M・K・スターリン

ムットゥヴェール・カルナーニディ・スターリンタミル語: முத்துவேல் கருணாநிதி ஸ்டாலின், ラテン文字転写: Muthuvel Karunanidhi Stalin, 1953年3月1日)は、インド俳優政治家。2021年からタミル・ナードゥ州首相を務める。

M・K・スターリン
மு. க. ஸ்டாலின்
The Prime Minister, Shri Narendra Modi consoles and shares few words with son M.K. Stalin of Kalaignar Karunanidhi, in Chennai on August 08, 2018 1 (cropped).JPG
M・K・スターリン(2018年8月)
生年月日 (1953-03-01) 1953年3月1日(69歳)
出生地 インドの旗 インド、マドラス州マドラス
出身校 マドラス管区大学
前職 俳優
所属政党 ドラーヴィダ進歩党
配偶者 ドゥルガー
親族 ウダヤニディ・スターリン(息子)
サイン Mkstalinsign.png

在任期間 2021年5月7日 -
テンプレートを表示

経歴編集

後にタミル・ナードゥ州首相となるM・カルナーニディの三男としてマドラス(現在のチェンナイ)に生まれる。誕生の4日後に死去したヨシフ・スターリンに哀悼の意を表した父によって、「スターリン」と命名された[1][2]

マドラスのクリスチャン・カレッジ英語版であるM. C. C. 高等学校英語版で学んだ後、ヴィヴェーカーナンダ大学で大学入学前のコースを修了した。1973年マドラス管区大学歴史学の学位を取得した。1975年8月25日にドゥルガー(別名シャンタ)と結婚し、俳優兼政治家のウダヤニディ・スターリン英語版を含む2人の子供を儲けた。2009年8月1日アンナ大学英語版から名誉博士号を授与された。父と同様に、自身が無神論者であることを公表している。

1996年にチェンナイ市長に就任し、2002年まで務めた。2006年のタミル・ナードゥ州議会選挙でドラーヴィダ進歩党(DMK)が政権を奪回すると、州政府の農村開発担当大臣に就任した。2009年には州副首相となった。2018年に父のカルナーニディが亡くなると、DMKの党首となった[3]

2021年の州議会選挙でDMKが勝利し、5月7日にタミル・ナードゥ州首相に就任した[4][5]

出典編集

外部リンク編集