メインメニューを開く

MG FF 機関砲(MG FF きかんほう)は、スイスエリコンFF 20 mm 機関砲の派生型(ライセンス生産品)である。1936年ドイツのイカリアによって開発された。MG FFは攻撃・防御両用として使用可能なように設計されており、主に第二次世界大戦の初期にドイツ空軍で多用されたが、1941年から20mm MG151/20に徐々に切り替えられていった。

MG FF 機関砲
MG FF 機関砲
種類 航空機関砲
製造国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
設計・製造 マウザー・ヴェルケ
年代 第二次世界大戦
仕様
口径 20mm
銃身長 1,370mm
装弾数 30
作動方式 ショートリコイル
重量 28kg
発射速度 毎分520-540発
銃口初速 600-700m/s
歴史
配備先 ドイツ空軍
関連戦争・紛争 第二次大戦
テンプレートを表示

目次

概要編集

MG FFは、メッサーシュミット Bf109モーターカノンとして搭載されるはずだったエリコンFFS機関砲が、実際に現物を突き合わせてみるとシリンダー間隔が小さすぎて銃が収まらなかったために開発された経緯を持つ。ただし、モーターカノンとしてはエンジンからの振動が原因で作動不良に悩まされることとなり、結局主翼や双発機の機首に搭載され、広く使われるようになった。

エリコンFFが原型になっているため、より大型のエリコンFFSから開発されたイスパノ・スイザ HS.404などに比べて、低い砲口初速、弾倉がドラム式に限定されているといった短所があった。MG FFはエリコンFFより小型に設計されていたが、Bf109とフォッケウルフ Fw190などの戦闘機への翼の搭載はドラム弾倉がかなりのスペースを必要としており簡単ではなく、そのため、弾数が1ドラムあたり60発になってしまった(後には90発用のドラム弾倉がFw190A-5のために開発された)。また、ベルト給弾による実験も行われたが採用にはいたらなかった。

1940年夏には強装薬の薄殻弾頭が発射できるMG-FF/Mが登場し、Bf109E-4とBf 110 C-4に搭載された。

MG FFとFF/Mは、戦闘機にはBf 109 E-3~F-1、Bf 110 C-FそしてFw 190 A-1~A-5に搭載され、爆撃機ではDo 17Do 217Ju 88He 111などに搭載された。

1941年からMG FFは、順次MG151/20に取り替えられたが、Bf 110の後部コックピットにすっぽり収まったので、1943年にBf 110夜間戦闘機型にシュレーゲムジークとして搭載され再び使用されることになった。

性能編集

  • 砲口初速:600m/s(MG FF), 585m/s(FF/M APまたはHE使用時), 700m/s(MG FF/M 薄殻弾頭使用時)
  • 発射速度:520rpm(MG FF, FF/M APまたはHE使用時), 540rpm(MG FF/M 薄殻弾頭使用時)

搭載機体編集

関連項目編集