MALT(まると)とは "mucosa-associated lymphoid tissue" の略称であり、「粘膜関連リンパ組織」とも呼ばれ、孤立リンパ組織からなる粘膜に分布した免疫機構である。胃腸管、甲状腺、肺、性腺、目、肌などの体の様々な領域に分布する。T細胞B細胞形質細胞マクロファージなどが有名であり、それぞれ粘膜上皮を通過した抗原に攻撃する。腸のMALTにはM細胞が加わり、腸管内から抗原を採取してリンパ組織に運ぶ役割を担う。

MALTリンパ腫編集

MALTリンパ腫とは、悪性リンパ腫の種類の1つで、粘膜に関連したリンパ組織からリンパ球の中のB細胞が腫瘍化する非ホジキンリンパ腫[1]。病気の進行が比較的遅い「低悪性度」に分類され、年単位でゆっくりとした経過をたどる[1]。MALTがある臓器は約半数が消化管で、そのうちの大部分が胃に集中しているため、胃MALTリンパ腫は、胃の悪性リンパ腫の約40%を占めている[1]

出典編集

  1. ^ a b c MALTリンパ腫 がん情報サービス

参考文献編集

  1. Jump up ^ Hong Liang; Christophe Baudouin; Antoine Labbe; Luisa Riancho; Françoise Brignole-Baudouin (2012). "Conjunctiva-associated lymphoid tissue (CALT) reactions to antiglaucoma prostaglandins with or without BAK-preservative in rabbit acute toxicity study". PLoS One. 7 (3): e33913. PMC 3307783 Freely accessible. PMID 22442734. doi:10.1371/journal.pone.0033913.
  2. ^ Jump up to: a b Gray's Anatomy, 38ed. p. 1442 ff.

関連項目編集

外部リンク編集

  • MALT resource page - Patients Against Lymphoma
  • Maltoma