MLSスーパードラフト

MLSスーパードラフト (MLS SuperDraft)は、メジャーリーグサッカー(MLS)において毎年1月に開催されるドラフト会議

概要編集

MLS所属のチームが、大学を卒業したかMLSと契約した選手を選抜する。スーパードラフトは、以前から実施されていた二つのドラフト(大学を卒業した選手が選出されたMLSカレッジドラフトとそれ以外の選手が選出されたMLSサプリメンタルドラフト)を統合する形で2000年に制定された。指名する順序はチームのプレーオフとレギュラーシーズンにおける順位によって決定され、順位の低いチームから順に指名権を得る[1][2][3]

指名順編集

指名方法はNFLドラフトを参考に取り決められた。2019年版における指名権の優先順は以下の通り:

  1. 新規に設立されたクラブ。対象クラブが二つ以上ある場合、コイントスによって順番を決める。
  2. MLSカッププレーオフに進出できなかったクラブ。順序はレギュラーシーズンの成績で決定。
  3. MLSカッププレーオフで敗退したクラブ。順序はプレーオフの成績で決定。
  4. MLSカップ準優勝クラブ。
  5. MLSカップ優勝クラブ。
  • 複数クラブが並んだ場合、得失点差、得点数、コイントスの順で決定される。
成績 指名順
新規設立 1
プレーオフ進出不可 2–12
プレーオフ敗退 13–16
プレーオフカンファレンス準決勝敗退 17–20
プレーオフカンファレンスチャンピオンシップ敗退 21–22
MLSカップ準優勝 23
MLSカップ優勝 24

各年のドラフト編集

開催日 ラウンド 指名数 開催都市 1位指名者 1位指名クラブ
2000 2000年2月6日 6 72 フォートローダーデール   スティーブ・シャク メトロスターズ
2001 2001年2月5日 6 72 デイビー   クリス・カリエリ サンノゼ・アースクエイクス
2002 2002年2月10日 6 70 レイク・ブエナ・ビスタ   クリス・グバンディ ダラス・バーン
2003 2003年1月17日 6 60 カンザスシティ   アレコ・エスカンダリアン D.C. ユナイテッド
2004 2004年1月16日 6 60 シャーロット   フレディー・アドゥー D.C. ユナイテッド
2005 2005年1月14日 4 48 ボルチモア   ニコラス・ベサグノ レアル・ソルトレイク
2006 2006年1月20日 4 48 フィラデルフィア   マーベル・ウイン メトロスターズ
2007 2007年1月12日 4 52 インディアナポリス   モーリス・エドゥ トロントFC
2008 2008年1月18日 4 56 ボルチモア   チャンス・マイヤーズ カンザスシティ・ウィザーズ
2009 2009年1月15日 4 60 セントルイス   スティーブ・ザクアニ シアトル・サウンダーズFC
2010 2010年1月14日 4 64 フィラデルフィア   ダニー・ムワンガ フィラデルフィア・ユニオン
2011 2011年1月13日 3 54 ボルチモア   オマー・サルガド バンクーバー・ホワイトキャップス
2012 2012年1月12日 2 38 カンザスシティ   アンドリュー・ウェンガー モントリオール・インパクト
2013 2013年1月17日 2 38 インディアナポリス   アンドリュー・ファーレル ニューイングランド・レボリューション
2014 2014年1月16日 4 77 フィラデルフィア   アンドレ・ブレイク フィラデルフィア・ユニオン
2015 2015年1月15日 4 84 フィラデルフィア   サイル・ラリン オーランド・シティSC
2016 2016年1月14日 4 75 ボルチモア   ジャック・ハリソン シカゴ・ファイアー
2017 2017年1月13日 4 81 ロサンゼルス   アブ・ダンラディ ミネソタ・ユナイテッドFC
2018 2018年1月19日 4 81 フィラデルフィア   ジョアン・モウティーニョ ロサンゼルスFC
2019 2019年1月11日 4 75 シカゴ   フランキー・アマヤ FCシンシナティ

関連項目編集

脚注編集