ブローニングM2重機関銃

ジョン・ブローニングが第一次世界大戦末期に開発した重機関銃
M2重機関銃から転送)

ブローニングM2重機関銃(ブローニングエムツーじゅうきかんじゅう)は、アメリカ合衆国20世紀戦間期に開発された重機関銃である。

ブローニングM2重機関銃
M2E2 Quick Change Barrel (QCB).jpg
ブローニングM2E2重機関銃
ブローニングM2重機関銃
種類 機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造
仕様
種別 重機関銃
口径 12.7 mm
銃身長 1,143 mm
ライフリング 8条右回り
使用弾薬 12.7x99mm NATO弾(通常弾、焼夷弾徹甲弾など)
装弾数 ベルト給弾(1帯110発)
作動方式 ショートリコイル
全長 1,645 mm
重量
  • 38.1 kg(本体のみ)
  • 58 kg(三脚を含む)
発射速度
  • 485-635発/分(M2HB)
  • 750–850発/分(AN/M2)
  • 1,200発/分(AN/M3)
  • 銃口初速 887.1 m/s(M33)
    射程
    • 2,000 m(有効射程)
    • 6,770 m(最大射程)
    歴史 
    テンプレートを表示

    原型である水冷式機関銃をジョン・ブローニングが開発したのが第一次世界大戦末期、前身のM1921がアメリカ軍に制式採用されたのは1921年、それを改良したM2の採用が1933年であるが、信頼性や完成度の高さから21世紀に入っても世界各国で生産と配備が継続されている。

    概要編集

    第二次世界大戦中アメリカで200万挺以上が生産され、大戦以来、現在でも各国の軍隊で使用されている著名な重機関銃である。M2のストッピングパワーや信頼性は伝説的ですらあり、口径が0.50インチであることから別名“キャリバー50” (Caliber .50) や“フィフティーキャル” (.50 Cal) と呼ばれる。

    M2は戦車装甲車トラックジープなどの車載用銃架、地上戦闘用の三脚架、対空用の高架三脚銃架、連装、または四連装の動力付き対空銃架、艦船用対空銃架といった様々な銃架に搭載されて用いられ、また、全体を軽量化して発射速度を高める等の改良を施された発展型が航空機用固定機銃、航空機用の手動 / 動力付き旋回機銃架として用いられ、空軍を問わず広く配備された。簡単な部品交換だけで左右どちらからでも給弾できることも柔軟な運用を可能にした。

    アメリカでは、M2の後継として1950年代後半に車両搭載用途を更新するものとしてM85機関銃が開発されたが、問題が多く、M2の後継とはならないままに終わった。1990年代後半より再び後継用機関銃の開発が進められ、XM312XM806といった新型機関銃の開発が進んでいたが、2012年に開発が中止された。

    結果、設計されて80年以上も経つが、費用を考慮しての基本構造・性能トータル面でこの重機関銃を凌駕するものは、現在においても現れていない。FNハースタル社が代表的な改良型として、銃身交換を容易にしたFN M2HB-QCB(M2 Heavy Barrel-Quick Change Barrel)を開発し、先進諸国を中心に現有M2重機関銃のQCB改修、生産の切り替えが進んでいる。

    開発編集

    第1次世界大戦への参戦の結果、装甲戦闘車両戦車)や金属製外皮を持つ全金属製航空機の登場を鑑みて、より大威力の機関銃が必要だと考えたアメリカ外征軍総司令官ジョン・パーシング将軍は、当時のアメリカ軍の標準弾薬であった.30-06スプリングフィールド弾(.30口径(7.62mm)を上回る口径・威力の弾薬とそれを用いる火器の開発を要求した[1]。パーシングからの要求の他にも、前線からは砲兵戦闘において大きな脅威となる敵の砲兵観測気球を射撃できる歩兵部隊用の高精度かつ長射程・大威力の火器が求められていたこともあり、これらの要求を包括できる新弾薬(およびそれを使用する銃)の実用化が急がれた。

    この要求に対し、観測気球を射撃することを目的に進められていた弾薬の研究から、まずはフランスおよびイギリスで対気球攻撃に用いられていた11×59mmR Gras弾(英語版)の導入が検討されたが[2]、これは性能の面でパーシングの要求を満たせず[2]、次いで.30-06スプリングフィールド弾を基に拡大化した.50口径(12.7mm)の弾薬が開発され、最終的には.30-06弾の拡大形を基本としてドイツの対戦車・対航空機用弾薬である13.2x92mm TuF弾を参考にしたものがウィンチェスター社により.50 BMG弾として完成した[3]。この弾薬を用いる機関銃として1918年ジョン・ブローニングが完成させたものが、水冷式のブローニングM1917重機関銃を拡大改設計した“ブローニング・ウィンチェスター.50口径重機関銃(Browning Winchester Cal.50 Heavy Machine Gun)”で、この機関銃はアメリカ軍に採用されて“Model 1918”の仮制式名が与えられたものの、同年に戦争が終結したため、量産と配備は行われなかった。

    大戦後の1921年になり改めて制式化されたブローニング・ウィンチェスター.50口径重機関銃には「M1921」の制式名が与えられ、アメリカ軍への導入が進められた。戦間期の軍縮による予算の縮小により当初の予定ほどには装備されなかったものの、その威力と射程は様々な標的に対し大いに有効であった。しかし、給弾方向が一方に限られる(機関部左側からのみ可能)ことなど運用上の不満点も多く挙げられ、1933年には改良型が開発された。これがCal.50 M2である[注釈 1]

    M2では肉厚の銃身とすることで銃身の過熱に対する耐久性を向上させた空冷型も開発され、「M2 HB」(Heavy Barrel:重量型銃身の意)の制式名が与えられた。1938年の本格調達開始以後、水冷型に替わって地上部隊向けの標準的なモデルとなり、HB型は単に"M2"と呼ばれるようになり、"Cal.50 M2"といえばこのモデルを指すようになっている。

    M2の前身であるM1921には航空機搭載用に空冷銃身とした航空型の「M1921E1」もあり、戦間期のアメリカ製戦闘機の武装として用いられたが、やはり給弾方向が一方に限られること(機首に並列に搭載できず、翼内搭載も難しくなる)、航空用としては重量があること、発射速度に対しての不満などがあり、M1921がM2に発展するにあたって、地上 / 艦載型との互換性をある程度断念し、部品の共通性が低いが大幅に軽量化して発射速度も向上させた航空機搭載専用のものが開発された。これには「Cal.50 AN/M2」の制式名が与えられ、アメリカ軍の主力航空機関銃となった。AN/M2は発射速度と信頼性を向上させた改良型の「Cal.50 AN/M3」に発展し、M3の更なる発展型として「GAU-15/A(XM218)」「GAU-16/A」「GAU-18/A」「M3M/P」といった各種改良型が開発されている。
    (「ブローニングM2重機関銃#AN/M2」および「ブローニングM2重機関銃#AN/M3の節参照)

    特徴編集

    M2重機関銃はクローズドボルト形式の閉鎖機構を持ち、ショートリコイル方式で作動する弾帯給弾式機関銃で、その設計は基本的に原型のM1917機関銃と同様であり、作動部品の各部構成もほぼM1917と同一であるが、使用弾薬の大口径化に伴って“リコイルバッファー(英語: Recoil Buffer)”と呼ばれる油圧式の緩衝装置が追加されている点が異なる[4]

    装填は銃本体のフィードカバーを前方へ押し上げて弾帯の第1弾を給弾口に差し入れた後、フィードカバーを閉じ、機関部側面にあるコッキングレバーを後方へ引く必要がある。カバーを開けずに装填することも可能であるが、この場合は第1弾を給弾口に差し込んだ後にコッキングレバーを二度引かないと薬室に初弾が入らない。なお、給弾方向(弾帯の挿入方向)は簡単な部品の変更と組み換えで左右どちら側にも任意に変更することが可能で、コッキングレバーも簡単な作業で左右任意の位置に変更することができる。発砲後の排莢は機関部の下方に行われ、弾帯の金属製分離式リンクは給弾口の反対側に排出される。

    発射は後部に露出する逆Y字型のトリガー("butterfly trigger"と呼ばれる)を親指で押す押金式となっている。M2には連 / 単射の切り替え機能はないが、連射はトリガー下のボルト・ラッチ・リリースを解放状態で固定することで可能とする方式で、ボルト・ラッチ・リリースを解放状態にしなければ作動は1発のみで停止する(再度の発砲にはボルト・ラッチ・リリースを改めて解放してボルトを前進させる必要がある)。これにより実質的にセミ/フルオートの選択が可能である[5]。射撃方向はトリガー両脇にあるハンドルを操作することで変更する。なお、M2には元来はトリガーや発射機構を固定する安全装置(セイフティ)は備えられていないが、近年の改修型(M2A1)では安全装置が追加されている。

    設計上の射撃速度は450-600発 / 分だが、連続射撃に伴う機関部と銃身の過熱から持続発射可能数は40発程度で、銃身は100発程度の発砲で温度が約130-230 ℃に達する。これにより、銃身底部と機関部の間隔を調整する頭部間隙(ヘッドスペース(head space)の調整と、撃発と排莢のタイミングを最適化するタイミング調整という作業が必須となる。これを怠ると命中精度が著しく損なわれる他、排莢不良や過大な発射ガス漏れによる射手の負傷など、事故へとつながる。調整にはそれぞれ専用のシックネスゲージを用いて行われる。本稿冒頭で紹介したFNハースタル社のFN M2HB-QCBは、この調整作業を省略できるようにした改良である。通常は5-7発程度の弾数を断続的に射撃する(バースト射撃)ことを繰り返す形で運用される。

    運用編集

    歩兵の場合、M2は3名のチームで運用するためEn:Crew-served weapon(CSW)の一種である。基本的構成として用いられる三脚は対地攻撃用のM3三脚架(現在はM205三脚へ代替中)で、この他、対空機銃として用いるための地上設置型マウントが各種ある(後述「銃架」の節参照)。

    なお、軽機関銃分隊支援火器のもののように銃自体の付属品として装備される二脚とは異なり、M2用の三脚架はそれ自体に個別に制式番号のつけられる、独立した装備品である。ただし、M2を三脚架を用いずに本体を直接射手がハンドルを保持する等の運用法で射撃することは、重量・発射反動の点から実際には不可能であるため[注釈 2]、M2が本体のみで銃架を用いずに運用されることはない。

    M2は装甲車両に装備される機関銃としても標準的な存在であり、M60パットンM1エイブラムスなどの戦車やM113M109といった装甲戦闘車両では主に車長武装として車長用展望塔(司令塔)に、ソフトスキン車輌ではキャビン上にマウントリングを追加して自由に旋回させられるようにして装備している。さらに、近年はM2を搭載した遠隔操作銃座(RWS)が複数種開発され、ストライカーICVなどの車輌に搭載されている。

    航空機銃として編集

    M2の航空機搭載型としての派生型であるCal.50 AN/M2(後述)は、第二次世界大戦中に使われたアメリカ軍航空機の代表的な武装でもあった。AN-M2は弾道特性の良好さと開戦当初はまだ主流であった7mmクラスの航空機銃と比較して大口径大威力であったことから大きな効果を示したが、航空機銃として見ると列国のものの中では使用弾薬の口径と発射速度に比して銃本体が大柄で重く、弾薬給弾方式を銃本体の給弾機構にのみ依存しているため、高いGのかかる空中戦では空戦機動時にベルトリンクが捩れることによる装弾不良が頻発、装備方法に改良が加えられたが、完全とはいえなかった。アメリカ陸海軍では20mm口径の航空機関砲への移行を計画したが、十分な性能と信頼性を持ったものが導入できず、大戦を通じてAN/M2が主力航空機関銃として用いられることになる。

    このため、航空機には1機当たり多数を搭載することで火力を補い、装弾不良の発生で火力を失う事態を避ける工夫が成された。中でもA-26は、前方固定のM2を14門(加えて旋回機銃として連装機銃2基、合計18門)装備することにより機体性能も相まって圧倒的な攻撃力を得た。アメリカの開発した初期のジェット戦闘機においてもAN/M2、およびその改良型のAN/M3が多連装で搭載されている。しかし、炸裂弾頭を用いることのできない12.7mm機銃弾では同時発射数で補ったとしても口径20mm以上の機関砲に火力で劣るため[注釈 3]、第二次世界大戦後は20mm口径の航空機関砲への移行が本格的に進められ、ポンティアック M39リヴォルヴァーカノン、そしてM61 モーターガトリング砲といった20mmクラスの航空機関砲に取って代わられている。

    現在ではアメリカ軍の固定翼機でこの銃を搭載する機種は運用されていないが、アメリカ海兵隊ではUH-1NCH-46ECH-53Eなどのヘリコプタードアガンとしてキャビン内から乗員が対地射撃をする際に使用している。他にブラジル製軽攻撃機A-29スーパーツカノはM3P 12.7mm機銃を固定機銃として運用している。

    艦載機銃として編集

    M2は制式化当初より水冷銃身型が艦艇に搭載する対空機銃として用いられた。航空機銃同様、第2次世界大戦とそれ以後は20mm口径の機関砲に代換されていったが、小型艦艇に対する近距離攻撃兵器としては艦載兵装として運用され続け、連装もしくは単装の銃架に装備して哨戒艇の主武装としても用いられた。

    現在でもアメリカ海軍の一部艦艇に個艦防衛の最終防衛ラインの一翼を担う兵器として装備されている他、アメリカ沿岸警備隊も使用している。

    長距離狙撃兵器としての運用編集

     
    リューポルド Mk.8 光学照準器を装着した複合マウント[7]を載せたM2を撃つアメリカ海兵隊員

    ベトナム戦争において、後に確認殺害戦果93を挙げたアメリカ海兵隊のトップ・スカウト・スナイパーであるカルロス・ハスコックが、この重機関銃の射程の長さと威力に注目して前線基地で単発狙撃に使用し、7.62mm弾よりも弾道特性が良好で射程も威力も充分であると報告している。

    実際に、この時の狙撃は当時の最長距離の狙撃記録を大きく上回り(約2,300m)、その35年後に元から狙撃用として作られた対物ライフルによって、やっとこの記録は破られた。この銃は長時間の射撃に耐えるために長く重い銃身(ブルバレル)を持ち、三脚による固定と本体重量の恩恵で単発射撃では反動の問題もほとんどなく、発射速度が機関銃としては比較的遅いことから、トリガーでセミオート、フルオートのコントロールをするのが容易であったという。銃身・弾薬の精度は比較的高く、構造上も他の機関銃に比べれば狙撃に向いている。これは、ハスコックのオリジナルではなく、古くは朝鮮戦争の長期に亘る山岳戦において、長距離での狙撃に使われている。そこではブリーチをロックしてセミオート化し、上部にテレスコピックサイトを追加する事で、据付の長距離狙撃銃として使用したという記録が残されている。

    フォークランド紛争での運用と狙撃運用説について編集

    本銃が活躍した例としてフォークランド紛争でのアルゼンチン軍の防衛戦術がある。1982年6月11日にイギリス軍第3空挺大隊は夜陰に紛れてロングドン山地へ進軍し、西側の山頂”フライハーフ”に到達したものの、21:30ごろ周囲のアルゼンチン軍陣地に捕捉され、105mm無反動砲や迫撃砲による砲撃に加え、暗視装置を装備した狙撃兵による狙撃とともに遮蔽壕からM2重機関銃による猛射を浴び、狭い稜線上でほとんど身動きができない状態に陥った[8]。これに対しイギリス軍は砲兵に支援を要請したが、強固な天然岩盤に囲まれたアルゼンチン軍陣地にはあまり効果がなく、最終的に7.62mm汎用機関銃で支援された歩兵がアルゼンチン軍火点に対戦車兵器や手榴弾と銃剣突撃による直接攻撃を敢行し、これを攻略した[9]。イギリス軍は18人の戦死者と約40名の負傷者を出すなど、出血を強いられた [10]

    上記のアルゼンチン軍の重機関銃運用を、通常の射撃ではなく「単発撃」であったとする記述が、一部の和文文献には見受けられる[注釈 4]。しかしフォークランド紛争、狙撃銃、狙撃手などに関する英文の文献やその和訳書[注釈 5]には、「フォークランド紛争での重機関銃による単発撃」についての言及が見当たらない。また「フォークランド紛争での重機関銃の狙撃運用がきっかけとなって対物ライフルが開発された」とする説も、一部の和文文献[注釈 6]には見受けられるが、これも英文文献やその和訳書[注釈 7]では言及されていない。

    日本におけるM2重機関銃編集

    日本軍での使用編集

    太平洋戦争では大日本帝国陸軍陸軍航空部隊)を中心に、日本軍でも航空機関砲(固定式・旋回式)としてブローニング系機関銃やその改良型が大々的に使用された。

    ホ103
    陸軍は、M2重機関銃の航空機搭載型であるAN/M2(MG53-2)をベースとし、実包ブレダSAFAT 12.7mm重機関銃の規格(12.7x81mmSR)に変更し、独自の改良を施した、ホ103(一式十二・七粍固定機関砲)を採用し、一式戦「隼」を始めとする大半の陸軍戦闘機に装備した。
    ホ103はM2と比べ、砲自体が一回り小型軽量でかつ発射速度に勝るものの、代償として弾頭が少々軽いので、威力と初速で劣った(代わりにM2には無い榴弾「マ弾」が使用可能)。また、M2の欠点は大きく重いことだが、ホ103はその重量を大きく下回った。
    ホ5
    更に陸軍は、高威力20mm機関砲の開発に着手し、12.7mmのホ103をベースに20mm弾(20x94mm)に対応するように拡大改良したホ5(二式二十粍固定機関砲)を開発採用、四式戦「疾風」を始め、太平洋戦争中期以降登場の多くの陸軍戦闘機が装備した。
    ホ5は、口径20mmながら口径12.7mmのM2とほぼ同寸法同重量であり、発射速度や初速も優秀で相応の威力を持つ。
    三式十三粍固定機銃
    海軍でもM2をベースに、オチキス(保式)系である九三式十三粍重機関銃銃身と13mm弾(13.2x96mm)を用いる三式十三粍固定機銃として採用したが、搭載機は大戦後期登場の零戦五二乙型以降の少数の海軍戦闘機のみに留まった。こちらはM2と比べ発射速度に勝りサイズや重量はM2とほぼ同等、なおかつ弾頭重量が大きく一発あたりの威力で上回るが初速は低い。

    第二次世界大戦後における使用編集

    第二次世界大戦後、日本が再軍備を進めるとM2もまずはアメリカ軍よりの供与品として装備された。供与品の他、住友重機械工業の田無製造所では1984年からライセンス生産が行われている。

    陸上自衛隊では主に戦車自走砲装甲車などの車載機関銃や対空用として「12.7mm重機関銃M2」という名称で採用して各部隊が装備しており、年間80挺を新規調達している。M3銃架は96式40mm自動てき弾銃と互換性がある。対空兵器として地上設置する場合はM63対空銃架を使用する。現在では前述のQCB仕様のものが調達されている。調達価格は約530万円である[要出典]

    海上自衛隊では創設間もない時期の護衛艦哨戒艇などに数挺搭載していたが、威力不足と短射程を理由に一時期搭載する艦艇はなくなった。しかし、北朝鮮不審船事件などを受けて、皮肉なことに現役艦載武器の威力過剰[注釈 8] が問題とされて、小目標に対する適切な火力を有する本銃が再び搭載されるようになった。なお、M2は艦艇固有の装備ではなく搭載品として扱われている。航空自衛隊でも本機関銃を四連装としたM55機関銃トレーラーを基地防空用として採用した[注釈 9]

    海上保安庁でも創設当時から運用しており、「13ミリ機銃」と呼称され、多くの巡視艇に装備された。現在でも13mm単銃身機関銃として巡視船巡視艇に搭載されている。

    2013年(平成25年)12月18日、メーカーの住友重機械工業において、5.56mm機関銃(ミニミ軽機関銃)・74式車載7.62mm機関銃・12.7mm重機関銃(ブローニングM2重機関銃)の3種で少なくとも合計5,000丁にものぼる試験データ改竄が発覚。同社は5ヶ月の指名停止処分となった。

    各型および派生型編集

    Browning Winchester .50 caliber Heavy Machine Gun
    1918年に製作された試作型。銃身は水冷式。ブローニングM1917重機関銃を拡大改設計し、大口径化に伴う改良を加えたものとなっている。
    "M1918"の仮制式名称で採用されたが、量産は行われなかった。
    M1921
    1921年に.50口径機関銃として初めて制式化され、量産 / 配備された型。Cal.50 HMG(M1918)の各部に改修を加えたもの。
    M1921E1
    バレルジャケットを冷却孔の開いた空冷式とした航空機搭載型。遠隔操作式の固定武装型(Fixed)と手動操作式の旋回機銃型(Flexible)が開発されている。
    M1921A1
    1930年に採用された改良型。連続射撃を行うと銃身先端が加熱する問題に対処したもの。既存のM1921は全て-A1に改修されている。
    M1921 W.C.
    海軍向け水冷銃身型。"W.C."とは"Water Cooled"(水冷式)の略号である。艦艇に搭載される対空機銃として用いられ、陸軍向けの陸上用水冷型に比べて容量の多い冷却水タンクが装備され、全体に防塩皮膜が施されている。
    W.C.モデルはM1921A1型でも引き続き使用され、長時間連射に対応するために銃身を肉厚の重銃身とした"W.C.,HB"("HB"とは"Heavy Barrel"の略)モデルも製造された。
    Cal.50 T1
    M1921A1の発展改良型。給弾が左右どちらからでも可能になっていることがM1921との相違点である。
    Cal.50 T2 / M1
    1931年に開発されたT1の改修型。
    1933年にはT2に更なる改修を加えた"Cal.50 T2E1"が開発されて制式化され"M2"となったが、T2も同年にM2の開発完了/制式化以前に"Cal.50 M1"として制式化されている。しかし、直後にアメリカ軍当局は量産発注はM2に一本化する決定を下したため、T2がM1として発注、および部隊配備されることは無きままに終わった。
     
    2連装対空銃架に搭載されたM2
    M2
    1934年より発注された、M2としての最初の量産型。銃身は水冷式。
    M2 W.C.
    海軍向け水冷銃身型。艦艇に搭載される対空機銃として用いられたもので、M1921 W.C.同様に大容量冷却水タンクを装備し、防塩皮膜が施されている。
    M2 HB
    M2の水冷式の銃身冷却装置を廃したもの。"HB"とは"Heavy Barrel"、“重量型銃身”を意味する。水冷に代わり肉厚の銃身とすることで銃身の過熱に対する耐久性を向上させたもので、1938年より本格的に調達されると水冷型に替わって標準的なモデルとなった。後に水冷型のM2が使われなくなるとこちらのHB型の方が単に"M2"と呼ばれるようになり、"Cal.50 M2"といえばこのモデルを指すようになった。
    M2E1
    M2 HBの撃発機構を電磁(ソレノイド)式とした車載型。M55四連装対空機関銃架や、これを車載化したM16対空自走砲のM45対空銃架や、2挺のM2と1門の37mm機関砲を混載したM42またはM54対空銃架を備えたM15対空自走砲といった自走対空砲の備砲、T42中戦車(M47中戦車の試作型)やM41軽戦車の試作型と初期生産型などの主砲同軸機関銃、M48パットンの銃塔機銃やM1エイブラムスの車長展望塔用機銃として用いられた。
    M2E2
    FNハースタル社により開発されたFN M2HB-QCB(後述)モデルのアメリカ軍名称。
    M2A1
    M2E2の制式名。2011年に採用され、アメリカ軍では同年から現役にある歩兵部隊向けM2の全数を-A2仕様に改修するプログラムを進めている。
    輸出型
    Colt MG 52 / MG 52A / MG52-2
    M1921およびM2の輸出型。MG52Aは水冷型銃身を持つ[19][20]
    Colt Browning Model 1924/1942
    コルト社によるM2 / M2HBの輸出モデルの呼称。グァテマラに輸出された。
    発展型
    T27
    ハイスタンダード社によって試作された発展型。発射速度の向上を目的としたもので、1944年1月から1945年3月にかけてT27/-E1/-E2/-E3/-E4/-E5/-E6/-E7と改良試作品が製造されてテストが繰り返されたが、作動不良と部品の破損に悩まされ、T27E4では毎分1,330発の発射速度を達成したものの、作動中の破損と作動不良が多すぎるとして計画中止となった。
    T42
    対空兵器の装備機銃として開発された発展型。毎分700発の発射速度を持つことが要求され、AN/M3の設計を採り入れて開発された。高速連続射撃に耐えるために肉厚の重銃身としたやや短い銃身を持つ。試作のみで制式採用はなされずに終わった。
    M85
    ジェネラル・エレクトリック社がM2の後継としてM2の設計を発展させて開発した50口径重機関銃。まず車両搭載用として開発され、M60戦車LVTP7水陸両用装甲車に搭載されたが、問題が多く、M2の後継とはならなかった。
    XM806
    ジェネラル・ダイナミクス社がM2の後継として開発を行っていた50口径重機関銃、2012年に開発が中止された。
    国外生産型
     
    空包発射補助具を取り付けたK6
    K6[21]
    韓国統一重工業が老朽化したM2の代替に設計した改良型。FN M2HB-QCBに準じたもので、銃身に把手を取り付けて銃身交換を容易にしたもの。1989年から韓国軍に配備されている。
    FN M.1939
    ベルギーのFN社が航空機搭載用に開発したM2の派生型。炸裂弾等を使用できるよう大口径化し13.2x99 mm弾仕様に変更、発射速度を1080発/分に向上させている。
    Akan m/39(Automatkanon m/39)
    M.1939のスウェーデンでの制式採用名称。
    Akan m/39A(Automatkanon m/39A
    スウェーデンのエリクソン社でライセンス生産されたm/39の制式名。
    12.7 Lkk/42 VKT
    フィンランドでコピー生産されたM.1939。口径と使用弾はオリジナルと同じ12,7x99 mm弾に再変更されている。銃身のヒートカバーが銃口部まであり、形状がベルグマン MG 15nAに似たスリット型になっていることがM2とは異なる。
     
    FN M2HB-QCB
    FN M2HB-QCB
    FNハースタル社により開発された改良型。"QCB"とは"Quick Change Barrel"の略で、交換後の位置調整を必要としない形で銃身が交換できるようになっており、これにより迅速な銃身交換が可能となった。銃身部の根本にL字型のグリップがあることが外観上の特徴である。
    BRG-15
    FN社がM2の後継に提案した改造型。15.5x106mm弾を使用。

    AN/M2編集

     
    P-38 ライトニング 双発戦闘機の機首に搭載されているAN/M2

    M2の航空機搭載型。ただし、地上型のM2から直接開発されたわけではなく、ブローニングM1917重機関銃の航空機搭載型であるM1918M1を.50口径に拡大改設計したものである"Cal.50 Model 1918"より発展したもので、M2の派生型ではあるが開発系統は別個のものである。"AN"とは"Army / Navy"、“陸海軍共通”を示す[注釈 10]

    外観及び作動機構や基本的な内部構造は地上型のM2とほぼ同様だが、機関部前端の形状が異なることと、バレルジャケットが銃口部まであることが識別点である。地上型に比べレシーバーの板厚を薄くするなどして全体的に軽量化されており(M2の38kgに対しAN/M2は28kg)、発射速度は毎分600-800発、もしくは毎分700-850発に向上されている。

    銃架に架載されて地上型のM2と同様のスペードグリップ/手動トリガーを用いて射手が操作する手動操作型と、電磁式トリガーに対応した撃発システムを用いて戦闘機の主翼や機首に装備され、コックピットからの遠隔操作で発射できるようになっている固定搭載型がある。

    P-47 サンダーボルトB-17といったアメリカ軍戦闘機爆撃機などに広く搭載された他、ベトナム戦争においてはヘリコプターなどにも搭載された。

    AN/M2(.50 AN/M2)[22][23]
    口径 0.50 in (12.7 mm)
    全長 固定式:57.09 in (145.01 cm)、旋回式:56.4 in (143.26 cm)
    砲身長 36.0 in (91.44 cm)
    総重量 固定式:61.4 lbs (27.85 kg)、旋回式:65.4 lbs (29.66 kg)
    砲身重量 10.2 lbs (4.63 kg)
    砲口初速 2,900 fps (884 m/s)
    発射速度 700-850 rpm
    弾頭重量 M2 AP:706.7 gr (45.79 g)、M8 API:622.5 gr (40.34 g)
    各型及び輸出型
    Cal.50 Model 1918
    原型。ブローニング M1917 7.62mm機関銃航空機関銃用に改良した型であるcal .30 M1918を.50口径(12.7mm)に大口径化した拡大発展型。
    Cal.50 M1921E2
    1933年に開発された、.50 M1918に陸上型のM1921の航空機搭載用改修モデルであるM1921E1の特徴を採り入れ、更に給弾方向を左右どちらからでも可能となるように変更した2次原型。細部の改修を施した後に"Cal.50 AM/M2"として制式採用された。
    Cal.50 AN/M2
    量産型。1933年に制式採用され、1934年より発注された。
    Cal.50 AN/M2 Flexible
    スペードグリップに手動トリガーを装備した手動操作型。
    Cal.50 AN/M2 Fixed
    電磁式トリガーを用いる固定搭載型。
    Colt MG 53 / MG53A
    .50 M1921E1およびM2の航空機搭載型(※輸出用の独自仕様で、AN/M2とは異なる)の輸出仕様の名称。
    MG 53-2
    MG 53のバリエーションの一つで、AN/M2に相当するモデル。フィンランドに輸出されたF2A戦闘機(B-239)に搭載されていた。
    12,7 mm automatkanon m/45(12.7mm akan m/45)
    スウェーデン軍における.50 AN/M2の制式名称。
    発展・改良型
    T21
    コルト社およびスプリングフィールド造兵廠によって試作された発展型。1940年から1942年にかけてテストが行われ、毎分1,200発の発射速度を達成した。
    T22
    ハイスタンダード社によって試作された発展型。1942年8月から1943年後半にかけてT22/-E1/-E2/-E3/-E4/-E5/-E6と改良試作品が製造されてテストが繰り返され、作動不良と部品の破損に悩まされたものの、毎分1,066発(T22)/1,219発(T22E2)/1,018発(T22E4)の発射速度を達成した。
    T26
    T22の発展改良型。T22より改造した試作品が製造されたのみにとどまる。
    T25
    フリッジデール社によって開発された発展型。1944年3月から1944年7月にかけてT25/-E1/-E2/-E3と改良試作が繰り返されてテストが行われ、T25E3では平均して毎分1,250発の発射速度を達成、1945年4月に"Cal.50 M3"として制式採用された。
    T36
    T22の開発/試験の結果を受けて設計された改良型。既存のAN/M2に適用する能力向上改修として計画され、発射速度を毎分100発程度向上させ、給弾能力の向上と作動不良の減少を達成するものとして完成した。この改修を適用したモデルには"(AN/)M2A1"の制式名が与えられることになったが、AN/M3の開発と製造/運用の切り替えが決定したため、限定的な存在に終わった。

    AN/M3編集

     
    AN/M3
    天地逆に架装された状態で、AS-211 ウォリアー(アエルマッキ S-211ジェット練習機の武装型)の機体下面ガンポッド(Aerotech .50 Gun Pod)に搭載されているもの

    AN/M2の発展型[注釈 11]。給弾速度および給弾信頼性の向上を図ったもので、電気モーターを用いた補助機構により発射速度を1,200発/分に強化している。F-86 セイバー他初期のジェット戦闘機の搭載武装として用いられた他、XM14/SUU-12 ガンポッドとしても使用された。

    AN/M3(.50 AN/M3)[24][25][26]
    口径 0.50 in (12.7 mm)
    全長 4 ft 9.5 in (146.05 cm)
    総重量 69 lbs (31.30 kg)[注釈 12][27]
    砲身重量 10.91 lbs (4.95 kg)
    砲口初速 2,870 fps (875 m/s)[注釈 13]
    発射速度 1,150-1,250 rpm
    弾頭重量 1.7 oz (48.19 g)
    射程 5,350-7,275 yd (4,892-6,652 m)
    砲身命数 15,000発
    発展・改良型
    T38
    1945年にフリッジデール社によって開発されたM3の発展型。毎分1,500発の発射速度の達成が要求され、要求は満たせなかったものの、毎分1,450発の発射速度を達成した。
    GAU-15/A(XM218)、GAU-16/A、GAU-18/A
    AN/M3およびAN/M2を基に軽量化されたヘリコプター搭載型。A/A49E-11 副兵装システム(armament subsystem. “防御兵装システム”(Defensive Armament System)とも)に架装するためのものとして開発された。GAU-16/A(XM218)はGAU-15/Aの銃把と照準装置を改良したもので、GAU-18/AはMH-53“ペイヴ・ロゥ”およびHH-60“ペイヴ・ホーク”戦闘救難ヘリコプターの搭載武装として開発されたものである。
    いずれも乗員が直接操作する方式で、GAU-18/AはHH-60においてはEGMS(External Gun Mount System. 外部銃架システム)の搭載兵装としても用いられている[28]
    M3M/GAU-21[29]
    AN/M3を基にしたヘリ搭載型。FN社製。ヘリコプターの側面ドアに銃架と共に固定されており、安定性が上がっている。連射速度を上げ、スペードグリップを大型化している。メタルループが付けられており、弾詰まりのトラブルを減らすことができる。
    M3P[30]
    AN/TWQ-1 アベンジャー防空システムに搭載するために開発された、FN社製のAN/M3の発展型。発射速度が950発/分と1,100発/分の選択式となり、銃口部に大型の筒形フラッシュハイダーが装着された。給弾方式は機械式のメタルループ方式となっている。FN HMP中国語版ガンポッド[31]にも搭載される。

    銃架編集

    各種銃架が制式化されている。

    M3三脚架
    三脚(トライポッド)式の銃架。M2重機関銃の基本銃架であり、もっとも多用されている銃架である。重量は約20kgで本体重量(38kg)も相まって12.7mmの強烈な反動を吸収している。
    M1対空銃架
    M3三脚架に支柱と補助脚を付けた高射用銃架。しかし、安定性が悪く、後にM63が制式化されると退役していった。
    M63対空銃架
    WW2後に設計された新型の銃架で、トリガーハンドルの位置を変える事で地上用と対空用に対応する。脚部は十字型の四脚構造になっていて安定性が高い。
    M3対空銃架
    M3三脚架と名称は同じであるが別物である。水冷式のM1921重機関銃用に造られた対空銃架で、後方に梯子状の取っ手が付いて、バレルジャケットの上に専用の照星と照門が付属している。
    M46連装対空銃架
    これもM3対空銃架同様、水冷式のM1921を並列にマウントする対空銃架である。艦艇用に使われている。
    M35車載銃架
    車両搭載用の単脚銃架。ジープや小艦艇などに使われている。
    M46車載銃架
    車両搭載用のリングマウント。トラックハーフトラックの防御火器として使われる。リングに沿って全周射撃が可能。
    M33連装対空銃架
    爆撃機の旋回機銃塔から発展した連装銃架。M13対空自走砲に用いられたが、すぐに砲門を倍加させたM45に取って代わられた。
    M45/M55四連装銃架
    M16対空自走砲などに使われる四連装銃架。目的は対空用だが地上用にも転用され、凄まじい威力から「ミートチョッパー」との渾名がある。M45は車載用。M55は牽引式に与えられた制式名。
    M205三脚銃架
    M3に代わる、新型の三脚銃架。

    登場作品編集

    参考文献・参照元編集

    • George M. Chinn. "The Machine Gun: History, Evolution and Development of Manually Operated, Full Automatic, and Power Driven Aircraft Machine Guns" . Department of the Navy, Bureau of Ordnance. 1951
    • Gordon L Rottman. Weapon series 4 "Browning .50-caliber Machine Guns" . (ISBN 978-1849083300). Osprey Publishing. 2010.

    脚注・出典編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ なおM2に先立ってM1921の改良型として Cal.50 T1を経て開発された Cal.50 T2 が「Cal.50 M1」として制式採用されているが、量産発注は続いて開発された改修型の Cal.50 T2E1 に与えられたため、.50口径機関銃としての"M1"はアメリカ軍の制式装備としては欠番になっている。
    2. ^ ニ脚とピストルグリップを装備して射手1名で運用できる構成とした発展型は試作された例があるが、制式化はされていない[6]
    3. ^ 第二次世界大戦後では、ジェットエンジンの発達によって軍用航空機の高速化が進んだ結果、無誘導の銃弾や砲弾を命中させること自体が困難となり、「一発当たりの火力の大きさと、速射性のバランスがとれた対空火器」として機関砲が着目され、小口径の機関銃は弾薬の威力不足、大口径の高射砲は速射性の悪さからいずれも対空兵器としては力不足と見なされた。
    4. ^ 例として[11][12][13]
    5. ^ 例として[8][14][15][16][17]
    6. ^ 例として[11][13]
    7. ^ 例として[8][14][15][16][17][18]
    8. ^ 艦砲ミサイルでは小型船は一撃で沈んでしまう。また、威嚇射撃にしても対費用効果が高すぎる欠点があった。
    9. ^ 後継機種であるVADSの導入にともなって現在では実戦運用を外れており、予備装備として保管されるのみである。
    10. ^ "AN/M*"の制式番号は口径ごとに与えられているため、単に"AN/M2"とのみ表記/呼称した場合、それが指し示すものは複数存在するので注意が必要である。正式には口径を示す数字を付けて表記され、アメリカ軍において"AN/M2"の制式番号の付いた航空機用機関銃には「.30 AN/M2」「.50 AN/M2」「20mm AN/M2」の3種類が存在する。
    11. ^ なお、アメリカ軍においてAN/M3も複数存在しており、".50 AN/M3"の他"20mm AN/M3"が存在する。
    12. ^ Gun (64.5 ibs) + recoll adapter (4.5 lbs)
    13. ^ 発射する弾種によって2,730-3,450 fps (832-1,052 m/s) の間で変動。

    出典編集

    1. ^ Chinn 1951, pp. 181–182
    2. ^ a b Chinn 1951, p. 182
    3. ^ Chinn 1951, p. 186
    4. ^ Chinn 1951, p. 184
    5. ^ 上田信『COMBAT BIBLE2』「M2 HMG(重機関銃)」、49頁。
    6. ^ FORGOTTEN WEAPONS.COM|February 19, 2014|Ian McCollum|Browning M2 “Anti-Mechanization Weapon”
    7. ^ THE FIREARMS BLOG
    8. ^ a b c Nine Battles to Stanley, pp. 172-173.
    9. ^ The Falklands War Then and Now, p. 465
    10. ^ The Official History of the Falklands Campaign Volume II, pp. 629-630
    11. ^ a b 床井雅美『アンダーグラウンド・ウェポン 非公然兵器のすべて』日本出版社、1993年、135頁。ISBN 4-89048-320-9
    12. ^ あかぎひろゆき『40文字でわかる 銃の常識・非常識: 映画の主人公の銃の撃ち方は本当に正しい?(Kindle版)』Panda Publishing、2015年。ASIN B00TG26T6Cオンライン版、Google Books)
    13. ^ a b 大波篤司、福地貴子「No.037 コンクリートの壁をも撃ち抜く狙撃銃とは?」『図解 スナイパー』新紀元社、2016年、83頁。ISBN 978-4775314333オンライン版、Google Books)
    14. ^ a b Martin Pegler (2010). Sniper Rifles: From the 19th to the 21st Century. Osprey Publishing. p. 62. ISBN 9781849083980 オンライン版、Google Books)
    15. ^ a b Martin J Dougherty (2012). Sniper: SAS and Elite Forces Guide: Sniping skills from the world's elite forces. Lyons Press. p. 70. ISBN 9780762782840 オンライン版、Google Books)
    16. ^ a b ピーター・ブルックスミス(著)、森真人(訳)『狙撃手(スナイパー)』原書房、2000年、15-18頁。ISBN 978-4562033621
    17. ^ a b パット・ファレイ、マーク・スパイサー(著)、大槻敦子(訳)「フォークランド戦争の狙撃手」『図説 狙撃手大全』原書房、2011年、262-271頁。ISBN 978-4562046737
    18. ^ Chris McNab (2016). The Barrett Rifle: Sniping and anti-materiel rifles in the War on Terror. Osprey Publishing. ISBN 978-1472811011 
    19. ^ AuctionZip>Lot 29152: COLT MG52-A BROWNING MACHINE GUN ※2020年10月12日閲覧
    20. ^ MORPHY AUCTIONS>COLT MODEL MG52-A WATER COOLED 50 CAL MG ON GROUND TRIPOD. ※2020年10月12日閲覧
    21. ^ Military Factory>S&T Motiv (Daewoo) K6 Heavy Machine Gun (HMG) ※2020年9月15日閲覧
    22. ^ BROWNING MACHINE GUN CALIBER .50, M2, AIRCRAFT, FIXED AND FLEXIBLE
    23. ^ .50 Caliber Browning (12.7 x 99 mm) Ammunition
    24. ^ THE AN-M3 .50 CALIBER MACHINEGUN - GENERAL INFORMATION
    25. ^ Browning M3 Machine Gun U.S. AIR FORCE
    26. ^ 12.7×99MM NATO CARTRIDGES (.50 CAL) FN HERSTAL
    27. ^ Browning M3 Machine Gun では65 lbs (29.48 kg) と表記。
    28. ^ CFD International>External Gun Mount System (EGMS)
    29. ^ FN®>FN® M3M
    30. ^ FN®>FN® M3P
    31. ^ FN Airborne Pod Systems>>FN® HMP400 Pod

    関連項目編集

    外部リンク編集