メインメニューを開く

MAG!C☆PRINCE(マジック・プリンス)は、日本の5人組男性アイドルグループ。略称はマジプリワタナベエンターテインメント名古屋事業本部所属[1]。レーベルはユニバーサルミュージックのレーベル・ZEN MUSIC。

MAG!C☆PRINCE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル ZEN MUSIC
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト www.magipri.nagoya
メンバー 平野泰新
大城光
永田薫
西岡健吾
阿部周平

東海地方を拠点に活動するボーイズ・グループとして、オーディションによって選ばれた平野泰新・大城光・永田薫・西岡健吾・阿部周平の5名で2015年3月15日に結成され、同年12月23日にCDデビューした。永田・大城・平野はKnight of cheers(ナイト・オブ・チアーズ)、西岡・阿部はテンツーツー、という内部ユニットに属する。

楽曲や出演番組などのプロデュースは、オーディションから携わるワタナベエンターテインメント常務取締役の大澤剛が担っている。弟分グループとして九星隊Hi☆Fiveがあり、大澤のプロデュースするこれら3つのグループ、14名のメンバーでユニット・14STARS(フォーティーンスターズ)を構成する。MAG!C☆PRINCEは、ワタナベエンターテインメントの俳優集団D-BOYSの弟分と言及されることもある[2]

略歴編集

2015年1月、ワタナベエンターテインメントは「息子にしたいイケメン」をテーマに、東海3県出身・在住者によるご当地男性グループを結成すると発表[3]。仮のグループ名をNAGOYAボーイズ(仮)として、CBCテレビとの合同によるオーディションを開催。CBCテレビでは、自局の情報番組『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』によるバックアップを開始した[4]。約2020人の応募者から7名が最終選考に進出し、3月15日の最終オーディションで西岡健吾・大城光・永田薫・阿部周平・平野泰新の5名のメンバーが決定した[2][5]

4月11日、『花咲かタイムズ』で応募したユニット名候補を参考にし、正式なグループ名がMAG!C☆PRINCEと決定[6]。同番組レギュラー出演のほかイベント・メディア出演で活動し[7]、10月にCBCテレビで冠レギュラー番組『本気プリ』を持った[8][9]。12月23日にユニバーサルミュージックからシングル『絶対☆アイシテル!』でCDデビュー。オリコンチャートではデイリー6位・週間9位を記録した。

2016年4月から6月、グループ主演のテレビドラマ『本気ドラ 〜Spin the Sky〜』(中京テレビ)が放送された。また同年からは、メンバーの永田薫が『OLですが、キャバ嬢はじめました』で単独でドラマ出演[10]、西岡健吾が『PON!』で番組初の「お天気お兄さん」としてレギュラー出演、平野泰新がスポーツ・バラエティの競技者として出演するなど[11][12]、メンバー個人での活動も始まった。

2017年1月にファースト・アルバム『111』をリリース。5月に九州を拠点に活動する弟分グループ・九星隊が結成され、ライブ・イベント・テレビ番組などで活動をともにする機会も増える[13]。7月にグループ初の東京ワンマン公演『本気☆LIVE at Zepp Tokyo』を開催。12月、名古屋・センチュリーホールにおいて、初のホール会場でのライブ『本気LIVE☆Vol.5〜MAG!C☆PRINCE 2nd Anniversary〜』を開催した[14]

2018年2月リリースの6thシングル『Best My Friend』が初のゴールドディスクに認定され、続く6月リリースの7thシングル『SUMMER LOVE』で初のチャート首位を獲得した。この年には、Knight of cheersとテンツーツーの、2つの内部ユニットが始動した[15]。12月23日、日本ガイシホールにおいて初のアリーナ公演を開催[16]。ここで弟分グループHi☆Fiveが披露された。

2019年5月、MAG!C☆PRINCEと九星隊、Hi☆Fiveの3つのグループが合体したユニット、14STARSが結成の発表された[17][18]。9月1日、西岡健吾が体調不良によりグループでの音楽活動を含む一部活動を休止することが発表された[19]

グループ名編集

グループ名「MAG!C☆PRINCE」には、以下の意味がある[6][20]

  • M - 三重Mie)
  • A - 愛知Aichi)
  • G - 岐阜Gifu)
  •  ! - 元気にする
  • C - 応援する(Cheer)
  • ☆ - スターを目指す
  • PRINCE - テーマである「息子にしたいイケメン」の願いから

MAG!C☆PRINCEのファンには、チアーズ(CHEERZ)という公式の呼称がある。

メンバー編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

記載順、生年月日・出身県・身長は公式プロフィールによる[20]

名前 生年月日 出身地 カラー 備考
Knight of cheers
平野泰新
(ひらの たいしん)
(1995-02-15) 1995年2月15日(24歳) 愛知県 MAG!C☆PRINCEリーダー
大城光
(おおしろ ひかる)
(1995-07-04) 1995年7月4日(24歳) 愛知県 黄色
永田薫
(ながた かおる)
(1996-10-06) 1996年10月6日(22歳) 岐阜県
テンツーツー
西岡健吾
(にしおか けんご)
(1997-10-22) 1997年10月22日(21歳) 愛知県 ピンク
阿部周平
(あべ しゅうへい)
(1997-10-22) 1997年10月22日(21歳) 愛知県
平野泰新
愛知県半田市出身。2019年に同市初のPR大使に就任した[21]青森山田高等学校卒業[5]花園大学出身[22]。デビュー前は男子新体操の学生選手であった。身長173cm。
半田市立半田中学校在学時に同市内のスポーツクラブに通い、青森山田高等学校に進学[23]高校総体団体優勝、ユースチャンピオンシップ4位などの経験を持つ[5][24]。学生時代に取材でテレビ出演する機会を得て芸能界に興味を持つようになる[25]シルク・ドゥ・ソレイユの特別出演のオファーを受けていたが、MAG!C☆PRINCEのオーディションと時期の被っていたためにオーディションを選んだ[26]。グループのリーダーとなり、メンバーカラーは赤になる[27]。『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』の競技「モンスターボックス」の世界記録(23段)を保持している。
大城光
愛知県東海市出身[28]。身長175cm。趣味はパン作りで、パンシェルジュ検定に合格している[29]
グループ結成にあたり名古屋の街でスカウト活動をしていた大澤の目に留まり[30]、大城自身は「幼少の頃から持っていた『ヒーローになりたい』という夢から芸能界に憧れてオーディションに応募した」と語っている[25]。「光」という名前からメンバーカラーは黄色になる[27]。2017年4月から音楽番組『MAG!C☆PRINCE 大城光のMAG!C☆MUS!C』(CBCテレビ)のMCに就任。2018年4月、西岡に続いて『PON!』のお天気お兄さんに就任した[29]
永田薫
岐阜県岐阜市出身[31]岐阜県立岐阜工業高等学校卒業[32]静岡産業大学出身[22]。身長182cm。特技はサッカーで、後述のように学生選手としての経歴を持つ。趣味は歌うこと、スイーツ作り[33]
小学校に入ってすぐにサッカーをはじめ、岐阜工業高等学校サッカー部のエースストライカーとして全国高等学校サッカー選手権大会に2度出場した[32][34]。サッカーに明け暮れる一方で、元から歌が好きでアーティストになりたいという意思があり、高校3年生時の選手権大会終了後にオーディションに参加した[32][25]。MAG!C☆PRINCEの活動が始まるのと同じ時期にサッカー推薦で大学へ進学している。クールなイメージからメンバーカラーは青になる[27]
単独の活動として、テレビドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』・『恋する香港』出演、岐阜放送ラジオでのラジオパーソナリティなどがある。
西岡健吾
愛知県生まれで公式プロフィール上は愛知県出身であるが、静岡県浜松市で育ち、浜松市の出身・在住であるとも公言している[35][36]。身長172cm。デザイン科の高校出身であり、デッサンを得意とする[20]。趣味は書道[33]
「アイドルオタク」を自称しており、アイドルのコンサートやイベントに通う中で「自分もやってみたい」と思い立ち高校在学中にオーディションに応募した[26][37]。MAG!C☆PRINCEのセンターポジションに就き、中性的なイメージからメンバーカラーはピンクになる[27]
単独の活動として、情報バラエティ番組『PON!』において番組初の「お天気お兄さん」としてのレギュラー出演[38]、配信ドラマ『ぼくは麻理のなか』、静岡でのテレビ・ラジオのレギュラー番組出演、などがある。
阿部周平
愛知県岡崎市出身[39]岡崎学園高等学校卒業[40]。身長177cm。
親が芸能界に興味を持っていた影響を受けてオーディションに応募した[25]。「自然を愛している」というキャラクターからメンバーカラーは緑になる[27]。個人の出演として三重テレビでのレギュラー番組があり、愛知県出身であるが「MAG!C☆PRINCEの三重県代表」を自称している[41]。ほかに個人の活動としてテレビドラマ『この恋はツミなのか!?』出演がある。

ディスコグラフィ編集

「最高位」はすべてオリコンチャート週間ランキング[42]

シングル編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 メンバー盤
1st 2015年12月23日 絶対☆アイシテル! UPCH-7081 UPCH-5862 楽曲記事参照 9位
2nd 2016年5月4日 Spin the Sky UPCH-7127 UPCH-5871 楽曲記事参照 2位
3rd 2016年10月5日 Over The Rainbow UPCH-7183 UPCH-5886 楽曲記事参照 6位
N/A 2017年2月25日 SAKURA my friends デジタル・ダウンロード -
4th 2017年5月3日 UPDATE UPCH-7251(A)
UPCH-7327(B)
UPCH-5905 楽曲記事参照 2位
5th 2017年10月18日 YUME no MELODY/Dreamland UPCH-7359 UPCH-5925 楽曲記事参照 2位
6th 2018年2月14日 Best My Friend UPCH-7382(A)
UPCH-7402(B)
UPCH-5932 楽曲記事参照 3位
7th 2018年6月20日 SUMMER LOVE UPCH-7427 UPCH-5946 楽曲記事参照 1位
8th 2019年6月4日 ゴメン、、離したくない UPCH-7485 UPCH-5960 2位

アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 メンバー盤
1st 2017年1月11日 111 UPCH-7214 UPCH-2109 アルバム記事参照 8位
2nd 2018年12月5日 Bel!ever UPCH-7463 UPCH-2178 アルバム記事参照 3位

映像作品編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
2016年6月22日 本気ドラ 〜Spin the Sky〜 UPBH-1411 22位
2017年2月1日 幕末☆PRINCE UPBH-1422 15位
2017年11月1日 本気☆LIVE at Zepp Tokyo UPBH-1447 6位
2019年4月25日 本気☆LIVE Vol.7 in 日本ガイシホール 〜MAG!C☆PRINCE 3rd Anniversary〜 UPBH-1485 30位

タイアップ編集

タイトル タイアップ
2015年
絶対☆アイシテル! 近鉄パッセ CM使用曲[43]
2016年
Spin the Sky 中京テレビ『本気ドラ 〜Spin the Sky〜』オープニングテーマ
愛しくて 切なくて 抱きしめたくて 中京テレビ『本気ドラ 〜Spin the Sky〜』エンディングテーマ
一通LOVE 毎日放送『OLですが、キャバ嬢はじめました』エンディングテーマ
Over The Rainbow TBS『COUNT DOWN TV』9月度エンディングテーマ
中京テレビ『幕末☆PRINCE』オープニングテーマ
Glory World 中京テレビ『幕末☆PRINCE』エンディングテーマ
Compass XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング[44]
2017年
RUSH テレビ東京他『MAG!C☆PRINCEのマジ☆弟子』オープニングテーマ
XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング
キットカットショートフィルム『RUSH 〜キット、イツカ〜』主題歌
SAKURA my friends キットカットショートフィルム『RUSH 〜キット、イツカ〜』挿入歌[45]
UPDATE 近鉄パッセ CM使用曲
XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング
Dreamland テレビ東京他『マジ☆弟子 SEASON2』オープニングテーマ
毎日放送『恋する香港』主題歌
YUME no MELODY テレビ東京他『マジ☆弟子 SEASON2』エンディングテーマ
毎日放送『恋する香港』エンディングテーマ
XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング
Smile for Tomorrow CBCチャリティ募金 テーマソング[46]
2018年
Best My Friend 日本テレビ『バズリズム02』オープニングテーマ
XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング
Magic Dragons CBC野球中継 テーマソング[47]
SUMMER LOVE XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング
Bel!ever 三重テレビ 高校野球テーマソング[48]
もしも僕が世界を変えれたら 毎日放送『この恋はツミなのか!?』エンディングテーマ
2019年
ゴメン、、離したくない XGLOBAL「イモトのWiFi」CMソング

出演編集

バラエティ・情報番組編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

  • キットカットショートフィルム『RUSH 〜キット、イツカ〜』(2017年1月)
  • ぼくは麻理のなか(西岡、2017年3月31日、FOD

ラジオ編集

CM編集

その他の活動編集

  • 名古屋市選挙管理委員会 「第24回参議院議員通常選挙」PRイメージモデル(阿部、2016年)[66]
  • 中部国際空港セントレア「旅プロジェクト」 PR大使(2016年)[67]
  • 東海発!「キットカット」受験生応援大使(2017年)[45]
  • 名古屋市公式アプリ『名古屋なんて、だいすき』 応援大使(2017年)[68]
  • CBCチャリティ募金 チャリティ大使(2017年)[46]
  • 半田市PR大使(平野、2019年)

書籍編集

雑誌編集

新聞連載編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この番組の中のコーナー「本気旅」が兄弟分グループの出演番組『バリすご8』(テレビ西日本)と『デラHi☆学園』(CBCテレビ)で放送されているが、MAG!C☆PRINCEの公式サイトではこの2つをレギュラー出演番組としていない。

出典編集

  1. ^ 名古屋事業本部一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ a b “D-BOYS初の弟分、決定だがや!仮称「NAGOYAボーイズ」”. SANSPO.COM. (2015年3月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150316/oth15031605040005-n1.html 2016年4月7日閲覧。 
  3. ^ “地方発アイドルに新展開 ガールズグループが台頭する東海地区に男性陣参戦”. ORICON NEWS. (2015年1月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2047990/full/ 2016年4月7日閲覧。 
  4. ^ “NAGOYAボーイズ 名古屋・CBC「花咲かタイムズ」で盛り上げ”. 中日スポーツ. (2015年1月29日). オリジナルの2015年1月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150129001511/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2015012902000179.html 2016年4月7日閲覧。 
  5. ^ a b c “NAGOYAボーイズ(仮)メンバー5人が決定”. 日刊スポーツ. (2015年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1447366.html 2016年4月7日閲覧。 
  6. ^ a b “イケメンアイドル「NAGOYAボーイズ」正式名決定 MAG!C☆PRINCE”. 中日スポーツ. (2015年4月12日). オリジナルの2015年4月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150412052040/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2015041202000174.html 2016年4月5日閲覧。 
  7. ^ “東海地区発イケメングループ「MAG!C☆PRINCE」に注目!”. DWANGO.JP NEWS. (2015年6月21日). http://news.dwango.jp/2015/06/21/22496/j-pop/ 2016年4月7日閲覧。 
  8. ^ “マジプリ:東海発の男性アイドルが結成半年で初の冠番組 「成長する姿見て」”. まんたんウェブ. (2015年10月3日). http://mantan-web.jp/2015/10/03/20151003dog00m200016000c.html 2016年4月7日閲覧。 
  9. ^ “東海発「息子にしたいアイドル」 マジプリ、人気急上昇”. 朝日新聞デジタル. (2015年10月11日). http://www.asahi.com/articles/ASH9S6JN3H9SOIPE02P.html 2016年4月7日閲覧。 
  10. ^ a b “MAG!C☆PRINCE・永田薫が『OLですが、キャバ嬢はじめました』出演決定”. TV LIFE. (2016年5月31日). http://www.tvlife.jp/2016/05/31/64088 2016年6月27日閲覧。 
  11. ^ “マジプリ・平野泰新が“モンスターボックス”大会新記録で種目優勝”. TV LIFE. (2016年10月11日). http://www.tvlife.jp/entame/79996 2017年1月14日閲覧。 
  12. ^ “マジプリ・平野泰新が“スポダン”元日決戦に出演、モンスターボックスでリオ五輪メダリストを迎え撃つ”. music.jpニュース. (2016年12月12日). http://music-book.jp/video/news/news/130445 2017年1月14日閲覧。 
  13. ^ マジプリ弟分・九星隊、メジャーデビュー決定 九州から全国進出へ”. ORICON NEWS (2017年7月23日). 2017年10月9日閲覧。
  14. ^ MAG!C☆PRINCE 名古屋国際会議場センチュリーホールワンマンにチアーズ3,000人、東海地区を盛り上げる3大発表”. musicman-net (2017年12月25日). 2018年1月26日閲覧。
  15. ^ 【ライブレポート】マジプリ、ツアー東京公演でチアーズに感謝”. BARKS (2018年7月17日). 2018年8月20日閲覧。
  16. ^ マジプリ夢かなった!日本ガイシライブ 東海地区最大アリーナ実現」 『中日スポーツ』 2018年12月24日。
  17. ^ イケメン14人が集結 マジプリ、九星隊、Hi☆Fiveが合同グループ“14STARS”結成”. ORICON NEWS (2019年5月22日). 2019年6月21日閲覧。
  18. ^ “14STARS 新時代の夢のユニット爆誕!!”. JUNON 2019年7月号 (主婦の友社): 58-61. (2019-05). 
  19. ^ 【重要】MAG!C☆PRINCE 西岡健吾についてのご報告” (2019年9月1日). 2019年9月1日閲覧。
  20. ^ a b c Profile”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE. 2019年3月23日閲覧。
  21. ^ マジプリ平野さん、半田市PR大使第1号に」 『中日新聞』 2019年4月25日、愛知県。
  22. ^ a b c 「MAG!C☆PRINCE始動!!」 『中日スポーツ』、西岡健吾(2015年5月27日); 阿部周平(同6月7日); 大城光(同7月8日); 平野泰新(同7月29日); 永田薫(同8月26日)、すべて4版 20頁。
  23. ^ “青森山田勢が健闘 2位平野 3位永井/総体”. 日刊スポーツ. (2011年8月1日). https://www.nikkansports.com/sports/inter-high/2011/news/p-sp-tp0-20110801-813942.html 
  24. ^ 「新世代・男子新体操」の変革期 ドラマ『タンブリング』のリアルな世界 (2-2)”. Sportsnavi. Yahoo!JAPAN (2011年6月2日). 2016年4月7日閲覧。
  25. ^ a b c d オーディションから誕生!既にレギュラー番組も持っているMAG!C☆PRINCEに突撃!”. UtaTen (2015年12月17日). 2018年7月31日閲覧。
  26. ^ a b MAG!C☆PRINCEインタビュー 「僕たちと同じく、東海地方の良さも満喫してほしい」”. ORICON NEWS (2016年8月25日). 2016年9月30日閲覧。
  27. ^ a b c d e 東海から笑顔を全国へ MAG!C☆PRINCE、個性豊かな爽やか5人”. MusicVoice (2016年5月2日). 2018年7月21日閲覧。
  28. ^ 東海市制50周年記念事業「とうかい50年祭オープニングイベント」出演決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2019年4月19日). 2019年4月25日閲覧。
  29. ^ a b マジプリ大城がPON!お天気お兄さんに就任「僕らしく全力で元気に」”. デイリースポーツ (2018年3月14日). 2018年8月20日閲覧。
  30. ^ @BOSS_GUNSOU (2018年7月3日). "Happy birthday, HIKARU 出会った時から光は真っ正直な熱い男でした…" (ツイート). Retrieved 2019年4月25日 – via Twitter.
  31. ^ 武者行列の信長役にマジプリ永田さん 10月に信長まつり」 岐阜新聞、2018年7月25日。
  32. ^ a b c “長身&イケメン 高校選手権出場のストライカーが芸能界入り!”. スポニチアネックス. (2015年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/16/kiji/K20150316009991540.html 2018年7月31日閲覧。 
  33. ^ a b Biography - MAG!C☆PRINCE”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2018年7月31日閲覧。
  34. ^ 選手紹介 > 永田薫”. ゲキサカ. 講談社. 2016年4月7日閲覧。
  35. ^ マジプリ西岡、浜松市長に猛アピール「僕に大使を」”. 日刊スポーツ (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  36. ^ マジプリ、浜松市長を表敬訪問 地元出身・西岡健吾「やらまいか大使を目指します」”. ORICON NEWS (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  37. ^ 【注目の人物】“可愛すぎるお天気お兄さん”「女子かと思った」と話題のマジプリ西岡健吾”. モデルプレス (2017年2月2日). 2018年7月21日閲覧。
  38. ^ a b “マジプリ西岡健吾、『PON!』初の“お天気お兄さん”就任で意気込み「精一杯頑張ります!」”. ORICON NEWS. (2016年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2077837/full/ 2016年9月5日閲覧。 
  39. ^ O.K.A.Z.A.K.I”. MAG!C☆PRINCEオフィシャルブログ (2016年11月13日). 2018年8月20日閲覧。
  40. ^ ダンス部・文化祭でマジックプリンスとサプライズ発表”. 岡学トピックス. 岡崎学園高等学校 (2016年10月17日). 2016年11月7日閲覧。
  41. ^ あっべ”. MAG!C☆PRINCEオフィシャルブログ (2017年7月30日). 2018年8月20日閲覧。
  42. ^ MAG!C☆PRINCEのランキング”. ORICON NEWS. oricon ME. 2019年6月21日閲覧。
  43. ^ a b 近鉄パッセ×MAG!C☆PRINCEのクリスマスタイアップTVCMの放送開始日が決定!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2015年11月24日). 2016年4月7日閲覧。
  44. ^ a b “MAG!C☆PRINCE『イモトのWiFi』新CMに起用 平野泰新「チャンス」”. ORICON NEWS. (2016年9月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2078952/full/ 2016年9月26日閲覧。 
  45. ^ a b “MAG!C☆PRINCEが「キットカット」受験生応援大使&1st写真集発売&Zeppツアーをトリプル発表”. TV LIFE. (2017年1月10日). http://www.tvlife.jp/entame/96267 2017年1月10日閲覧。 
  46. ^ a b CBCチャリティ募金の「チャリティ大使」に就任&新曲がテーマソングに決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2017年10月20日). 2018年1月26日閲覧。
  47. ^ マジプリ×SPYAIR再び MAG!C☆PRINCEがCBC野球中継テーマソング「Magic Dragons」で中日ドラゴンズを応援”. SPICE (2018年3月25日). 2018年4月4日閲覧。
  48. ^ マジプリ新曲『Bel!ever』、三重テレビ高校野球テーマソングに決定”. ORICON NEWS (2018年7月6日). 2018年8月20日閲覧。
  49. ^ CBCテレビ「マジ☆プリのマジ☆レポ」”. hicbc.com. CBC. 2017年10月9日閲覧。
  50. ^ “MAG!C☆PRINCE大城光が日本テレビ『PON!』お天気お兄さんに決定”. SPICE (イープラス). (2018年3月14日). https://spice.eplus.jp/articles/178274 2018年3月19日閲覧。 
  51. ^ 4月から三重テレビ「とってもワクドキ!」のレギュラーに阿部周平が決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2017年3月24日). 2017年4月13日閲覧。
  52. ^ MAG!C☆PRINCE 大城光のMAG!C☆MUS!C”. hicbc.com. 中部日本放送. 2017年5月15日閲覧。
  53. ^ マジプリ、レギュラー番組10本に リーダー平野がドアラとバク宙対決?”. ORICON NEWS (2017年6月6日). 2017年10月9日閲覧。
  54. ^ 10月16日(火)西岡健吾がテレビ東京系列「おはスタ」出演決定&月1レギュラー出演決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2018年10月8日). 2018年10月29日閲覧。
  55. ^ マジプリ、新番組で芸能界を生き抜くスキルを体得 初回ゲストは人気YouTuberのレイターズ”. ORICON NEWS (2018年11月17日). 2019年1月17日閲覧。
  56. ^ 久保田悠来、情報番組のMC就任「ねこ耳に水」マジプリ・大城らも“猫ひた”メンバーに”. ザテレビジョン (2019年3月15日). 2019年3月23日閲覧。
  57. ^ 4月より三重テレビ新番組「Mieライブ」に毎週金曜のレギュラーとして阿部周平の出演が決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2019年3月18日). 2019年3月23日閲覧。
  58. ^ 岐阜放送「あなたの街から岐阜市」に永田薫が月1レギュラーとして出演決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2019年4月11日). 2019年4月25日閲覧。
  59. ^ 中山秀征、久保ひとみ&マジプリ西岡健吾と新番組 静岡の知られざる魅力を発見”. ORICON NEWS (2019年6月18日). 2019年6月21日閲覧。
  60. ^ MAG!C☆PRINCEがドラマ「ドルメンX」にマジプリ役で出演、主人公の“きっかけ”に”. 音楽ナタリー (2018年2月22日). 2018年4月4日閲覧。
  61. ^ “最新ニュース > CBCラジオ「ピーパーラジオ〜AKIとMAG!C☆PRINCE〜」…”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE. (2015年9月24日). http://www.magipri.nagoya/news/?id=2 2016年4月7日閲覧。 
  62. ^ ぎふチャン「ときめきステーション ダブジェネカウントダウン」内にて2017年4月〜放送の永田薫レギュラーコーナー名決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2017年3月16日). 2017年5月15日閲覧。
  63. ^ マジプリ・西岡健吾、10月から地元静岡でラジオ番組スタート”. ORICON NEWS (2018年9月21日). 2018年10月29日閲覧。
  64. ^ マジプリ永田 10月からラジオの冠番組、地元岐阜を全力応援”. スポニチアネックス (2018年9月22日). 2018年10月29日閲覧。
  65. ^ 志尊淳、”はじめてのココイチ”で自ら選んだカレーメニューを頬張る!店員役でマジプリ・大城光も出演”. music.jp news (2018年9月6日). 2018年9月11日閲覧。
  66. ^ 名古屋市選挙管理委員会が開催する第24回参議院議員通常選挙イメージモデルに阿部周平が決定!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2016年6月3日). 2016年9月30日閲覧。
  67. ^ “マジプリ「旅」プロジェクトPR大使に就任”. スポニチアネックス. (2016年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/03/kiji/K20160703012893550.html 2016年7月4日閲覧。 
  68. ^ MAG!C☆PRINCE、「名古屋なんて、だいすき」アプリ応援大使就任”. MusicVoice (2017年9月25日). 2017年10月29日閲覧。
  69. ^ 月刊「Cheek」11月号からMAG!C☆PRINCEの新連載「マジプリ地元発掘」がスタート!”. MAG!C☆PRINCE OFFICIAL SITE (2016年9月22日). 2018年10月29日閲覧。

関連項目編集

  • 劇団Patch - 関西版D-BOYとして始動したワタナベエンターテインメントの男性グループ。
  • BOYS AND MEN - 「東海地方を拠点に活動できるタレント」を育成するプロジェクトとして始動した、東海地方出身者・在住者で構成される男性グループ。

外部リンク編集