀格闘俱楽部 ドリブンズ Pirates フェニックス 雷電
ファイナルシリーズ進出 セミファイナル敗退 レギュラーシーズン敗退
年度 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
2019
個人タイトル
年度 スコア 平均打点 4着回避率
選手 チーム Pt 選手 チーム 打点 選手 チーム
2018 多井隆晴 ABEMAS 476.3 茅森早香 フェニックス 7873 滝沢和典 風林火山 0.90

ファイナルシリーズ編集

ファイナルシリーズ最終成績
年度 1位 Pt 2位 Pt 3位 Pt 4位 Pt
2018 ドリブンズ 594.5 風林火山 83.0 ABEMAS △147.0 麻雀格闘倶楽部 △282.0

配信編集

大和証券Mリーグ中継編集

AbemaTV麻雀チャンネルで平日の水曜日以外の19:00からリーグ戦の試合を生配信する他、オフシーズンには印象に残った節を再配信する場合がある。中継番組での実況は松嶋桃(月・金)と小林未沙(火・木)が担当[20]し、Mリーガーから毎回1人が解説を担当する。なお、終盤の解説に関しては土田浩翔内川幸太郎が担当するケースがある。トップを取った選手へのインタビュアーは松本圭世が担当している[21]

パブリックビューイング編集

特定の節とファイナルの8日間中前半2日間と後半4日間に限り、会場のMリーグスタジアムに近いTABLOID EMPIREでパブリックビューイングを開催している[22]。来場にはチケットぴあで購入したチケットが必要だが、開始1時間前以内にはチケットを購入していない人のためにオフィシャルグッズの販売を行っている。パブリックビューイングの内容として出場節ではないチームから1チームのメンバー全員による生解説&日向藍子による実況[23]や試合を行った各チームとのファンミーティング及び撮影会等が行われている。

熱闘!Mリーグ編集

熱闘!Mリーグ
 
収録場所であるEXけやき坂スタジオ
ジャンル 麻雀ニュース番組
配信時間 日曜日 22:00 - 23:00(60分)
配信期間 2018年10月7日 -
配信国   日本
制作 AbemaNews
テレビ朝日
出演者 田中裕二
須田亜香里
じゃい
ナレーター 白瀬ちゅうゐ
テンプレートを表示

概要編集

1週間のダイジェストやインタビュー、選手の素顔を2018年10月7日からMリーグを開催している週にAbemaNewsチャンネルの「熱闘!Mリーグ」で生配信[24]している。司会は田中裕二爆笑問題)が務め、他にじゃい(インスタントジョンソン)がレギュラー出演する。

アシスタントMCは2018年いっぱいはAbemaTVアナウンサーの西澤由夏滝山あかね藤田かんなの3人がローテーションで担当。ナレーションもそれぞれ持ち回りで務める。2019年1月配信分よりアシスタントMCに須田亜香里SKE48)が就任[25]。AbemaTVアナウンサーによるナレーションは継続。

2018シーズン終了後の2019年4月以降は基本月1回毎週最終日曜の放送となる。

内容編集

1週間のリーグ戦全試合結果を伝える「週間!Mリーグ・ダイジェスト」、今週行われた試合の名場面をじゃいが本人目線で解説する「じゃいの眼」、Mリーガー21人の素顔に迫る「21人の軌跡」、エンディングでの現役Mリーガーの生出演で構成され、スポーツニュースを意識して製作される。麻雀専門チャンネルではないため場面によっては細かな麻雀のルール説明が行われることもある。2019年3月31日の放送は朝日新聞ファイナルシリーズ終了後のTABLOID EMPIRE内にあるパブリックビューイング会場から放送された。

レギュラー編集

主なゲスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b 大和証券が「Mリーグ」レギュラーシーズンの冠スポンサーに 2020年まで - 麻雀ウォッチ・2018年10月1日
  2. ^ a b 「Mリーグ」が株式会社朝日新聞社とファイナルシリーズスポンサー契約を決定 - PR TIMES・2019年2月21日
  3. ^ 麻雀プロリーグMリーグ発足、最高顧問は川淵三郎氏 - 日刊スポーツ・2018年7月17日
  4. ^ 麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー......川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々 - Business Journal・2018年7月18日
  5. ^ a b c d Mリーグとは - Mリーグ公式サイト
  6. ^ パブリックビューイング観戦チケット販売開始 - Mリーグ・2018年9月14日
  7. ^ モニター映像はAbemaTVでの中継映像を使い、配信とは別にPV向けの生実況解説が置かれる。主に日向藍子が実況を担当(試合後のファンミーティングの司会も兼務)。
  8. ^ a b なぜ大和証券と朝日新聞社は「Mリーグ」冠スポンサーに名乗り出たのか | FEATUReS” (日本語). 株式会社サイバーエージェント. 2019年5月18日閲覧。
  9. ^ プロ麻雀リーグ「Mリーグ」2018 ファイナルシリーズ進出チーム決定 - Mリーグ・2018年2月13日
  10. ^ プロ麻雀『Mリーグ』発足 10月開幕へ 麻雀のプロスポーツ化目指す - オリコンニュース・2018年7月17日
  11. ^ 麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足 全試合AbemaTVで配信、麻雀のプロスポーツ化目指す - ITmedia・2018年7月17日
  12. ^ a b 株式会社KADOKAWAが新たに加盟 2019シーズンは8チームに/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES. 2019年7月1日閲覧。
  13. ^ 契約更改選手の公表/Mリーグ2019ドラフト会議 について”. Mリーグ公式HP (2019年7月4日). 2019年7月5日閲覧。
  14. ^ 今年の麻雀駅伝はMリーグ版!「Mリーグ駅伝」7月6日から全3回 藤田晋チェアマンチームも参戦 - Abema麻雀TIMES 2019年6月19日
  15. ^ 2019シーズンドラフト会議開催 8人が指名・交渉へ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年7月9日). 2019年7月9日閲覧。
  16. ^ 10月に開幕する2019シーズンの概要について” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  17. ^ 麻雀・Mリーグ藤田晋チェアマン、レギュレーション変更を発表 2019シーズンはセミファイナルを導入”. ABEMA麻雀TIMES. 2019年7月9日閲覧。
  18. ^ 佐田 (2018年11月1日). “Mリーグスタジオ潜入レポート!!最高品質のスポーツ中継はここから生まれる!!” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2019年1月22日閲覧。
  19. ^ プロ麻雀リーグの聖地「Mリーグスタジオ」をレポート!” (Japanese). PRONEWS : デジタル映像制作Webマガジン (2018年10月31日). 2019年1月22日閲覧。
  20. ^ ただし、両人のスケジュールの都合により担当曜日は変動あり。
  21. ^ 松本がスケジュールの都合で出演しない日は西澤由夏、または瀧山あかねが担当している。
  22. ^ 開催が決まってても都合で使えない場合はIDOL表参道で開催される場合がある。
  23. ^ ただし、18-19シーズンのファイナルに関しては日向が産休のため長澤茉里奈が実況の代役を務める。
  24. ^ 熱闘Mリーグ | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年9月26日閲覧。
  25. ^ 麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」新アシスタントにSKE48須田亜香里が就任「番組で勉強して、麻雀でもアイドル1位を目指したい」” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月11日). 2019年1月12日閲覧。

外部リンク編集