メインメニューを開く

MFKルジョムベロクスロバキア語: MFK Ružomberok)は、スロバキアルジョムベロクを本拠地とするサッカーチーム。2017-18シーズンはフォルトゥナ・リーガに所属。

MFKルジョムベロク
原語表記 Mestský futbalový klub Ružomberok a.s.
愛称 Ruža(薔薇)
クラブカラー 橙・黒・白
創設年 1906年
所属リーグ フォルトゥナ・リーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ルジョムベロク
ホームスタジアム シュタディオーン・ポッド・チェブラチョム英語版
収容人数 4,817
運営法人 Milan Fiľo
代表者 Ľubomír Golis
監督 ラディスラヴ・ペツコ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

オーストリア=ハンガリー帝国時代の1906年に設立された。クラブの色は伝統的に白、黄、赤の三色であり、これはルジョムベロクの旗に合わせてある。しかし、スポンサーのモンディは2005年に新たなクラブカラーを発表し、橙、黒、白となった。

1993年に2.リーガへ昇格、1997年にマルス・スペルリーガに昇格した。しかし設立100周年を迎える2006年以前は特にタイトルを有しておらず、同年にツォルゴン・リーガとスロヴェンスキー・ポハールの双方を制したのが初タイトルとなった。この両タイトルには21得点を挙げこの年のリーガの得点王となったエリック・イェンドリシェクの貢献があった他、ヤン・ネズマールマレク・サパラらも大いに活躍した。この時の監督、フランティシェク・コムニャツキーは2007年2月にFC SKAロストフ・ナ・ドヌに移籍した[1]

リーガ制覇によってUEFAチャンピオンズリーグへの挑戦権を獲得し、2次予選でスウェーデンのユールゴーデンIFと対戦し、ホームの初戦を1-0で落としたものの、アウェイの2戦目を3-1で勝利し、3次予選に進出した。3次予選ではロシア・プレミアリーグの覇者であるPFC CSKAモスクワと対戦し、敗北した。

年表編集

タイトル編集

過去の成績編集

シーズン ディビジョン カップ
リーグ 順位
2009-10 ツォルゴン・リーガ 5位 33 13 8 12 33 35 -2 47 3回戦敗退
2010-11 ツォルゴン・リーガ 7位 33 10 11 12 23 33 -10 41 準々決勝敗退
2011-12 ツォルゴン・リーガ 6位 33 11 11 11 39 34 +5 44 2回戦敗退
2012-13 ツォルゴン・リーガ 6位 33 12 9 12 36 46 -10 45 準々決勝敗退
2013-14 ツォルゴン・リーガ 4位 33 15 5 13 56 51 +5 50 準決勝敗退
2014-15 フォルトゥナ・リーガ 7位 33 10 10 13 41 45 -4 40 2回戦敗退
2015-16 フォルトゥナ・リーガ 6位 33 12 9 12 42 41 +1 45 準決勝敗退
2016-17 フォルトゥナ・リーガ 3位 30 15 7 8 55 38 +17 52 5回戦敗退
2017-18 フォルトゥナ・リーガ

欧州の成績編集

現所属メンバー編集

スタッフ編集

Position Name
オーナー   Milan Fiľo
最高責任者   Ľubomír Golis
スポーツ責任者   ドゥシャン・チッテル
監督   ラディスラヴ・ペツコ
アシスタントコーチ   Ján Bíreš
GKコーチ   Milan Penksa, Marek Rodák
メディカルスタッフ   MUDr. František Rigo, MUDr. Tibor Letko
マッサージ師   Juraj Hervartovský
管財人   Drahomír Bobák

スポンサー編集

時期 キット製作 シャツスポンサー
1998–99 エレア SCP
1999-2002 アディダス
2002–04 ディアドラ NEUSIEDLER
2004–07 アンブロ NEUSIEDLER SCP
2007–08 レゲア Mondi SCP
2008–12 アンブロ
2012–13 アディダス
2013– モンディ

歴代監督編集

歴代所属選手編集

リザーブチーム編集

MFKルジョムベロクBMFK Ružomberok B)は、かつて2.リーガに参戦していたリザーブチーム。最高成績は2009-10シーズン、2011-12シーズンの2.リーガ7位であった。 2012年5月を以て撤退した。

参考文献編集

  1. ^ [1]

外部リンク編集