メインメニューを開く

チェトヴェリコフ MDR-6

チェトヴェリコフ MDR-6

チェトヴェリコフ MDR-6

チェトヴェリコフ MDR-6Chyetverikov MDR-6)は、イゴール・チェトヴェリコフが率いるチェトヴェリコフ設計局が設計した唯一の成功作である1930年代ソビエト連邦の偵察飛行艇である

開発編集

1937年7月に初飛行を行ったMDR-6は、全金属製応力外皮構造の高翼単葉の双発機であった。試作機はシュベツォフ M-25 星型エンジンを搭載していたが、1940年から1941年に生産された20機の量産型はシュベツォフ M-63エンジンを搭載していた。全ての機体は構造的な問題から1942年には退役させられた[1]

1939年から1945年にかけて順次発展型の試作機が数機製作されたが、量産はされなかった。


派生型編集

MDR-6
初期の試作機。1機製造。
Chye-2
M-63星型エンジンを搭載した量産機。20機製造。
MDR-6A
小さな主翼とクリーモフ M-105 V型12気筒エンジンを搭載した改良型。
MDR-6B-1からB-3
MDR-6Aの改良型。3機の試作機を製造。
MDR-6B-4からB5
新規でより大きな艇体を持ちクリーモフ VK-107エンジンを搭載した型。2機の試作機を製造。

運用編集

要目編集

(MDR-6A) Donald, 1997, pg 258.

  • 乗員:3名
  • 搭乗者数:3名
  • 全長:15.73 m (51 ft 7.25 in)
  • 全幅:19.4 m (63 ft 7.75 in)
  • 全高:
  • 翼面積:52.3 m2 (562.97 ft2)
  • 空虚重量:4,100 kg (9,039 lb)
  • 全備重量:7,200 kg (15,873 lb)
  • エンジン:2 × シュベツォフ M-63 星型エンジン、821 kW (1,100 hp)
  • 最大速度:360 km/h (224 mph)
  • 巡航速度:220 km/h (137 mph)
  • 航続距離:2,650 km (1,647 miles)
  • 巡航高度:9,000 m (29,530 ft)
  • 武装:

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Gunston 1995
  • Donald, David, ed (1997). The Encyclopedia of World Aircraft. Prospero Books. pp. 258. ISBN 1-85605-375-X. 
  • Gunston, Bill (1995). The Osprey Encyclopedia of Russian Aircraft from 1875 - 1995. London: Osprey Aerospace. pp. 73–74. ISBN 1-85532-405-9. 

外部リンク編集