メインメニューを開く

MARU(マル、1981年1月30日 - )は、日本の元女子プロレスラー。本名:丸山 美和(まるやま みわ)。身長160cm。体重55kg。埼玉県鴻巣市出身。現在はI&Iファクトリー所属の女優で演劇集団「水色革命」主宰。夫はI&Iファクトリー代表で元「戸野廣浩司記念劇場」館長の平山陽[1]

経歴編集

1996年、映画会社パル企画内にあるテロワール(プロダクション)に所属、多数の舞台とVシネマに出演。

2000年6月、アストレスのオーディションを受けるも落選、そのまま吉本女子プロレスJd'に入門。同年12月29日、東京・後楽園ホールにおいて、アストレス1期生の大森彩乃戦でデビュー。

2003年11月、斎藤啓子とタッグチーム「チームOK」を結成し、師匠であるジャガー横田ライオネス飛鳥組と対戦。

2004年4月にJDスターを脱退するが7月に格闘美興行で亜沙美とシングルで対戦、その後JDスターに復帰。12月19日には自らが提唱したジュニアオールスター戦『EXPERT〜新世代』を開催。

2005年9月17日、斎藤と共に引退興行「OK FINAL」で引退。

引退後、海外留学しながらTRAPPERに参加。

2007年4月に正式に劇団TRAPPERに加入(所属はI&Iファクトリー)。11月には真夏竜主宰の真夏座に初登場。以降レギュラーメンバーになる。

2008年7月6日に劇団TRAPPERがI&Iファクトリーから脱退し、I&Iファクトリーに残留したMARUは斎藤と共に真夏座に正式加入。10月には斎藤と再出発イベントで二人芝居を発表。9月には斎藤との二人芝居で初の脚本に挑戦。

2009年7月24日付で真夏座とI&Iファクトリーが関係解消となり、MARUと斎藤は真夏座から離脱。

2011年、若手の底上げを目標にした「水色革命」を立ち上げ、出演・脚本さらに演出も手掛ける。水色革命には床田菜摘(翔月なつみ)、世羅りさら女子プロレスラーも多数出演している。

2016年4月、芸歴25年記念公演「オオカミは走る」(三田村信行原作)を東京芸術劇場にて上演。

得意技編集

  • スピアー
  • ストレッチマフラー
  • MARU×2スープレックス
  • フットスタンプ

タイトル歴編集

  • TWF世界タッグ(第18代、パートナーは藪下めぐみ
  • Jd'ジュニア(第7代、第8代)

入場テーマ曲編集

  • 「スカイブルー」

女優としての活動編集

プロレス入門前
  • Vシネマ『真・恐怖体験』(1999年)
  • Vシネマ『呪霊 (VIDEO)』(2000年)
プロレス引退後
  • 「新木場☆ストアーハウス」
  • 「港崎遊郭」
  • 「SO LA LA LA〜僕の空には虹がある〜」
  • 「BLUE SKY GRACE」(TRAPPER本公演)
  • 「ゲラップ・ベイベ〜」
  • コルバタ「向かう先は青コーナー」(2015年4月2日 - 5日、東京・戸野廣浩司記念劇場) - 脚本演出出演[2]
  • コルバタ第10回公演「A.D.〜automatic dream〜」(2016年12月21日 - 25日、東京・萬劇場)[3]

脚注編集

外部リンク編集