M101号線 (クロアチア)

クロアチア鉄道M101線 (クロアチア語: Željeznička pruga M101) はクロアチア共和国の首都ザグレブサヴスキ・マロフクロアチア語版を結ぶ路線である。サヴスキ・マロフ駅からスロベニアとの国境を越えるとドボヴァ駅スロベニア語版があり、列車はリュブリャナ方面(ドボヴァ - リュブリャナ線)に直通する。

M101号線
基本情報
スロベニアの旗 スロベニア
起点 ザグレブ
終点 サヴスキ・マロフクロアチア語版
開業 1862年
運営者 クロアチア鉄道
路線諸元
路線距離 26.709 km
軌間 1,435 mm
電化方式 交流50Hz 25kV
テンプレートを表示

概要編集

全長は26.709kmであり、全線が複線、交流50Hz 25kVで電化されている。汎ヨーロッパ回廊の10号線(ザルツブルク - リュブリャナ - ザグレブ - ベオグラード - ニシュ - スコピエ - ヴェレス - テッサロニキ)の一部を形成する。

歴史編集

オーストリア帝国時代の1862年にウィーン・グロッグニッツァー鉄道会社(ドイツ語: Wien-Gloggnitzer Eisenbahn Gesellschaft)によって建設されたオーストリア南部鉄道の支線としてジダニ・モスト - サヴスキ・マロフクロアチア語版 - ザグレブ - シサク間が開業したのが始まりである[1]。当線はクロアチア初の鉄道である。複線化は1944年に行われた。1892年にはザグレブ中央駅が開業した。

1919年から1977年にかけてはオリエント急行が当線を経由していた[2]

列車編集

ベオグラードやザグレブからリュブリャナに向かう国際列車が当線を経由する。国内列車も設定されている。

脚注編集

関連項目編集