メインメニューを開く

MICHAEL(ミカエル)は、2013年結成された日本ヴィジュアル系ロックバンド

MICHAEL
別名 ミカエル
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
ミクスチャー・ロック
ニュー・ウェーブ
活動期間 2013年 - 現在
レーベル everblue
公式サイト MICHAEL OFFICIAL SITE
メンバー 松岡充ボーカル
豊田和貴(ギター
旧メンバー 赤松芳朋(ドラムス

目次

概要編集

SOPHIAのメンバー、松岡充(Vo)、豊田和貴(Gt)、赤松芳朋(Dr)の3名により、SOPHIA活動休止の約3か月後に結成。SOPHIAの意志を引き継ぎつつ、SOPHIAではなかった新しい音楽表現や可能性を追求するとしている。バンド名であるMICHAELは、SOPHIA時代に発表した楽曲「Lucifer」(アルバム『little circus』収録曲)の対極として採用された。[1][2]また、ファンクラブとして「MANICS」がある。

メンバー編集

現メンバー編集

名前 担当楽器 プロフィール 備考
松岡充
(まつおか みつる)
ボーカル (1971-08-12) 1971年8月12日(47歳)、B型兵庫県高砂市出身
豊田和貴
(とよた かずたか)
ギター (1971-09-01) 1971年9月1日(47歳)、A型大阪府吹田市出身 通称ジル

旧メンバー編集

名前 担当楽器 プロフィール 備考
赤松芳朋
(あかまつ よしとも)
ドラム (1974-05-27) 1974年5月27日(45歳)、B型、兵庫県加古郡播磨町出身 愛称トモ 2014年8月9日脱退を表明

来歴編集

2013年
  • 11月9日、MICHAEL始動を発表。
  • 12月24日・25日、“第零章”と銘打ったライブにて本格的に始動。ライブ会場にて来場者全員にファースト音源を配布。また、配布CDとは別にミニアルバムを発売。
2014年
2015年
  • 7月10日~19日、「MICHAEL Summer Night Circus 2015」と題した初のMICHAEL主催の夏フェスを開催。7回の公演でそれぞれ違うゲストを招き対バンする。[5]
  • 12月19日・27日、同日ライブが行われた会場にて「MICHAEL LIVE 2015 第二章 ~Acoustic Live in MICHAEL X'mas~」と題したファンクラブイベントを開催。[6]
2016年
  • 7月~8月、Mitsuru Matsuoka present「DAYDREAM BABYS⋆」にMICHAELとして出演。[7][8]
  • 10月、MICHAEL LIVE 2016 第三章 にむけて関西地区でキャンペーンを実施。

エピソード編集

1曲もオリジナル曲がない状態で大阪と東京でのファーストライブを決定。ライブ当日に無料配布されたCDと販売されたミニアルバムのレコーディングは曲作りと平行しギリギリのスケジュールで行われ、CDが完成したのはライブ前日の12月23日だった。[9]

ディスコグラフィ編集

【アルバム】編集

オリジナルアルバム編集

タイトル リリース 規格 販売生産番号 収録曲 備考 チャート
1st Archangel 2015年3月25日 12cmCD B00UWQU7KU 1.be tomorrow
2.new world satisfaction
3.みにくい反逆児
4.かくこそありしか合縁奇縁
5.天樂
6.way to go
7.僕の場所
8.東京
9.Archangel
10.Amazing Grace
11.Overture
12.こころ
2013年に発売されたミニアルバム「MICHAEL」収録曲を新たにレコーディングし、新曲6曲を加えた全12曲を収録。 -

ミニアルバム編集

タイトル リリース 規格 販売生産番号 収録曲 備考
MICHAEL 2013年12月23日 12cmCD B00IBR1A4Y 1.かくこそありしか合縁奇縁
2.be tomorrow
3.Archangel
4.東京
5.new world satisfaction
6.僕の場所
MICHAEL ライブ“第零章”の会場にて販売

配布CD編集

タイトル 規格 収録曲 備考
MICHAEL ~Archangel coming on a holy night~ 12cmCD 1.Archangel
2.かくこそありしか合縁奇縁
3.僕の場所
MICHAEL ライブ“第零章”にて配布。Archangelのみ全編収録されており、歌詞カードが付けられている。


DVD編集

タイトル 内容 販売生産番号 収録曲数 備考
MICHAEL LIVE 2013 Holy night from archangel 20131224-1225 “第零章”と銘打ち行った、2013年12/24 ZEPP NAMBA・12/25 ZEPP TOKYOでの初ライブを収録。 - 全15曲 -
MICHAEL LIVE 2014 第1章 2014年12月22日、日本青年館にて行なわれた“第1章”公演を収録。 - 全17曲 -
MICHAEL LIVE 2015 Archangel 2015年3月にリリースされた1stアルバム『Archangel』を引っ提げて行われた全国ツアーを収録。 - 全15曲 -
MICHAEL LIVE 2015 第2章 2015年12月に行われた“第1章”公演を収録。 - 全19曲 -

ライブツアー編集

ツアー名 開催日・会場 ゲストミュージシャン 備考
MICHAEL “第零章”“Holy night from archangel” ◇2013年12月24日 ZEPP NAMBA
◇2013年12月25日 ZEPP TOKYO
ベース:BOH
キーボード:桑原まこ[10][11]
プレミアムチケット購入者には、会場にてMICHAEL official “零” Tシャツを、また全来場者へMICHAEL 1st 音源CDと『MICHAEL official supporter “manics”』第零章メンバー・メモリアルカードを無料で配布。
MICHAEL LIVE 2014 "manics rendezvous" 追加公演 ◇2014年5月11日TSUTAYA O-EAST
ベース:BOH
キーボード:桑原まこ
14時、18時の2回公演。(14時からの回は追加公演)終演後にはハイタッチ会が行われた。
MICHAEL LIVE2014“第一章” ◇2014年12月23日 日本青年館 ベース:船曳耕市
ドラム:阿部徹a.k.a.SANTA
キーボード:五十嵐“IGAO”淳一 [12]
ドラム赤松脱退後、初のMICHAEL東京ワンマンライブ
MICHAEL LIVE 2015 Archangel ◇2015年3月20日 UMEDA CLUB QUATTRO
◇2015年3月22日 EX THEATER ROPPONGI
◇2015年4月10日 FUKUOKA BEAT STATION
◇2015年4月17日 BOTTOM LINE
ベース:BOH
ドラム:阿部徹a.k.a.SANTA
キーボード:五十嵐“IGAO”淳一 [13]
MICHAEL 1st ALBUM発売記念LIVE
MICHAEL Summer Night Circus 2015 ◇2015年7月10日~7月19日 Zeppブルーシアター六本木 ※毎公演ごとに異なるゲストと対バン
7月10日 MICHAEL vs BULL ZEICHEN 88 vs Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
7月11日 MICHAEL vs JUN SKY WALKER(S)
7月12日 MICHAEL vs 荒木宏文
7月14日 MICHAEL vs MUCC vs Sadie
7月15日 MICHAEL vs ROOT FIVE
7月18日 MICAHEL vs N.Flying
7月19日 MICHAEL vs ゴールデンボンバー
MICHAEL LIVE 2015 in AUTUMN“True Blue Angel” ◇2015年9月12日・13日 STUDIO PARTITA
◇2015年9月18日・19日 ElectricLadyLand
◇2015年9月25日DRUM Be-1
◇2015年9月26日 ナミキジャンクション
◇2015年10月3日・4日 横浜BAY HALL
当日集まったオーディエンス(ファンクラブ会員)の中から抽選でライブ終演後のメンバーの元に招待する企画『MICHAEL Meet&Greet』を実施。[14]
MICHAEL LIVE 2015“第二章” ◇2015年12月19日 堂島リバーフォーラム
◇2015年12月26日・27日 EX THEATER ROPPONGI
ベース:船曳耕市
ドラム:阿部徹a.k.a.SANTA
キーボード:五十嵐“IGAO”淳一 [15]
各会場各公演で収録したライブ音源を収録したCD【Memorial Limited LIVE CD付き】チケットを限定数販売。19日と27日には同会場でファンクラブイベントが開催される。
MICHAEL LIVE 2016“第三章” ◇2016年12月17日・18日 堂島リバーフォーラム
◇2016年12月22日・23日 品川プリンス ステラボール
各会場各公演で収録したライブ音源を収録したCD付のチケットを限定数販売。
MICHAEL SPRING JUMPING CIRCUS 2017 ◇2017年4月17日~4月23日 赤坂BLITZ
※毎公演ごとに異なるゲストと共演
4月17日 DAYDREAM BABYS*撃弾ハンサム劇団鹿殺しRJP with MICHAEL
4月18日(火)SKY-HII Don't Like Mondays. with MICHAEL
4月19日(水) ZIGGY中島卓偉 with MICHAEL
4月21日(金) SHINASH DA HERO with MICHAEL
4月22日(土) Special Guest:禿夢 with MICHAEL
4月23日(日)MICHAEL OnemanShow
MICHAEL LIVE 2017“第四章”(予定) ◇2017年12月16日・12月17日 IMPホール(大阪)
◇2017年12月23日・24日 山野ホール(東京)
各会場各公演で収録したライブ音源を収録したCD付のチケットを限定数販売。

その他ライブ・イベント編集

名称 開催日・会場 備考
ニコニコ超パーティーⅢ ◇2014年4月26日 幕張メッセイベントホール 「降臨してみた」コーナーに出演
a-nation island ROCK NATION(a-nation 2014) ◇2014年8月15日 国立代々木競技場 第一体育館 [16]
ALMAGEDDON ◇2014年8月26日 Zepp DiverCity MUCCとの対バン[17]
Mitsuru Matsuoka present「DAYDREAM BABYS*」 ◇2016年7月27日~31日 赤坂BLITZ
◇2016年8月12日~14日 なんばHatch
松岡充主催のイベントでMICHAELとして出演。
超音楽祭2017 ◇2017年4月29日・30日 幕張メッセ
ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」 ◇2017年5月18日 TSUTAYA O-WEST 予定

脚注編集

  1. ^ 活動休止中のSOPHIAメンバー3人が、SOPHIAの魂を受け継いだニューバンドMICHAEL結成”. BARKS JAPAN MUSIC NETWORK. 2016年10月7日閲覧。
  2. ^ 「音楽を続けられることが幸せ」MICHAELインタビュー”. ニュースWalker. 2016年10月7日閲覧。
  3. ^ ニコニコ超パーティーIII初日開催で45演目の大ボリューム【セットリスト付き】”. 音楽ナタリー. 2016年10月7日閲覧。
  4. ^ ご報告”. [[赤松芳朋 official web site ]]. 2016年10月8日閲覧。
  5. ^ 松岡充と豊田和貴の新バンドMICHAEL、初主催の夏フェス出演10組を発表”. MUSICMAN-NET. 2016年10月7日閲覧。
  6. ^ “[https://michael-manics.jp/contents/26514 『MICHAEL LIVE 2015 第二章』 ~Acoustic Live in MICHAEL X'mas~ と題した、FCイベント決定!]”. MICHAEL official web site. 2016年10月9日閲覧。
  7. ^ 松岡充発案 音楽と舞台の融合した新感覚エンタテイメント”. livedoor NEWS. 2016年10月7日閲覧。
  8. ^ 松岡充が仕掛ける『DAYDREAM BABYS*』荒木宏文たちの等身大の姿が描かれる【舞台稽古】”. THEATERCLIP. 2016年10月7日閲覧。
  9. ^ 『ROCK AND READ』052号(発行元:株式会社シンコーミュージック・エンターテイメント)より。
  10. ^ ライブDVD「MICHAEL LIVE 2013 Holy night from archangel」より
  11. ^ https://www.barks.jp/news/?id=1000097946”. BARKS JAPAN MUSIC NETWORK. 2016年10月15日閲覧。
  12. ^ ライブDVD「MICHAEL LIVE 2014 第一章」より
  13. ^ ライブDVD「MICHAEL LIVE 2015 Archangel」より
  14. ^ “[https://michael-manics.jp/contents/22144 MICHAEL TOUR 2015 "True Blue Angel" 全会場全日程終演後に各日10名限定! 初企画『MICHAEL Meet&Greet』イベント開催決定!!]”. MICHAEL official web site. 2016年10月9日閲覧。
  15. ^ ライブDVD「MICHAEL LIVE 2015 第2章」より
  16. ^ 【ライヴレポート】MUCC、MICHAELを迎えた<ARMAGEDDON>で「幼い頃の俺の夢を叶えてくれる?」”. BARKS JAPAN MUSIC NETWORK. 2016年10月9日閲覧。
  17. ^ 【イベントレポート】河村隆一、MICHAEL、シシド・カフカも。<a-nation>2日目は「ROCK NATION」”. BARKS JAPAN MUSIC NETWORK. 2016年10月9日閲覧。

外部リンク編集