メインメニューを開く

MARS EURYTHMICSマーズ・リトミック)は日本ロックバンドである。2006年5月に結成、2007年アミューズソフトエンタテインメントよりデビュー。2010年3月4日に活動を休止した。

MARS EURYTHMICS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2006年 - 2010年
レーベル BABY BLUE RECORDS
2007年 - )
事務所 アミューズソフトエンタテインメント (2007年 - )
公式サイト MARS EURYTHMICS [リンク切れ]
メンバー 磯部正文 (ボーカルギター
辻剛ギター
工藤哲也(ベース
土佐優貴 (ドラムス

概要・来歴編集

バンド名の英語での正確な発音は「マーズユーリズミックス」であり、「マーズリトミック」はフランス語読みである。MARSには特に意味は無く、EURYTHMICSは「子供のための音楽教育」という意味である。リトミックも参照。

2005年HUSKING BEE解散後、CORNERというソロプロジェクトで活動を継続させていた同バンドのメンバー磯部正文によって2006年5月に結成。12月、DEVILOCK10周年イベントに出演。同年のCOUNTDOWN JAPANにも出演した。

2007年6月には、主催イベント「City Connection」開催。ゲストとしてtoeLOW IQ & THE BEAT BREAKERらが参加。また、8月にはROCK IN JAPAN FESTIVALにも出演。10月発表のミニアルバム『The blend of a canabon』では、従来のエモーショナル・ハードコアの要素に加え、ファンク色も導入[1]。11月には初の全国ツアー『THE BLEND OF A CABANON tour』を開催した。

2008年11月にBa河辺真が脱退し、元HUSKING BEEの工藤哲也(テッキン)が加入した。

2009年5月にGt伊藤悦士が脱退し、Gt辻剛が加入するも9月に体調不良のため脱退。

2010年2月、公式サイトにおいて、3月4日に高円寺HIGHにて行われるライブを持って活動を休止する旨の告知がなされた。「現メンバーでの話し合いの上」と発表されており、休止の理由は明らかになっていない。そして3月4日、公式ブログにて磯辺により3月4日のライブ終了報告・及び活動休止に際する関係者への感謝の弁が投稿され、MARS EURYTHMICSは活動を休止した。今後はメンバー各自の活動へ移行するとのことである。

メンバー編集

ボーカルギター担当。元HUSKING BEEのメンバー。
  • 工藤哲也
ベース担当。元HUSKING BEEのメンバー。
  • 土佐優貴
ドラムス担当。元GOOFY'S HOLIDAYのメンバー。

元メンバー編集

作品編集

アルバム編集

  1. Range over hill and (2007年5月23日)
    1. 閃きのBrandy
    2. 夢寐Movie
    3. A song of a soldier
    4. ポン・デ・アスカール
    5. カカオ82%
    6. 外では雨が降るけれど
    7. 逢似彩
    8. 象の鈴
    9. New Caledonia's Mail
    10. 価値ある形
    11. 砂上の楼閣
    12. ヒロイシマ
      • 磯部が幼少の頃に住んでいた広島について歌った歌。広島弁で歌われている。

ミニアルバム編集

  1. The blend of a cabanon (2007年10月10日)
    1. GT Bolero
    2. BLIND PROBLEM
    3. absolute altitude
    4. 探れ流浪歌
    5. infix code
    6. 俄雨コンバート
    7. 価値ある形 (Live at CLUB CITTA' ,2007 Aug 26)

参加作品編集

  1. HUSKING BEE (2007年3月21日)
  2. PINK & BLACK (2007年7月25日)
    • ガールズブランドKatieの10周年記念盤。M-6「HOLIC GIRL」で参加(磯部のみ)。

参考文献・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 古川英一 「MARS EURYTHMICS / The blend of a cabanon - bounce.com レビュー」 、タワーレコード株式会社、2007年10月25日。(参照: 2008年4月20日)

外部リンク編集