メインメニューを開く
戦争証跡博物館で展示されているM132自走火炎放射器

M132(M132 Armored Flamethrower)は、1960年代初期、アメリカ合衆国によってM113及びM113A1装甲兵員輸送車をベースとして製造された自走火炎放射器である。約350両が調達された。

1962年8月、最初の試作車両が製造され、火炎放射器が搭載された。この試作車両はその年、戦闘で4回用いられただけであった。

1964年12月、2台のM132が第1機甲師団に配備され、その実戦経験に基づいて、それぞれの連隊に4両ずつのM132と2両ずつのM113が配備されることとなった。

目次

概要編集

車両はM113をベースとしており、操縦手は車体前方左の席に座る。車体中央の小さなコマンダー・キューポラにはM10-8除草用火炎放射器と7.62 mm同軸機関銃M73が取り付けられている。これらの武装は360度回転させることができ、上方55度、下方-15度程度まで仰角を付けることができる。

兵員室は除去され、M10燃料、加圧ユニット及び四つの球体型50ガロン(約190リットル)燃料タンクに置き換えられた。

搭載された200ガロン(約760リットル)の燃料によって最高32間点火することができ、加圧ユニットは200メートル台の目標へ炎を放射することを可能としている。

性能編集

脚注編集

関連項目編集